猫付晩酌・ワイン編 - The Cat who.... 猫のアイシス&ジェリー

管理画面 The Cat who.... ホーム  » Cats » 猫付晩酌・ワイン編

 猫付晩酌・ワイン編

なんとも天候めまぐるしい一週間であった。

くん、くん



カサカサ



つるりん



ぺろん



ぴきぃぃ~
で、最後はいつもこうなる・・・・と。


チーと桃の里親募集の状況について

 

コメント
非公開コメント

◆少しですがまとめレス

この時期になると、我が家からは富士山はかすんでほとんど見えなくなり、
夕暮れ時の富士は黒いシルエットだけになってしまいます。
が、夕日、猫、酒、を組み合わせられるこの時間はとても気に入ってます。

食器に特に好きなブランドはなく、グラス類はフォルムと持ちやすさで
決めてます。クリスタルが入っていればなおよろしい♪

ところで。
この記事、ちょっとアップの仕方を間違えたかもしれません。
二度と撮れないかもしれない写真として、楽しんでもらえるよう書くべきでした。
が、今更遅いわけでして・・・・
そう、一度発した言葉や記事は記憶から消えないもんです。
それが不快であればあるほど人はそれを忘れない。決して。

チーが初めてうちへ現れてから2年。
2年という時間は何かが起こり、何かが変わるには十分な時間です。
そして、当然ですがブログにはすべてを書くわけではない・・・・

何かを育てるにあたっては、すべての実例が参考であり、且つ例外。
あるものにはこれが最適でも、他のものにはそうではなく。
この場所ではこれで良くても、他の場所ではそうはならず。
桃でもチーでも里親になりたい、と言う方へ私が望むことは一つだけです。

「今日まで一生懸命育ててきました。大事にしてやって下さい」

2012-06-27 01:15 │ from mirura Edit

素敵なワイングラスですね☆ロックグラスでお好きなブランドはありますか?

2012-06-25 18:30 │ from るっち

100%ということはないと思うんですよね。
桃ちゃんとチーちゃんが戯れる様子を見ていると、
猫としてうちのコにもああさしてやりたかった、
あんなにも甘えん坊で神経質な猫になったのは、
やはり二人っきりだったから、
私が飼い主として配慮が足りなさすぎたから、
と思わずにはいられません。
でも、別の選択肢は、里子として来たうちのコには
過酷なものになったでしょう。
私はうちのコを愛しています。
うちのコも私を愛してくれています。
ずっと思い合って暮らしていけたらと思います。
桃ちゃんとチーちゃんの姿は、いろいろな事を考えさせてくれました。ありがとう。
どういう結末であれ、幸せになってほしいと、心から祈っています。

2012-06-25 14:55 │ from kaocin Edit

なによりチーちゃんと、
桃ちゃんの幸せ願っています。

2012-06-25 00:26 │ from REI

先住さんがいるおうちは、
引き取りたいな~って思っても、
新しいにゃんことの相性とか先住さんの性格とか、
いろいろと難しいですよね。

ウチは猫のやることには全面的に甘いですけど、
すでに居るコが18歳になっているので、
やっぱり新しい猫はストレスを考えると考えられなくなっちゃいます。
そうやって名乗りを上げられないひとも沢山いることと思います。

・・・
チーちゃんと桃ちゃんに、
一番幸せな結果が来てくれますように。

2012-06-24 19:40 │ from こあんず

  威嚇するGerryたんと腰が引けてる桃ちゃん。
    猫社会のルールを教育中の厳しい場面。

  ・・・なんでしょうけどドキドキしている桃ちゃんがカワイイ~♪
    また5秒後に なんてな っていってそうですね。(笑)

2012-06-24 16:47 │ from mamesibori Edit

チーちゃんに幸せになって欲しいです。
桃ちゃんと一緒に。

2012-06-24 09:04 │ from にゃんだろう

綺麗で、そして良い風景ですね
この前のビールで乾杯も素敵でしたが
今日のワインで乾杯もまた美しいです

夫様の方も読みましたが、二匹一緒の応募は
少なかったのかな
応募可能地域が広がりましたし、皆が安心して
幸せになれるのを祈ってます


2012-06-23 23:05 │ from 高

すいません、ちょっと深読みしちゃいましたね。

ごめんなさい。

にゃぱさんのとことか、cats-pawさんのところ見ていると
ちょっと切なくて、つい。

2012-06-23 21:35 │ from じぇね

◆じぇねさんへ

すみません。
“もう見られない光景”という一文に、さほど深い意味はなかったんです。
単に、遠からず桃がいなくなること、天候、時間、状況がぴたりと合わないと
こういう場面にはならないので、こういう写真はもう撮れないだろうと・・・・
見た目のことを言ったまででした。

誤解を招くかな?と思い、その部分消しましたがあしからず。

2012-06-23 21:17 │ from mirura Edit

おっと様の所へ行ってまいりました。
ちびちゃん、食が細くなってしまうとは心配ですね。
チー姐さんの外に行きたいっていうのもわかります。
うちの子も自由に外に散歩に行き、満喫してましたが、
交通事故にあってしまって・・・・
外に出さないようにしていれば、こんな事もなかったのにと
後悔ばかりが残りました・・・

チー姐さんと桃ぷぅが、幸せな猫生を送って欲しいと思います。

2012-06-23 20:56 │ from エンドラ

にゃぱさんmiruraさんの誠実さに感服
だからチーちゃんも桃ちゃんも幸せになるに
決まってる!

2012-06-23 20:50 │ from marika-

黄昏時のワインの色と香り、夕日と猫が肴の一杯は
あわただしかった一日をしめくくるセレモニーなのでしょうか。

ご夫妻ともに色々なことがあり、色々ともの思いをなされることでしょうが、
すべてがよりよき未来につながっていきますように、
この夕映えの空の続く日本のひとすみで祈念しております…。

2012-06-23 18:22 │ from mayu

どんな形であろうと猫達の未来が幸せであることを祈っています。


2012-06-23 18:11 │ from A

なるほど…。

言い方は悪いですが、子供が両親と平和に暮らしているところに別の知らない子供が来て両親がそっちにかまけている状態が続いたとしたら、そりゃあストレスがかかって具合も悪くなりますよね。

誰にも罪はないけれど、すべてのにゃんずに平和と幸せが来ることを願ってやみません。

2012-06-23 16:53 │ from yuki姉

晩酌のお供にステキなキャストが居て
うらやましいです。

ワインの色と桃ちゃんの毛皮の色が良くあってますね

2012-06-23 15:59 │ from なか

先程ニャパさんのところを拝見しました。
チビちゃん、そうとうなストレスになってたのですね。
2匹(特にちーちゃん)の将来も気になりますが、
それ以上にウチ猫の事心配ですよね。

今後も保護に至る事があるでしょうが、
お仲間の元に預ける事を真剣に考えないといけないって
ことでしょう。

もう見られない光景ってそういう意味なのでは
ありませんか。

何も変わらない幸せってあるように思います。

2012-06-23 15:53 │ from じぇね

桃ちゃん出発が決まったのですか?

2012-06-23 13:41 │ from ハニハニ

ももちゃん旅立ちですか?
チーちゃんと一緒だといいな。

2012-06-23 13:39 │ from 翔 Edit

ちびちゃんは、怒りながらもコミニケーションしてるんですね。

えらい。

2012-06-23 13:32 │ from niniko

皆さん、同様に

トライアル決まったのでしょうか?

もし、そうであれば
4匹の画に慣れてしまって‥

2012-06-23 12:57 │ from はなぽ Edit

え?
桃ちゃん先生はとうとう転勤?

2012-06-23 12:40 │ from りさ

チーちゃんと一緒にもらってくれるお宅が決まったのでしょうか?

2012-06-23 12:35 │ from kou

桃ちゃん、嫁ぎ先が決まったの?

2012-06-23 12:30 │ from 山の住民

20160831-05.jpg
写真アート彫刻ボトル アトリエココロ