The Cat who.... 猫のアイシス&ジェリー

管理画面 The Cat who.... ホーム  » 

 無言の伝達、人間の釈明

カリカリに口を付けようとした瞬間、
ふと食べるのを止め、じっと器を見…

黙って私のところへ来ると


じーっと見つめる。
ちび

あーこれはきっとあれだな・・・・


猫心を言えば、

「さっき食べたやつの方が美味しかった。
いったいこれはどういういことなのか」
(こういうことは忘れない)


ちび


ま、釈明すれば、ちょいと長めの留守番を
させたので、さっきのはその詫びというか
報酬で、美味しいのをあげたわけで・・・


つか、きっとこう考えてるに違いないと
目と耳だけで人に思わす君ら…凄いな。
  

 

 忘却と執念の調和

6月頃から寝る時以外は開けっ放しだし


毎日のように入って来てるのに

ちび
その都度、「おおっ、ここは?!」


みたいな様子でキミが見ているその場所は


ちび
洗面所だ。


猫は悪さをしても3秒で忘れる(早っ!)
と言うので、日々繰り返される単調な事も
こいつらにはすべてが新鮮なのかなあー…

…と思う反面、いや、忘れて欲しいことを
いつまでも覚えてることもまた確かだし。


相変わらずその狭い額の奥の宇宙は謎だ。
 

 

 適正温度とは?

連日、気温36,7℃・・・
sun

ちび


二階建てに住むのは初めてだが、
2階の部屋の暑さは予想以上で…


が、2階の三部屋中、エアコンが
設置されていたのは一部屋のみ。


アイは夏バテしたこともあるし…と
風量強めにし、多少なりとも全体に
涼気が届くよう気を利かせたところ


ちび
ちびらっちょ



アイ
アイさんまで



アイちび
双方、一番エアコン届かない
おっとの部屋(30℃)へ移動。



何年一緒に暮らしてもわからん、
猫連中の適正温度・・・( ̄_ ̄;)



こっちはこれでも温度高め
設定で我慢してるんだが~
扇風機