飼い主は猫目を読む - The Cat who.... 猫のアイシス&ジェリー

管理画面 The Cat who.... ホーム  » Cats » 飼い主は猫目を読む

 飼い主は猫目を読む

夕方、ちょろっと出かけて戻ってきたら

玄関先にちびがいて――
ちび

「・・・・おかえり。
つか、こんな時間にどこ行ってたの?
急にいなくなるとびっくりするでしょ。

ちび

ひと声かけてよ。
聞こえたら返事するでしょ(シッポで)
ハラヘリ姐が畳バリバリやってさー…」


0.5秒でこれらの言葉が浮かんでくる。
 

 

コメント
非公開コメント

ひとことレス

いやいやいや、猫の考え猫のみぞ知るです!(^^;)
ただ、長いこと付き合ってると、こんな風に
考えてるとしか思えなくなってくるんですわ・・・
(アイだったら、また別の考えが浮かんでくる)

2017-07-01 17:08 │ from mirura Edit

ラブラブですね~(*^^*)

2017-07-01 16:31 │ from オーちゃん

  え!?
  猫ちゃんの飼い主は猫目をそんなに読めるの!?
  それともmiruraさまだけ!?
  
  すごいです。ビックリです。

2017-07-01 14:32 │ from mamesibori Edit

なんという目力……かなり以前の、
ベッドでmiruraさんの起床を待ちかまえていた記事を
思い出して笑ってしまいました。
刻一刻と圧を増していくちびちゃんの表情(と顔文字)が
かわいいやら面白いやらで何度も見させていただきましたが
この記事のちびちゃんもたまりません(笑)

2017-06-29 21:05 │ from mayu

ツーカーの仲。
心と心で通じ合っていますね(^・^)

2017-06-28 14:27 │ from たまお命

読猫術専門家miruraの姥様

目と尻尾で会話するのがジェリ流。
いやいや、無言裡の姿勢の威圧って感じですかぃ??
miruraさんの読猫術もすごいけれど、ジェリたんの気紛れ表現力もすんごい高等術。
パパさんは、鯛語尾の甘やかし語しか辞書に無し!!!ってね^^;

2017-06-28 00:29 │ from tomotomo Edit

毎朝、出勤時に犬の散歩をしている方々とすれ違います。
歩いている・情報交換中(匂い嗅ぎ)・小さいトイレ中・大きいトイレ中・吠えている等…
それまでは何も感じなかったのですが、
ある日すれ違った小型犬が、大きいトイレを終わらせた後で、
私に気がつくと「わんわん」と小さく吠えて、いや、鳴いていました。
その時の小型犬の心の声が
「きゃー、お母さん(飼い主さんのこと)、誰か来たー。早くうんち隠してー!」
と聞こえました。とても可愛かったですよ。

2017-06-27 20:54 │ from さぢぽん

No title

待ってたんですね〜かわいい💕
もの言いたげな表情がまたかわいい❤️
姐さまとなんかあったか?

2017-06-27 19:59 │ from シエルまま

No title

猫は確かに目で語る生き物ですが、miruraさんの読み取り能力には脱帽です!
…でも、迎えてはくれたものの、何か苦情がある、までは絶対に合ってる感じの表情ですね(^_^;)

2017-06-27 16:54 │ from あやめ