南六畳窓際劇場 - The Cat who.... 猫のアイシス&ジェリー

管理画面 The Cat who.... ホーム  » Cats » 南六畳窓際劇場

 南六畳窓際劇場

これは――

ちびです
ちびだ。



ちび
どたばた、ごろごろ、



アイちび
はい、交代。



アイ
ふんふんふ~ん♪



ちびは見ていた
アイ、うしろ・・・・



そういえば、ベランダのブーゲンビリア。10月の夏日続きの頃
返り咲きました。夏より色味は濃いめ。いつまで咲く気だ・・・
 

 

コメント
非公開コメント

  トキオでは室外でブーゲンビリアが咲いてる。
    華やかでたおやかなキレイな花だなぁ~♪美しい。
  ハマではレースラベンダーが12月に咲いてた。 2004-12-02
    北海道富良野はラベンダー畑は見事で有名な観光地ですが
    7月初旬開花なんだが。
  さて それよりも
  猫ちゃん楽しい南六畳窓際劇場はアイちゃん&Gerryたんには
  十二分に広い!
  『一緒に楽しみなよ。』と猫語で伝えたい。
    猫団子は奇跡でもせめてツーショット。
    なのに 交代 って。。。・゚・(つД`)・゚・

2016-12-03 11:10 │ from mamesibori Edit

こんにちは。
やっぱり、アイちゃんは、ふてぶてしいまでの豊かな風格が、うちの猫にそっくりです。
子猫の時のジェリーちゃんも、うちの猫のそれにそっくりだったんですけどね。

2016-12-02 22:30 │ from 茄子

No title

アイ&ちびちゃん、お日様楽しんでますね。

ツィッターの〔ごんごん時が…〕、全く同感です。

2016-12-02 14:46 │ from ぱせり

撮影の仕方にもよるのでしょうけど
猫目線で見ると六畳って広いですね〜。
こんなに広いのに一つ部屋でひなたぼっことは
いかないものでしょうか^^;

梢の葉の動きや小鳥や虫……飽きない眺めなのですね。
前のお部屋はもちろん素敵でしたけど、
今のお住まいでの2嬢も、背景が生気に満ちていて見応えがあります。

2016-12-02 09:05 │ from mayu

奇麗な畳のお部屋。井草のかほり。
アイぷ~とジェリたんがまさか畳のお部屋で過ごすなんぞ
“ハマ”風に吹かれていた時代、想像できたでしょうか!でも畳姿になんとなく安堵
するかんじ。
たしかに爪の出る前に引き揚げるタイミングありそうだけど。。。
陽光を浴びる部屋がいくつかあってよかったよかった。自然の光の中に
長命エキスが潜んでいると信じたい。
あれはmiruraさんのピアノ椅子だったのでせぅか!?
極北界隈にも行かれていると知り仰天なのでしたっ。どこなんだろう、、、、。

2016-12-02 01:11 │ from tomotomo Edit

No title

遠くから何を狙っているのか?
ならんで日向ぼっこできるのにね。
ブーゲンビリアって寒さ大丈夫なんですかね
不思議。

2016-12-01 20:16 │ from シエルまま

どうして

そんな遠くから、ジェリ座りして、じーーっと見ているの?
お部屋広いんだから、姐さんといっしょにおひさまにあたればいいのに。もぉー。

ブーゲンビリアも、日本の関東の木々に囲まれた晩秋の空気がおいしいんでしょうか。
うちのハイビスカス(室内モノですが)もつぼみが止まらなくて、この子季節わかってるか?とちょっと思ってます。

2016-11-30 23:07 │ from もるもっち

20160831-05.jpg
写真アート彫刻ボトル アトリエココロ