猫は、飼い主は、その後… - The Cat who.... 猫のアイシス&ジェリー

管理画面 The Cat who.... ホーム  » Cats » 猫は、飼い主は、その後…

 猫は、飼い主は、その後…

昨日――

姐さん、今朝、miruraが飼い主(♂)に、黒っぽい甘い匂いのする物あげてたけど・・・・あれ、何?
ブログ用画像


あれは‘チョコレート’といって(猫の)頭や心臓に悪い「毒」入りでね・・・・舐めたらあかん。
ブログ用画像
あなおそろしや~~


ブログ用画像
そっか。。。飼い主(♂)の腹がだんだん膨らんできたのは、その毒のせいか・・・・


ブログ用画像
そっか。。。飼い主(♂)の毛がだんだん減ってきたのは、その毒のせいか・・・・

(いや、それは関係ないと思うなー)


**以下、前回の記事の返信コメントにかえて

 

下の記事、どこにどう返信すべきか迷ったので、こちらで書かせていただきます。
沢山のコメント、本当にありがとうございました!あ、幾つかのコメントをのぞいて(^^;)

まず、このブログの書き手は猫好きでブログを始めたのではなく、
苦手だった猫と近づく手として、ブログを作っているのだということ。

夫は子供の頃から猫大好きで、田舎の広い空間の中、猫を放し飼いし、猫を見てきた人。
私は都内の狭ーい団地暮らしで、弟がひどい喘息持ちだった為、毛の生えた動物は厳禁、
幸か不幸か、私自身もペットに関心なくて・・・・という育ち故、猫に対する気持ちは全く違う。

現在、夫は自分を猫の‘とうちゃん’と名乗り、猫さえいれば・・・という位、猫にめろめろ。が、
私にとって猫は、ある日突然現れ、なんだか一緒に暮らす事になった世話のやける同居人
というのが一番近い感覚。獣医に‘猫ちゃんのまま’と呼ばれるのには、未だになじめない。

この温度差は、これからも我が家に問題をもたらしていくだろうとは思う。

置いとく方が悪いと言われても、壊された瞬間は腹立つし、考える前に怒鳴るだろう。

が、今回程度の出来事は、落ち着いたところでネタにして笑い飛ばせばいいのだ!!


唐突ですが、アレルギー。

人の体内における花粉許容量は人それぞれ。その「器」がいっぱいにならないうちは
なんぼ花粉が入ってもアレルギー症状は起きないが、ある瞬間、限界を超え、「器」
から花粉が溢れた途端、症状発症という・・・・私は人の「発言」にもそれがあると思う。
今まで、またかよ…けっ、で済んでたいつもの発言が、許容量超えて溢れる瞬間が。

その「発言のアレルギー」が先週、きた。

ブログを見るのも、写真を撮るのも、掃除するのも、映画を観るのも、全てが嫌になった。


でも、ま、回復しました(^^;)

夫婦とは「我慢してるのはこっちの方だ、口を開けば感謝の言葉より文句と皮肉ばかり」
互いに思いながらも、ちびちび修繕され、続いていくものかなあ~・・・と考えてみたり。


ついでに・・・・ガラスのポットも陶磁器の急須も猫に割られたので――

今度はステンレスだ!どうだ!わーははは!
ブログ用画像
あまり顔をこすると、中からポットの精が出てくるぞー。

コメント
非公開コメント

◆改めて全コメント読み返して・・・・長いまとめレスです。

コメントと自分の記事に付けた文を読んで、う~~む~~とうなってしまいました。
文章だけで考えを伝えることの、なんと困難なことか・・・・!!

コメントも悪質なものなら正体を調べた上、てめー二度と来るな、で削除して終わりですが、
悩むのは、悪意で書いたんでないことは明らか。それは良く分かる。分かるんだけど、
でもあなたの発言、不愉快だよ・・・・或いは「いや、そういう意味じゃなくて」と話が通じない時。
話の規模をぶっ飛ばさせてもらえば、モスリムvs八百万の神オッケーの日本人が
神について論じるようなもの。極端でなく、通じない時は本当に通じない。
それは文章であればなおさらのこと。どう説いたところで、角が残ってしまう。

私はお喋り、けんか、愛と別れの告白は相手の顔を見ながらやりたいタチ――
下手に意見を長々述べて議論になるのは避けたいということもあり、写真に添えるコメントは
短めにしています。が、私の口調のせいもあり、文字通り受け取ると誤解を与え易いといえる。
それでもやはり、私はこの形を変えないでしょう。というか、こういう書き方しか私には出来ない。
解説が必要だなと思えば解説しますが、悩むと意図的にスルーさせていただくでしょう。

これは日常にも言えるんですが、言葉を尽くして説明せずとも、「これはこういう事なんだな」と
想像力と一般常識から以前は判断してもらえた状況が、だんだん通じなくなって参りました。
・・・・自分が世間(または若者?(^^;)と思考がズレて来たからだろうか?

1つだけこのブログで確実なのは、ここはあまり‘深刻でない’こと。
自分の失敗、猫の悪さも時間が経てばお笑いネタ、おっとのヨレヨレジャージもお笑いネタ。
「だんなさんが気の毒です、新しいジャージを買ってあげてください」は余計なお世話ですが、
「袖口のヨレヨレが気になる・・・」と言われれば、わはは♪私もです、という笑い話です。
ですから鍵コメントをくれた方、もし読んでいらしたら、どうか気になさらず!

あと、いまだに「アイちゃんの写真が少なくて・・・・かわいそうです」といった意見をいただきますが、
もし、おとなしくて写真嫌いの長女、愛想よく目立ちたがりの次女、という娘を二人持つ
ヒトの母親がいたとしたら・・・・片方の娘しかかわいくないワ、ということがあります?
実際の話、私が写真を撮られるのが大嫌いなので、ある年齢から写真がぐっと減ります。
が、それは愛情とは無関係。ちびの写真が多いのは単にそばいる事が多いからです(今も膝の上)

もしこの駄文長文、全文読んでいただけたなら・・・・大変感謝いたします。
今回、はじめましてのコメントの多さに、どれだけ多くの人に見ていただいているのかを
心底感じ入り、本当に頭が下がりました。表現の変化、写真の減少はあるかもしれませんが
(きっとあるはず)、当分は続けて行く予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

**miruraより大感謝を込めて

2007-02-20 12:30 │ from ◆mirura Edit

こんにちわ。ミルラさん。
いつも拝見させていただいております。
ミルラさんの写真と表現方法にいつも脱帽させてもらっています。
和んだり納得したり驚愕したりとこのブログに来ると新しいことに遭遇する事が多いです。
これからもきままにミルラさんのペースで進めてください。
応援しております。
どんなかわいい動物相手でも怒りのゲージが満タンになれば爆発します。
私のうちにも居ますが一時期大変なものでしたよ。

2007-02-18 11:00 │ from むにょ

アレルギーの話、漠然と感じていたことが、
簡潔な文章で表現されていて、なるほど~!と思いました。

私にも人の言動に対するアレルギーはあるし、
そのために体調も崩してしまったので、
アレルギーを感じるときにはガマンせず、少し離れるなり
アレルゲンを防御することをするなり、アレルギー体質を
改善してみたり、対策を講じているところであります。
同じ言葉を受けても、そのときの自分の状況で
受け取りようも変わりますしね。。


一緒に暮らしていく限り、いろいろありますよね。
そんな日常の一部を、ここでセンスよく楽しくネタにして
披露してくださって、感謝していますv-300

>今度はステンレスだ!どうだ!わーははは!

コレ最高っすv-218

2007-02-17 23:02 │ from miyuki

miruraさんのブログにいつも癒されています。

コメントを拝見して、共感しました。
一つのものでも色々な例え方や見方がある中で、表現するのが
お上手でいらっしゃる・・・!羨ましいです。

私は更新がゆっくりになってもmiruraさんのブログが大好きなので
通っちゃいますv

陰ながら応援しております~!

2007-02-17 13:18 │ from harumi Edit

夫婦の育ち・嗜好等の違いは、決して埋まりません。
何年時を経ても。何とかしようとしてはいけません。無駄です。
他人と暮らしているのですから。
家族だけでなく、職場や自治会・趣味を同じくするサークルでさえ人間関係は付きまといます。生きている限り。

もう、相当タフでないとやってけません。特に女は!
生死に直接かかわらないことは、うっちゃておくことです。
手本は「大阪のおばちゃん」です。

しかし、miruraさん、どうしても疲れてしまった時には
ブログをお休みする道もあると思います。
何といってもこれは あなたのブログなんですから。

しかし、すごいコメントの数だ!
Fanの多さに驚きですね。

2007-02-17 11:41 │ from みん

いろいろ大変ですよね~。人との同居も猫との同居も・・・特に大人気のブログだからこそ妬む人もいるのでしょうね・・・
でも何十年かたってmiruraさんが今のことを思い出して
「あ~楽しかったなー。あんなことで頭から湯気たてて」って思えるようになるといいなって、祈ってます。

そうそう、私もこの前猫に腹をたてて、思いっきりシャーって言ってやりました(親猫気分)。爪たてて猫パンチしてやれないのが
ちょっと残念ですが、ストレス解消にはなるみたい!

miruraさん、これからも(適度に)がんばってね!

2007-02-17 11:18 │ from gato

実はしょっちゅう来ています。職場からでも自宅からでも。

夫というのは、実に無神経。許容量の少ない私は、仕事と
家事の重圧のうえに「発言」が加算されると、ぶすぶす
煙がでてくすぶっています。
miriraさんの心が写されたこのブロク、水を得たお魚さん
みたいに元気になります。

いろんな事があっても、「それがなにか?」の持ち前の
スタイルで頑張ってくださいね。

2007-02-17 11:07 │ from グリーングラス

いつも楽しませていただいています。
決して猫を溺愛している人には撮れない写真やユーモア溢れる文章に惚れ惚れしてしまっています。

なんとなく、今回の事件(?)は猫ちゃんとの関係云々よりもきっと夫さんの一言がキーワードになってるような気がしました。
ホント、夫婦って何年経っても難しいものですよネ。うちもよく同じようなことが起こります。「咄嗟に出た一言」に許せないものを感じてしまうことが度々あり、しょっちゅう激怒しています。

これからもmiruraさんのスタイルでブログを続けていってくださいね。

2007-02-17 09:24 │ from ジェニファー

mirura様

初めてコメントさせて頂きます。
アイぷー、ちびにゃんは勿論、何よりもmiruraさんの大ファンです。表情豊かなネコの写真に加え、特筆すべきは、知的でユーモアに溢れたコメントの数々。思わず笑ってしまったり、微笑ましさにニンマリとしたり。miruraさんの人生観に思わず納得、励まされたこともしばしばです。

たくさんの人が見るから故の苦労も勿論ありますよね。でも、miruraさんのネコに対する愛情、何よりも飼い主としての責任感というのは、ブログ開設当時からみてきた人たちは皆感じています。
負担にならない程度に、ブログを続けて頂きたいと願っています。映画ネタも大歓迎。
これからも応援しています!

2007-02-17 02:00 │ from mikamika

3枚目と4枚目のつぶちゃんの口元が
笑っているように見えます…。

ネコアレルギーのmiruraさん、
ポットからハクション大魔王が出てきたら
どうします?

2007-02-16 23:25 │ from SUZU Edit

いつも楽しく拝見させていただいています♪
「言葉」特に「文字」には強力なチカラがありますよね~
良くも、悪くも・・・
miruraさんが元気になってくれてよかった。
ステンレスのポット、ベリーナイスですね(笑)
なんかホッといたしやした~♪

2007-02-16 22:50 │ from さおり

はじめまして。
いっつもコメントとか読んでなかったんで今更な感じですが、書いちゃいます。
mirura様を通して見えるちび様とあい様と、そして垣間見える素敵な日常、とっても楽しませてもらってます。
写真も素敵です。インテリアも、ユーモアも。そのセンスが大好きです。
ここに来ると、気持ちが暖かくなります。
だから悲しい人の言葉にmirura様が汚されませんように、祈らずにはいられません。
いいネタできるのを勝手に待ってます。

2007-02-16 22:20 │ from capy

miruraさんこんばんはー,お久しぶりのコメントです。

いつも「miruraさんの言葉」で語ってくださってありがとうございます。
今更ですが,わたしは2年以上前からずっとmiruraさんにべた惚れです。
(二日遅れののバレンタインをやっちゃった・・・てへっ)
miruraさんの他ネタbjogも楽しみにしています。

2007-02-16 21:55 │ from mallia

miruraさん、今回はいろいろと大変でしたね。


The cat who...ファンとしては、
miruraさんに blog更新をがんばって欲しい。
でも…更新しなきゃいけないというプレッシャーは
感じて欲しくない(本末転倒ですもんね)

書き逃げの中傷コメントに負けないでください。


ネタがない時は、番外編で映画ネタでも~o(^-^)o


これからも自然体の アイぷ~&ちびジェリを楽しみにしています。

2007-02-16 20:31 │ from にゃごにゃご

猫のアレルギー

miruraさん こんばんは


私も猫を飼ったことが一度もなく
捕獲人の妹が突然連れ帰り、そのまま同居することになりました。

アレルギーというのか、
くしゃみ、涙・・・
すごかったですが、慣れってすごいですね。
今では、仲良く寝ています。

2007-02-16 18:47 │ from kiki

このジェリーが♂さんの肩に乗ってるのをみて、
ミルラさんのお宅にジェリーが来た日のビデオを思い出しました。可愛いね~
動物の多頭飼いはそれぞれの個性が際立つから面白いですよね。でもミルラさんの気持ちも分かるよ。完全室内飼いはそれなりに大変だもの。生き物は人間も含めて世話をするのは大変だもの。でもジェリーのおいたも、間もなく大人になるとおさまりますから・・・・・・それはそれで感慨深いものですが。i-260

2007-02-16 18:01 │ from れもん Edit

はじめまして。いつも読ませていただいてます。
先日夫と喧嘩しました。いつも繰り返されていることにキレ、いつものごとく夫が謝りましたが、許せず冷戦状態です。
でも、miruraさんのコメントで許せなかった訳に気付けた気がします。やっと、夫と話すことが出来そうです。ありがとうございます。
私は2子供と3ネコの母をやってます。外でそう呼ばれることは「彼らの責任者」と呼ばれているんだと思ってます。子供が公共の場で悪さをすれば、真っ先に睨まれるのは私ですし。ネコが病気になれば数日前の様子を聞かれる・・・。
私は彼らの世話やしつけもしている。もちろん愛してもいる。けど、子供は子供。ネコはネコ。彼らなりの考え、行動がそこにはあり、すべてを監視したり、理解したりはできません。
でも、何かあれば私の責任なんですよね。周りに言わせれば。
ただ、母ならば彼らの健康や幸せや命を守らなければならないんでしょう。っていうか、そうしたい。それは多分母性とやら。
言葉は不思議ですね。一言で孕む意味は多数ですし、人によって感じることも違います。母と呼ばれることにしろ、夫のデリカシーのない言葉にしろ、自分の心のアリどころ次第で変わっちゃうんですね。それを深く考えさせられました。
長々すいません。応援しております。

2007-02-16 17:53 │ from juu

初めまして。
我が家も、旦那が猫大好きで、小さい頃から猫と暮らし、猫さえいれば生きていける感じです。
そして、私は、猫を飼った事はなく、家の中で動物を飼うという経験自体初めてで、
突然、旦那が猫を連れてきた時は、本当に戸惑ってしまいました。(今でも可愛さと同時に苦悩の毎日です。)

そんな時、miruraさんのブログを見つけ、ほとんど同じ状況で、
しかも、猫がいてもこんなにオシャレに生活できるのかと、とっても励まされました。

家の中で動物と暮らした事のない者が、一緒に動物と生活をする事が、
どれだけの努力と忍耐を必要とするか、分かって頂きたいものですね。

miruraさんのブログからは、猫ちゃん達に対する愛情が充分に伝わってきますけど。

旦那様もきっと分かってるんだろうけど、夫婦って難しいですよね~


2007-02-16 17:32 │ from kanae

発言のアレルギー!凄く良く分かります。
甘えと無神経がいつの間にか繊細さを欠いてしまって・・・・見失ってしまうのですよね。
受けるほうはたまったものではない(-_-;)

きっと♂様の言葉が導火線だったのだと思います。

近いほど気持ちを遣いたい、遣うべき。大切だからこそ・・・と、思いを新たにしました。

いいお話をありがとうございいます。

そして、この素敵なブログ気の向くまま楽しく続けてくださることを、心から願います。

いつも素敵な時間を有難うございますe-420

2007-02-16 17:04 │ from esper

初めまして、いつも楽しく読ませて頂いてます。
悪意コメントにびっくりして、初めてコメント差し上げます。

「よそ様のうちの事・・・とやかくいう権利は無いよ。」
というのが私個人の感想です。
ブログの掲載も、それを読む行為も、コメントの書き込みも個人の自由ですが、それは人としてのマナーが成り立った上での自由だと私は思っています。
件ののメールは人としてのマナーを軽ーく超えている様に感じました。

部屋着のトレーナーなんて・・・いつも新しい方が恐ろしい。

どうか書きたいときに書きたい分だけ続けて行って下さい。
気長にお待ちしております。

2007-02-16 15:25 │ from ecoeco

もしや、これは「猫マフラー」では・・・?
ううう、あこがれの猫マフラー。

2007-02-16 15:09 │ from うさこ Edit

はじめまして。

「猫のママ」と獣医に呼ばれるのは、私もイヤです。
かかりつけ獣医は「飼主さん」と呼んでくれますんで、我慢できます。

猫飼い歴20年以上でも、「猫のママ」にはなれそうにありません。良い飼主にはなりたいですが。

2007-02-16 14:08 │ from ararato Edit

こんにちは。はじめてコメントします。
このブログは、1年半くらい前から毎日のように楽しみに見ています。
他にも猫ブログはいろいろありますが、継続的に見ているのはここだけです。
最初に見るようになったきっかけは、よくある猫ブログよりも掲載写真のクオリティがいいから、ということでしたが、いまでは、よくありがちな「うちの猫ちゃんにメロメロ~」というようなブログとは一味違うmiruraさんの視点が気に入っています。
ただ「かわいい~」に終始せず、ウィットに富んでいて、読み物としてもとても楽しいです。

これからも楽しみにしていますので、重荷にならないペースで続けてくださませ。
よろしくお願いします。

2007-02-16 13:42 │ from ゆな Edit

アレルギーあります

はじめてコメントいたします.
「発言のアレルギー」 はっとしました.
旦那に対してありますね~.こういうの.
一杯にならないように,コップのそこには穴を開けておかなきゃ(笑)

この前,猫嫌いは克服できたけどブログを続けてみようと思うという発言にほっとしたワタシです.
これからもがんばってください♪

2007-02-16 12:47 │ from cacao

動物って、確かに手の掛かる同居人だと思います。
亡くなった猫にも、12歳になるに犬も、「あんた達はいいよ、
動物だから」と思う時があります。でも、何かの縁があって
我が家に来たのだから(全て飼えないということで、もらわれ
てきた)、死ぬまでは「ここに来てよかったかも」と思える
ぐらいの世話はしてあげたいなと思います。

miruraさんは、猫があまり好きではないということですが、
2姫の写真からは、とてもそんな感じがありません。
愛情があるから、良い写真が撮れるのかと思いました。
そして、ちょっとブラックなコメントがスパイスになってます。
そんな魅力があります。今後も、マイペースで続けて
下さったら、嬉しいです。

2007-02-16 12:40 │ from ガチャ・ピン子

はじめてコメントさせていただきます。
ブログの更新をいつも本当に楽しみにしております。

前回のコメント欄を見てびっくりしました。
色んな意見があるのですね。

うちは、ネコがコロコロと何かを転がしていたので、
「?」と思って見てみると・・・、お雛様の頭でした(涙)
押入れに入れていたひな祭りセット(?)の箱を開けて、
遊んでおりました。はい。置いておく方が悪いです(涙)
でも、お雛様には、「恨むならネコを恨んで~」と言いました(^^;)

ネコを飼っていると、ネタになる話が沢山ありますね。わはは。

これからも、毎日遊びに来ます♪
(毎日更新されていない所が、じらされてまたいい感じです(笑))

2007-02-16 12:14 │ from きらり

猫大好き♪な人のブログでないから楽しいのだと思います~。
つい好きだと自分の好きなポーズとかアングルとかで
写真を撮ってしまいがちだし、自然な猫の生態?が見られて、
今猫のいない生活に寂しさを覚えてる私には、このブログが猫とのふれあいの場です?!

2007-02-16 11:55 │ from kotosato

わかります~。お猫さまとは思っていませんが、
ある程度はしょうがないからこっちが寛容になるしか無いんだけれども、
やっぱり怒ってしまう時は怒ってしまうんですよね。
昔かっていたうちの猫はキッチンでものを壊しはしませんでしたが、
作業台のうえでコンロに背を向けて魚の切り身を凝視し、
集中しすぎて気づかなかったのか、背中の毛が熱でカールして
くるくるパーマになってしまいました。
母が気づいて慌てておろしましたが、あまりに鈍くさいので
こいつは本当にネコか??と思ったほどです。
じぇりたんもどうかご注意を…。

2007-02-16 10:44 │ from tamara

v-238
miruraさんのブログ大好きです!!
(告白かよ。。すみません)
今日はおもしろいのに、泣けてきちゃった。
旦那さん無事にチョコもらえてよかった!!!!
これからもずーっと応援してます。


2007-02-16 09:39 │ from TARO

久しぶりのコメントです

このブログは
いつもとっても幸せな気分にしてくれます

miruraさん
ア・リ・ガ・ト・ウ






2007-02-16 09:21 │ from ねこのポチ

初めてコメントいたします。
旧ブログよりずっとお邪魔しております。
miruraさんのセンスの良さ、懐の深さにいつも「ふむふむ、素敵だなぁ」と感激していました。
おっとさまと同郷であることも親近感を持ってしまう理由です。
ビバ!島原半島!

堪忍袋の緒が切れてしまうときもあるあるある!です。
そして時間は寛大。
仲直りできてよかったです^^

2007-02-16 08:54 │ from ライラママ Edit

miruraさんの、アイちゃん&チビちゃん達との少し距離をとった
スタンスのブログがすごく好きです。
こういう見方もあるんだ!と。
猫と人が対等な目線になっている感じがとても新鮮です。
それにちゃ~んとアイちゃん&チビちゃんに対するmiruraさんの
愛情が写真や文章から伝わってきていますよ(*^_^*)

色んな人がいますから色んな感想も出るとは思いますが
楽しみにしている人の方が断然多いでしょうから、これからも
miruraさんのペースでのんびりやってくださいね。

2007-02-16 04:20 │ from zunko Edit

あ~、それで猫ベタベタのブログじゃなかったんですね!
いや~、めっちゃ納得!
いや、もちろんベタベタのも好きですが、mimuraさんの、このCatsとの距離感がまたハマるんですよね~^^

それとアレルギーの話も非常によくわかります!
いつもは平気で聞き流せるのに、突然許容量を越えちゃうことって確かにありますよね~
それに、他人やったらOKやのに家族やとよけいに腹立つことも。(笑)
けど元々は他人やった夫婦。
そうやって色々ありながら「あ、この感じはヤバイかも~」とかお互いわかっていくもんやと思います。
うちは今春で結婚30周年を迎えますが(ぎょっ!(@@))、最近ようやくお互いにヤバイ匂いを感知できるようになりました。^^

2007-02-16 03:52 │ from チョコビ Edit

ちびちゃん、べったり甘えん坊さんだ♪
さすがのちびちゃんもステンレスにはかないませんね。
アイちゃん、くれぐれも火傷に注意を。

ココと♂様のブログには日々癒されてます。
いまさらながらほんとうにありがとうございます。
miruraさんのペースで更新されることも内容充実につながると思います。
マイペースで是非お願いいたします。


2007-02-16 03:36 │ from hah

旦那様、バレンタインには仲直りできてよかったですね♪
同居人とはなかなかぴったりですね!
私も常々そう思ってました^^

我が家でも私がアレルギーで猫に触れることなく育ったせいか、猫が怖くて怖くて・・・。
初めて旦那の家に上がった時に、あまりの怖さに泣き叫んだ覚えがあります^^;
今ではすっかり慣れましたが、婚約にもらったネックレスでじゃれているのを見たときはさすがに青ざめました^^;

こちらのブログを拝見するたびみ、miruraさんのお持ちのような素敵な雑貨がほしいなーと思うのですが、いざ買うとなると二の足を踏むものですね^^;
猫飼いの習性ですかねT_T

miruraさんの写真や言葉に惚れて、通いつめております。
またこれからも伺いますね。
イヤにならない程度にがんばってください♪

2007-02-16 02:13 │ from てちこ Edit

こんばんは。初めてコメントさせていただきます。
miruraさんのブログが大好きで、日に何度も拝見しております。そのせいか、よそ様の猫ちゃんを見て楽しませてもらっているというスタンスを忘れ、ついつい家の猫に対するのと同じ目で見ている自分に気付くことがあります。
先日、あるTV番組で「人の付き合いは腹六分目で」と言ってましたが、家庭生活が垣間見えるブログの場合は、見る側がもっと気を使わなければいけないなぁと考えさせられました。ふか~く反省いたしましたので、これからもどうぞ宜しくお願いします。

2007-02-16 02:05 │ from azuma Edit

私もはじめてコメントします。
いつもセンスの良い写真&文章楽しませてもらってます。
ありがとうございます。

「発言アレルギー」すごく分かります。
相手の一言をその場では『は?』ぐらいで聞き流しておくんですが、また似たようなこと言われて…で、どんどん蓄積していくんですよね…。
私も今まさにそのアレルギーをすごく感じてるんですが、私は許容量を超える前に相手を大嫌いになってしまいそうです。
私はちっちゃいなぁ。

2007-02-16 01:35 │ from 鯛子 Edit

更新があったため、嬉しくてはじめてコメントさせて頂きます。
とてもセンスのよいブログだな、と思って毎回楽しみにしております。
漫才のかけあいのような、それでいてほのぼのとする2描の会話に癒され、またMiruraさんの写真に写っている家具やご住居の趣味の良さには心の底から憧れております。

人間の許容量の話も力強くうなずいてしまいました。
まさに今週、会社の同僚との関係で怒りが溢れ出してしまい、上司に退社を前提に相談、なんてこともしてしまったくらいで。

ただ、話を聞いてもらって、それで気が楽になり、結局まだ勤めているのですが(笑)

Miruraさんの今回のお話はとても参考になりました。
これからもぜひリラックスして、続けていって頂ければなと思ってます。

Kay


2007-02-16 00:09 │ from Kay

ずいぶん前から、このプログ見て癒してもらってるのに
読み逃げしてました。ゴメンナサイ><

生まれたときから猫が近くにいたけど(今も)
Miruraさんと温度が同じな私ですが、
猫にとっては居心地いいみたいで、
家族の誰よりも一緒にいる時間が長くて母親に嫉妬されてますw

私も年中叱ってますよ~。
猫も頭いいです、叱るとしばらく!は同じことしませんねw

2007-02-16 00:00 │ from ゆぃか Edit

コメントはずっとしていませんでしたが
どんなに忙しくてもどんなに疲れていても
miruraさんと♂さまのブログは毎日欠かさず読んでいます。

頑張ってください。

2007-02-15 23:56 │ from 海ちゃん

「世話のやける同居人というのが一番近い感覚。獣医に‘猫ちゃんのまま’と呼ばれるのには、未だになじめない。」
↑この考え方納得です。私もらんまちゃんのお母さんと言われるのが???でした。お母さんじゃないし…
同居人って言葉にそうそうその通りって感じです!

「置いとく方が悪いと言われても、壊された瞬間は腹立つし、考える前に怒鳴るだろう。」
↑ごもっとも!それが人間ですよね!

「ブログを見るのも、写真を撮るのも、掃除するのも、映画を観るのも、全てが嫌になった。」
↑miruraさんでもこんな時があるんですね。
私なんてしょっちゅう全てが嫌になってますが…
昨年のmiruraさんの文章で
『あたたかいなあ~・・・・と思えたら、とりあえず喜べ、自分。』
という日がありましたが、あの言葉にすごく救われたというか元気をもらえた一人です。
そうか、こんなふうに思えばいいのかって。

そして一昨日、昨日と仕事でイライラしててそんな自分が嫌になって落ち込んでいたのですが(miruraさんに背中をバシッと叩かれそうですね♪)こちらとおっとさんのブログを拝見しステキな文章と2ニャンの可愛さに癒されて元気を貰ってる私です('-'*)

いつも素敵な時間をありがとうございます☆
感謝でいっぱいな私でしたv-238

2007-02-15 23:45 │ from らんま

コメントを読んで、いつものmiruraさま復活だわっと喜んでおります!
私は、猫大好き♪ですが、同居人としての視点から見ているmiruraさまのおあいぷ~ちゃんとちびちゃんへのコメントが最高に面白い!!
ここに来ていらっしゃる方って、あいぷ~ちゃんもちびちゃんも好きだけど、一番は、miruraさまに魅力を感じているんじゃないかと思います。

・・・ポットの精が出てきたら、あいぷ~ちゃんはどんなお願いをするのかしら?ピンたら食べ放題かな(笑)

2007-02-15 23:29 │ from エンドラ

こんにちは!

お二人の気持ち、どちらもよーくわかります。

どういうわけか、猫のすることには、だんだん腹が立たなくなるんです。
だけどそれには、結構時間がかかるんです。

だから、お二人の反応の差は、猫に対する気持ちの温度差というより、猫との付き合いの時間の長さの差かもしれませんね。

ストレスはあまり溜め込まずに、小出しになさいますよう(^-^)

2007-02-15 23:28 │ from rei Edit

 書き手が悪意のない発言をその様に解釈されるとお互い後味が悪いので、断定は良くないでしょう。

下僕といのは「猫の手帖」のG義太夫連載のコーナーの趣旨に同調、共感 或は とてもそんな姿勢はといという人の羨望 等そんな猫好きの方が「下僕道五箇条」の精神で許して上げて 激励 かミルラさんと同じ怒りを感じた猫ママパパの自戒自重の意味を込めて 
 そして格言は猫好きでなく猫と暮らす事になった猫ママパパ 兄弟・姉妹が 悪さをした時、猫と暮らせば一度は思ってしまうトホホを表現したものでしょう。当然このサイトを見てるのですから「プライスレス」でしょう。ですから誹謗的意図の発言ではない と思いますよ。

2007-02-15 23:13 │ from dig Edit

わ~いo(^-^)oミルラさん元気だっ!よかったぁ~。そーですそれでこそミルラさんですよ!これからも応援してます。

2007-02-15 22:49 │ from ゆっこ

こんばんわ。
Cat’sはもちろんの事、miruraさんとニャパネットさんの
温度差?を見比べるのも楽しみの一つです。
ストレスは小出しにしつつ、どうぞ続けて下さいますように。。

夫婦間のキィー!!許せん!という案件は、我が家の場合「ブツorディナー」で解消しております。

2007-02-15 22:30 │ from asako

コメント読んで安心しました(´ー`)
人と人との関係、人と猫との関係も、人の数だけ猫の数だけ色々あると思います。
とにかく、ジェリちゃんアイちゃんと、そんな2匹を距離を置いて眺めているmiruraさんのブログが好きな人がたくさんいる事は間違いないので、
これからもmiruraさんのペースで、ブログ続けていって下さい。

2007-02-15 21:52 │ from みーちゃん Edit

ジェリちゃん肩に乗ってるぅ~!!うらやましいですぅ~!!
めちゃくちゃ気持ちよさそうなお顔ですね!!
いやぁ今日も癒されました。miruraさん、更新感謝感謝です。

2007-02-15 21:50 │ from Michi

素晴らしい!The Great!
さすが、miruraさんっていう感じです。
お見事です。私も結婚しておりますが、
おおいに参考にさせていただきます。
偉いなあ。尊敬しちゃう。
今後も期待しております。はくしゅ~~v-300

2007-02-15 21:41 │ from la chatte noir

「苦手だった猫と近づく手として、ブログを作っている」という前向きな姿勢に感動しています。ブログの出来映えがあまりにも素晴らしいため、そういった心に秘めた苦悩などは微塵も感じさせられませんでした。
子育てと一緒で、距離のとり方や躾け方が夫婦で違うのは致し方ないと思います。
今後も苦悩は続くでしょうが、いつか猫に対する見方が変わるときが来ると思います。
猫を溺愛して欲しいとは思いません。でも、猫を好きになってほしいと思います。
ブログはやっぱり続けていって欲しいと思います。このブログは数ある猫ブログの中の金字塔なのですから。
でも、あまり無理をなさらずに。

2007-02-15 21:38 │ from nissy

わーはっはって、miruraさん、太っ腹ですねえ!
私は、被害を受けた時は、猫より暴れて手におえなかったくらい
怒ってたソーナ。
まっ昔の話ですが、やったらやりかえす!という熱い血・・・・。
しかし、アレルギーはどうにもなりませんからねえ。お察しいたします。
しかし、今日のブログ、私の大好きな狂言「ぶす」のようですね。
ただ、「主(あるじ)」の比喩がかなり、リアリズム・・・・ぷふっ♪
頑張れmirura家の人々&Cats

2007-02-15 21:12 │ from cchiyochiyo

よかった~

更新されてるぅ(;_;)
私は沢山の犬猫と一緒に育ちました。今は子供が病気で飼えません。
ミルラさんの気持、旦那様の気持、どちらもよく分かります。
ミルラさんのブログで癒されたいのでこれからも無理のない範囲で更新して頂けると嬉しいです。

2007-02-15 21:11 │ from 大ファンです Edit

はじめまして。
miruraさんのコメントを読んで「うんうん、わかります」と思いながら読んでいました。
我が家も犬猫がいて大変です。いたずらするし、言うこと聞かないし、
何より・・・我が家にも動物溺愛男がいるのでかなりもめますよ。

人気があるブログなだけに大変なんだなぁと思いつつ、
『応援してます♪』という気持ちだけ伝えたくて、コメントさせていただきました。

2007-02-15 20:42 │ from アロマ Edit

こんにちは~かなり久しぶりにコメントさせてもらいますi-189
私もしょっちゅうブログ見にきてはほんと楽しませてもらって
おります。

miruraさんやおっとさんやアイちゃんやチビちゃんの事
これからも応援してますよ~i-189

2007-02-15 20:27 │ from あき

(ほっ と しました。。。)

あたたかい写真ですね(^^)
ちびちゃんの無邪気な言葉が 甘くておいしいチョコレートのようです**
アイちゃんが 顔をこすると ほんとに アラジンが出てきそうですね(^^)
(アラジンは ポットでは なかったか・・・)

(コメントに うそ は ないのですが )なんだか“甘甘”になってしまいました。
この人は 安心して 浮かれているんだと思ってくださいませm(_ _)m

2007-02-15 20:19 │ from Misuku

e-328~祝回復~e-328良かったぁ~。\(⌒◇⌒)/
ガラスのポットも陶磁器の急須も割られましたか・・・。
飼主ってかわいそうなコトもあるのね・・・。(-_-;)

驚いたのは獣医に‘猫ちゃんのママ’と呼ばれるということ。
正直びっくりというか違和感あり。( ̄- ̄;)
あ 獣医さんてあのトキの若いちょっとイケメンのDr.大岡ですね?\(⌒∇⌒)
http://cat.jpn.org/i/archives/2006/06/post_274.html

2007-02-15 19:37 │ from mamesibori Edit

3ムスメ。と暮らしております。

>とうちゃんと名乗り
アハハ!わが家も一緒です。溺愛~。
ケンカの感じもmiruraさんとこと同じ感じかな~。

いつもきれいな写真、ありがとうございます。
楽しませていただいていますよ。感謝!

2007-02-15 19:17 │ from lamb_labo Edit

はじめまして。
2年ほど前から大ファンで毎日のように見ています。
マメに更新されていて本当に頭が下がります。

数日家を空けたときなど「アイぷ~どうしてるかな」と
気になってしまい、帰宅後、真っ先にチェックしています。

皆さんが書かれているように「ねこ大好き」という視点ではないところが
余計にねこちゃんたちの可愛さを引き立てているような気がします。

どうかこれからもがんばってくださいね。
応援しています。

2007-02-15 19:12 │ from ねこまり

ここのブログ、まるでほのぼのギャグありの面白い漫画を読んでるみたいです。
ちびちゃんいいキャラしてますねー!

2007-02-15 19:09 │ from あむあむ

いつも楽しく拝見しております。

猫ブログをあちこち見て回るのが楽しみな昨今。
猫ベッタリのブログもそれで楽しいけれど、ここのブログはさっぱりとした切り口で作られているので後味の良さ、新鮮さを感じてそこが好きです。
そうか、猫大好きの人が作っているわけではないのでこのような切り口か。と気がつきました。
このブログは今の切り口が実にいい味を出しているのでこのまま続けて行ってください。

2007-02-15 18:59 │ from みゅうが Edit

いつもロムるだけだったですが、昨日からのコメント欄を読んで、初めてコメントさせていただくことにしました。私は2匹猫を飼ってますが、テーブルの上やキッチン内は立ち入り禁止にしてます。なぜかって、それは火周りは危ないからと、我が家の猫達は時々トイレの後、おちりにうんもをくっつけているからです。(長毛種なもんで。)不衛生ですよね。もちろん定期的にきれいにしておりますが。で、テーブルの上に登ろうものなら、叱ってますよ。こういうことって躾の一つですよね。猫様なんて言ってる方がいましたが、猫はしょせん獣です。しつけが必要だと思います。こういう書き方は冷たく感じるかもしれませんが。お互い気持よく生活する為には、猫を叱ることも必要だと思います。失礼しました。

2007-02-15 18:30 │ from yoshi Edit

☆猫いつのまにか7匹と暮らしています。
 置いた方が悪い、そう考えて大事なものは猫たちには手の届かない所におくように心がけております、が、大事なヤツを壊してくれるのって言うのが、大体が人間様の旦那か息子ら(二人とも大学生)。
 先日もようやく気に入った紅茶ポットを見つけて使っていたのをものの見事に粉々にしてくれたのは長男でした...(大泣!)
 値段聞いて青くなっとりましたがね。
 その時の次男の言葉に母は激高・激怒!
 miruraさんのアレルギー説、実に納得、非常に分かりやすいお説です。
 そう、溜まるとあふれるんです、怒りも花粉もね。
 
 

2007-02-15 18:08 │ from mog Edit

ボクも結婚して10年目。
ネコは現在4匹おりますが、すべてボクが連れ込んで
嫁さんに迷惑かけている状態です。

彼女、よく世話してくれているなぁ~。
今度、感謝の気持ちを伝えてみます。(^^)v

申し遅れましたが、いつも素敵な写真とコメント
ありがとうございます。

2007-02-15 17:00 │ from デッチー

miruraさんの独自の観点と洒脱な感性、磨かれた知性にいつも感嘆している者です。前回の「怒りの葡萄“酒”事件」も、タイトルからしてウィットに富んでいるので、思わずニヤっとしてしまいました(おかげさまで、自分がスタインベックの原作しか読んでいなかった、ということを思い出しました。今度映画も見てみます。ありがとうございます)。これからもどうぞ美しく面白くたくましく、ブログ上で「生きる=遊ぶ」お姿をノンビリご披露なさっていって下さいませ!v-238

2007-02-15 16:51 │ from 一ファン

昨日に続きおじゃまします。
私も、当初目の前の命をほうっておけず、かといって猫は(目も開かない子猫なのに)怖いしで、素手でさわれず半月くらいは軍手をはめて育てたことを思い出しました(汗)そんなこんなで14年、今はあの出会いに感謝・・・こんな素敵なブログや読者の世界を知ったのですからね。今年14歳の黒猫くんは今も元気で「お帰り~」と出迎えてくれます。

2007-02-15 16:46 │ from ray

発言アレルギーからの復活良かったです。
違う環境で育った2人が違うスタンスで猫と暮らす、
どこにでもある事だと思います。
違う接し方でも2匹は幸せに暮らしているという事が
わかります。
「発言アレルギー」納得してしまいました。
わが家の2匹&1人と修復しながら折り合いながら
やっているなーと感じてしまいました。
miruraさんのペースで頑張って下さい。
ステンレス・・・・真似します・・・(^_^;)
長文ですいません・・・

2007-02-15 16:44 │ from sasa

ナイス!(古っ)miruraさん!
一々うなずきながら読ませていただきました~。

2007-02-15 16:42 │ from にゃん太郎 Edit

人生いろいろ、猫もいろいろ、動物との生活もいろいろ、ですよね

少なくとも私の目には、miruraさんちの綺麗な部屋が、決して無機質ではなく、暖かさや匂いに溢れた場所に見えます

これからも全国一万数千のファンの1人として、暖かく( ゚Д゚)ノ応援させていただきまっす!

2007-02-15 16:35 │ from ぐーやま

昨日は煮干しの日と言うことで、チョコにコーティングされた煮干しの味を想像して気持ち悪くなったりしました。
現実は、チョコレートのポリフェノールは強力な抗酸化作用があるので、むしろ毒消しなんですよね。
その含有率が高いチョコほど苦いです。なるほど、良薬は口に苦し・・・。
仕方ない、薬だもんな、自分で買ってくるか。。。(;;)

2007-02-15 16:30 │ from CaffeineSphere Edit

ポットにカジカジの跡をつけないようにね、
ちびたん。

2007-02-15 16:10 │ from 伽美

はじめまして。我が家は私が猫大好き。そして夫、最近やっと「か、かわいい・・・ね。」と言えるようになった状態。夫婦でも好みの差、温度差を事あるごとに(猫以外にも)感じつつです。一緒ならそりゃー問題ないんですけどね。また、ブログという物の性格、読者のスタンス、考えさせられますね。ミルラさんの判断は正しいと私は思います。春一番も吹きましたし、お互い元気出していきましょうね。

2007-02-15 16:01 │ from コット

非常に、我が家の夫婦関係と告示した状態に驚いております。
♂は、猫に死に水を取ってもらい、一緒のお墓に入るつもり、♀は、とりあえず可愛いときは、カマってあけるが猫は生きてれば良い人。

miruraさんのように、割り切って猫に対処できず、ストレスは♂に向けられる一方。
miruraさん
とりあえず、怒り心頭でもプログの更新はお休みしないで下さい。

2007-02-15 15:58 │ from カツオ

初めてコメントします。
わたしは猫アレルギーと団地なので猫が飼えないのですが大好きで、いつか飼えるようになりたいなぁ~。と思っています。
miruraさんのユーモアセンスと、2猫ちゃんが生き生きとした写真。大好きですv-238
miruraさんと旦那様のブログを見るとなんだか元気がでますv-22
いつもありがとうございますmiruraさん。

2007-02-15 15:52 │ from まる Edit

更新を楽しみにしている一人です。初めてコメントさせて頂きます。 私と猫との生活は今年でもう19年になります。
正確には、実家を離れて二人だけになって7年です。私も動物病院で、「おかあさん」と言われるのに、違和感を感じてました。
miruraさんとは、違う感じ方だとは思うんですが、多分、私の中では、子供とゆうより、人生のパ-トナ-になってるんだと思います。(未だに独身で猫がパ-トナ-と言うのも我ながら恐ろしい気もしますが) 猫も年をとり、私も年を重ね今は、とても良い関係です。そして、miruraさんのブログに癒され、とても感謝しています。これから、是非マイペ-スで続けてくださいね。お願いします。

2007-02-15 15:48 │ from 京の猫

ぎゃはははは  もぅ割れませんね!(凹む鴨)

あんまりいじると
「呼ばれて 飛び出て じゃじゃじゃーん!」がきますよぉv-12 ふるっ

mirura様 

花粉症デビューも含めて 大変でしたね。
点鼻薬、今年は 結構重宝しています。
ゆるゆるお過ごしくださいませ。

2007-02-15 15:26 │ from じじ Edit

猫好きですとどうしても猫と一体化してしまい
ベタベタメロメロになってしまうんですが(私がそうですi-229)
客観的な視点で観察なさっていらっしゃる
miruraさんの切り口が大好きです♪

もしかしてmiruraさんも猫だったりして・・・な~んてi-176

2007-02-15 15:18 │ from nyamia Edit

ホント!中傷には反対です。
勝手に他人の猫(ブログ)を覗いて、それはないでしょう。
家も3ニャンズが居り、ショウケースをひっくり返され、ガラスが割れるは、床にキズが付くは、それはもう大惨事。
そこに置いた飼い主が悪いと、場所(部屋)を変えました。
アイちゃんジェリたん大~好きです♪
確か猫アレルギーのmiruraさま。
どうかこれからも、ぼちぼち2ニャンに会わせて下さいましな。
みんな待ってますよ。

2007-02-15 15:10 │ from ruriko

色々大変だったでしょうが、私を含めみんな
miruraさんとこのブログがず~っと大好きですよi-80
だってmiruraさんはクールながらもアイちゃん、チビちゃんはいっつも幸せそうですものi-189
これからも応援しています!
頑張りすぎないでmiruraさんのペースでいってくださいねi-176

2007-02-15 15:04 │ from yukinyan

そんなmiruraさん、好きです♪
だって、生きてるんですもの、そりゃ、そんな時は誰にだってありますよね。
私なんてしょちゅう!!!笑
いつも楽しみにしてますので、これからも今までと変わらずに、マイペースでお願いします。(。→∀←。)

そっかぁ、大家さん髪の毛も・・・・・・・・・笑


2007-02-15 14:43 │ from まちこ Edit

そうだったのですか。miruraさん、最初は猫が苦手だったのですね。それにしてはよくお世話してますねぇ。お部屋もとってもキレイだし。見習わねば。miriraさんとだんな様の猫に対する温度差が面白くて、ときどき見ています。これからも“ぼちぼち”お願いします。楽しみにしています。

2007-02-15 14:43 │ from くぅ

するどい(?)チビちゃん……(笑)
我が家もポット2個割られた時に、ステンレスに変えました。
こんなにオシャレなのじゃなかったけど。
その猫もトシとって落ち着いたので、昨年久しぶりの陶器のポットを買いました。でもふっと、割られてた頃が懐かしくもなったりしました。
猫も自分も若くて元気だったなあ…と。

2007-02-15 14:42 │ from nukadoko

miruraさんのコメントを読んでひと安心。
でもって、肩の上でくつろいでいる
ジェリたん、かわいい☆

2007-02-15 14:34 │ from ラン

はじめまして。
そうそう それでいいのです。
猫も人間もやんちゃ盛りはほんの数期間・・・でも、癒しであるべきの猫ちゃんたちが飼い主さんにとってどうかストレスの対象(それはお互いに不幸だから)となりませんようにと祈りながらブログを拝見しております。

2007-02-15 14:29 │ from ankun Edit

さすがに今度は割れませんね。
猫相手に本気で勝ち誇ってしまう気持ち・・分かります。

2007-02-15 14:29 │ from ごんちび

miruraさんのクールな中にも温かさのみえるコメントが大好きです。
人間の許容量の話しよくわかります・・。私の場合は知らないうちに『ストレス』というものがいっぱいになっていて、気がつけばヒステリーを起こしてる。また私の許容量っていうのがきっと人より少ないんだよな(笑)
でもここでアイちゃんとチビちゃんに会えることで日常疲れた心が和んできます。
miruraさんに感謝です♪ありがとう♪

2007-02-15 14:15 │ from rie

このブログに癒されてる1人です。
これからものんびりがんばってくださいませ(^^)

2007-02-15 14:09 │ from かも Edit

20160831-05.jpg
写真アート彫刻ボトル アトリエココロ