アイの選択 - The Cat who.... 猫のアイシス&ジェリー

管理画面 The Cat who.... ホーム  » Cats » アイの選択

 アイの選択

ここは夏が来るのが早いのを忘れてた。


先月は山ほど売ってた夏用ペットベッド。
が、既に残り丸型と四角が一つずつ・・・


両方買って来て並べ、さて、
どっちをどっちにあげるべと


悩む間もなかった。( ̄◇ ̄;)

アイ
アイさん、迷わず丸を選択。



アイちび


選択理由は・・・謎(あるのだろうか?)



少し、母のこと――

 

 
TWITTERでなんとなくつぶやいてはいましたが

母、2年前より入居していた認知症グループホームより、
市の特別養護老人ホームに移転しました。

確かに空きが出たら…と特養への移転希望は出していました。
でもこじんまりしたグループホームは母に合っているようだし、
実家から徒歩10分のというのは実際こちらにもありがたく。
費用の負担は大きいものの、このままでもいいのかな…と
思うことも度々で・・・

しかしながら、このグループホームの平均要介護度は2.5。
要介護度5の母の世話が負担なのは明らかだ。

ホームから、要介護度の高い方へのケアが充実した特養への
移転を勧められたのは、昨年、我が家が転居を決めた頃。
出来れば今年の3月までに移転先の見当つけて欲しい、と。

それからここ、と思う特養への見学→申し込みを繰り返し、
今年2月の上京も、一番の目的は特養見学→申し込み。

奇跡的に、とある特養と母との面談が決まったのが3月末頃。
少々予定を早めて上京し、4月にグループホームから特養へ
無事移転することができました(実家からはかなり遠くなったが)

最近、母に会いに行った叔母の話だと、母の様子は悪くないようです。
名前を呼ぶと返事することもある、という話には驚きました。
私が最後に母の声を聞いたのは去年の5月だったから。

来月にまた上京し、母に会いに行く予定なので、その時
何か変化が見られるのか、何も変わらないのか・・・・

ひとまず母と私らの生活、落ち着きました。
(本当は平成が終わる前に書いておくつもりだったのに
すっかり遅くなってしまった💦)


しかし既に夏だな、長崎・・・ι(´Д`υ)アツィー
  

コメント
非公開コメント

  私などが申し上げることはありませんが
  miruraさまが大変なのもお辛いのも感じます。

  良い方向に向かってくれるよう祈ってます。

  だからこそ辛いときは自分に優しくしてくださいね(^-^)

2019-05-19 17:39 │ from mamesibori Edit

お疲れさまでした、とひとくちに言い切れないあれやこれや、
とにかくもお母様が落ち着かれてよかったです。
いろいろ思うところがおありなのは当然でしょうが、
介護は、特に重度の方の介護ともなれば、
プロの方に対価と感謝と敬意を払ってお願いするのが一番と思います。
むろん完全自宅介護の方を軽くみるものではありませんし、
軽度の方とは介護の仕方が違うだけで実際の大変さは
さほど変わらないとも思いはしますが。

家族にかかわる悩みはとかくしがらみだらけ。
どんなことでも、あとから考えると反省も後悔も出てきますが、
そのときどきで考えぬいて出した結論なら
多分それがベストであったのではないかと愚考するものです。

2019-05-16 11:45 │ from mayu

孝行という名の自分探り

お疲れ様の日々お疲れ様でございます。
こちらも要介護5の母のために大阪戻り、画面向こうの猫様たちからの癒しがなければとても難しかったと思い返して感謝しております。疲れた心身、やるせなさ、焦り、そういうものをふわっと消したり、軽くしてくれる猫さま。特に昔から見つめてきたアイ姐さんとジェリたんは恩人(恩猫)になりました。家系図の歴史絵巻もです。
母が倒れて父に叫ばれて戻ったのに、父が先に逝ってしまった突然は、二重介護を避けさせてくれた父の最後の子ども孝行だった気がしています。
人生自分の方が大事とみんな言うのですが、後悔しないために捧げることができるのもまた幸運かと思ったり。母の頭脳は緩慢な下降ですが、足腰がダメになりました。でも自宅転倒の昏睡入院先から不死鳥のように家に戻せて笑うことは果たせてのその先です。今は小規模多機能居宅型のデイ通いで、上京仕事の時だけ一ヶ月ほど長期ステイなどさせて、限度があるのでまた大阪に戻るの繰り返し~。
苦労でも、できることを成した足跡は、きっと「自分の余生」を強くすると信じます。
「猫の恩返し」がどうかありますように!あれだけも救って来た軌跡を決して忘れません。
九州のりんくんがジェリたんとぱっと見酷似しているのは長崎へワープする御触れだったのです、きっと^^;miruraさんの切なさ辛さも痛いほど想像します。どうかご夫妻で、異郷の風に吹かれて見えることもありますように!(私事返しおゆるしくださいね!)

2019-05-14 00:43 │ from 長崎の海は紅海からナイルに通ず

がんばりましたね。

少しはゆっくりできるのかな。

2019-05-13 22:06 │ from 通りすがり

No title

大変な日々をお過ごしだったのですね。
少し落ち着いたとのこと…良かったです。
どんな形であれ、お母様が穏やかに過ごせるといいですね。そして、また声を聞けるようにお祈りします。
そんな大変な中、blogを更新して下さっていたこと、感謝です。ありがとうございます。 miruraさんも、お身体大切になさってくださいね。

2019-05-13 21:13 │ from のん。

No title

好みがはっきりしててアイちゃんらしい!
チビちゃんは袋でいいんすか?

色々とご苦労様でした
住めば都となることは幸せなこと
私の実家の母も特老に入り
4月はガタガタしてました。
母はまだ家恋しいようですが
ゆったり過ごしてもらいたい
関わってくださる方々には感謝ですね
また、お母様とお話しできると
良いですね。

2019-05-13 19:44 │ from シエルまま