猫は最後の挨拶をする(とりあえず) - The Cat who.... 猫のアイシス&ジェリー

管理画面 The Cat who.... ホーム  » Cats » 猫は最後の挨拶をする(とりあえず)

 猫は最後の挨拶をする(とりあえず)

もう100回位アップした写真もあるはず


アイ1
2004、「ブログ」が知られるように
なった頃、このブログもオープン



アイ2
水辺のアーバンライフ謳歌中、アイ1歳



アイ3
この網戸は後に崩壊。。。



秋、“ちび”ことジェリー登場。

アイちび4

なんというか・・・アイって
真面目だったんだなあー、と

アイちび5
トンボが沢山飛んでたっけねぇ~



アイちび6

ちびのおかげで

アイちび7
ネタに事欠かなかった頃。。。



夏のひととき、子猫男子ボギーのいた年
アイちび8



アイちび9
我が家での仮名:ジョニー、クローゼ、
シロウ、アイプチ、アイーダ…がいた年



アイちび10
3月11日以降、長らくヨーグルトや
関東産納豆が消え、九州産納豆登場



アイちび11
水から救出、160gの子猫桃とチーの
奇跡の出会いと、ジョニー保護の年。



アイちび12
瞳の美しさ、やることの不思議さよ…



アイちび13

じわりじわりと何かが変わりゆく・・・

アイちび14
そんな気配が見え始めた頃・・・



横浜在住時、最後の保護猫クロエ
アイちび15



TVで紹介されるちびの動画を見るちび
アイちび16

さよなら、ハマの我が家。

横浜→東京へ引っ越し。



アイちび17
東京実家で14歳の誕生日を迎えたアイ



アイちび18
11月末、東京→長崎車移動で
二泊三日の猫連れ引っ越し。



こちらでの暮らしにも慣れた。
アイちび19



アイちび20
まさかの再び子猫保護(おっと実家へ)
年を重ね、少し距離の縮まったふたり。



珍しい長崎の積雪に、雪だるまにゃん
作成(地元TVでちらっと紹介される)

アイちび21



2021年現在
アイちび23


元気な子猫だったふたりも

長い昼寝と、日光浴に集中
したい年頃となりまして…


アイちび22


もし、気が変わった時の逃げ道にと
(とりあえず)を付けておきましたが


アイちび24
「猫は最後の挨拶をする」


一応、これを最後の記事と致します。



長年、本当にありがとうございました。

🐾このブログは残しておきます🐾
 

 

コメント
非公開コメント

🐈

おはようございます!

この頃、20位内で嬉しいです。
もしかしたら、MIRURAさんの気が変って、ポッと載せてくれるかも…、なんて勝手なことを考えています。

西の国で、ちびちゃんと梅ちゃん、楽しんでると思います。
梅ちゃんは、一生が分かっていたみたいな、研ぎ澄まされた目をしてたように思います。
ご自愛ください!

2021-08-27 09:23 │ from (^_^)/

🐈

みなさま

ブログの順位が、28位に戻ってますね!
嬉しいです!

直ぐに、ちびちゃんとアイ姉に会えるんで、うれしいです!

2021-08-15 16:24 │ from (^_^)/

🐈

MIRURAさま

お話が聞けて嬉しいです!
お盆で、ちびちゃん来てますね。
ちびちゃんの好きなものいっぱい食べさせてあげて下さいませ。
アイちゃんも会いたかったと思います。

このブログが、消えていくのは寂しい!
みなさん、ポチポチがんばりましょうね!

ご自愛してくださいめせ。
私もがんばりま~す!

2021-08-14 10:40 │ from (^_^)/

🐈

◆お礼のひとことレス

mamesiboriさん、ちびの誕生日の日にありがとうございました。

ちびのことを書き始めると、感情野放しでつらつらと
書きこぼすように綴ってしまいます。
で、書きながらまた泣く…と(実際、今も泣いてる)

たぶん、今突然目の前にちびが現れたとしても、
少しも驚かず、はいはいと額から頭にかけて親指で撫で、
長いシッポを手の平の上にしゅるん、と滑らせるんじゃ
ないかという気がします。いつもやっていたように
(そしてシッポで、びったんばったん叩かれる)
・・・・そのくらい、ちびが亡くなったということの方が、
いまだに不思議な気がしてならないのです。

その一方で、ちびの写真を全て削除し、
「ちび?そんな猫は存在しなかったよ」
と言われれば、そうか、と納得してしまいそうにも思える…

・・・・なんなんでしょうね?ちびという存在って。

そういえば、私が「ちびちゃん」と呼ぶようになったのは、
ちびが亡くなった瞬間からだったと思います(なぜだろう?)
ちびちゃん、とはっきり声に出してしまうと、自分の声で
涙がこぼれそうになるので、あまり口に出来ないんですが…

なにはともあれ、もう旧盆の時期なのですね。。。

猛暑だったり、急に気温が下がったりと、不安定な気候です。
どうか皆さまもご自愛下さいませ。

2021-08-12 19:09 │ from mirura Edit

🐈

ちびちゃんの誕生日
最初に ちび
と口に出して、その後にちびちゃん。

ここにmiruraさんの現在の心境が凝縮されている気がしました
せつなく、涙が出ました。

2021-08-09 23:01 │ from (^_^)/

🐈

感謝です

Gerryたん 誕生日おめでとうと祝いたかった
またあの愛らしい容姿で写真が見たかった

ちびのこと、梅のこと。
を拝読すると どうしても涙が勝手にこぼれ出てきます
miruraさまのコメントや写真は感情を呼び起こします
珠玉の文章には力があるんですね

お盆となると去りし人を思い出しますが今年はGerryたんを偲ぶ夏になります
miruraさま おっと様におかれましてはお辛いことお察しします

だからこそご自身を大切におからだおいといください
お元気でお過ごしでいて下さったら 私たちも虹をわたってしまったこも安心で幸せです

ありがとうございます

2021-08-07 20:09 │ from mamesibori Edit

🐈

山中秀樹さんの猫ちゃんのツイートの引用ツイートから来ました。

ちびちゃん…子猫のようなビジュアルと「中に人間が入っているのかな?」と思うような猫ちゃんなのにすごく人間臭くて(失礼なことを言っていたら本当に本当にごめんなさい)可愛くて面白くて魅力的でアイドルみたいな猫ちゃんでした。
私の中ではマンション時代で時が止まっていて素敵なお部屋と花火の見えるベランダ(本当素敵で憧れました)とこれまた素敵なmiruraさんのお料理と個性豊かなアイちゃんちびちゃん夫さま…。
ちびちゃんこの世にあそびにきてくれてありがとう。

(アイちゃんのひっくり返った椅子の上に顎をのせている写真とちびちゃんの袋の中でお目目ぱっちり!写真が可愛くて可愛くてずっと癒やされています。素敵な本をありがとうございます。)

2021-07-17 17:16 │ from 「The Cat who…アイとちび―マンションのふたり猫」の読者

🐈

No title

mirura様,ご心中お察しもうしあげます…。
その、なんともうしますか,ジェリーさん、梅さん…ホントウニ,大変ナ展開デシタネ…。
遅ればせナガラ,私にもmirura様のオキモチが伝ワッテキテ,ナミダデテキテシカタアリマセン…。
私事デスガ、昨夏,私は突発性ノ疾患(コロナではナイデス)デ,救急搬送サレマシタ。私の退院後に,突然,チル猫の病が突然発覚し,獣医様からは,オソラク年末迄シカモタナイとの診断(腎臓病ノステージ4)デシタ。獣医様カラハ,猫デモ、非常ニ我慢強イ性格ダト,ソノ兆候ガ飼い主ニモワカラナイ場合ガ稀ニアルトモ…。→自分ノ至ラナサガ辛いデス。
チル猫ノ身体ガ動けナクナリ、息も絶エザエノ彼女ヲ看ルノハ,トテモトテモ辛ク。急なコトダッテノデ,ホントウニ…。
彼女モ食ガ細いノデスガ,ソノ皮下点滴ガ始マルト,意識ヲ取リ戻シテキテ,一度ニ少量シカ食ベレナイケド,1日10回数gづつ,食欲ガ戻リ,奇跡的ニ年越シデキテ,(ロヨロヨナガラ動ケルシ,お散歩シタリ出来ルクライ…)獣医様ハ,コノ血液数値デ歩イテルなんてシンジラレナイトイワレテル状態デシタ。
今月初めに,彼女モホントウニ、寝たきりニナリ,(オソラク)最後ノ日々ヲ,心静カニ過ごしています…。
デモ、ヤハリ,ナニカノ拍子ニ不覚ニモ,涙ガデテキテ…。

梅さんの保護カラ成長過程ニモ,チル猫ノ幼少期ヲ思い起こさせ,なので、ホントウニホントウニ…。

mirura様,どうぞ,お心、お身体、お大事にサレテ
ご主人様,アイシス様(18歳🎉オメデトウゴザイマス🎉✨😆✨🎊),皆様のご健康をお祈りいたします。今迄,タクサン拝見サセテ頂キ,有難うございました。

ホントウニ,遅ればせながら,長々トスミマサン…。

2021-07-14 08:55 │ from チル姉

🐈

仕方がないこととはいえとても悲しいです
悲しいですが看取ってあげられるのは
飼い主として最高のことだとも思っています

miruraさんにとって今はとてもお辛い時期だと思いますが
ちびちゃんも梅ちゃんもは虹の橋でゆっくり待っていて
くれているのでアイちゃんとの生活を大事にしてご自愛ください

ちびちゃんうめちゃんこの世に生まれて来てくれてありがとう
よかったら虹の橋でうちの子たちと遊んでやってね!

2021-07-13 13:06 │ from Jam

🐈

2021年、早くも半年が過ぎましたね。
miruraさん達にとって、怒濤の苦しい半年だったと思います。

時々こちらにお邪魔しては、ちびちゃんの「猫ブログ界ナンバー1美猫」のお姿を愛で、ハンサムウーマンのアイシス嬢の凜とした姿に感嘆しております。

まだジェットコースターのように心が揺れ動くと思いますが、どうぞゆるゆると歩を進めてくださいませ。

我が家の長老猫も今年の11月で18歳になります。体調思わしくないことが続き、ハラハラする日々ですが、なんとか穏やかに猫生を全うさせてやりたい、と思っています。
萎えそうな心を、ここに来ては奮い立たせています。

ほんとうにありがとうございます。

2021-07-03 14:28 │ from 伽美

🐈

ありがとうございます

miruraさん、ご心痛のところを押してコメント下さりありがとうございます。

コメント拝見してから涙が止まらず、お礼に数日かかってしまいました。

ミーが亡くなってから今日でちょうど1週間。しゃくりあげて子供のように泣くことはなくなったのですが、喪失感と涙は乾きません。

miruraさんとちびちゃんの関係をちびちゃんが幼い時から拝見していました。
猫に対してそんなに関心がなかったと昔仰っていたmiruraさんにとって、ちびちゃんがどれだけ特別な子だったかと思います。

綺麗なグリーンの瞳、桜色のお鼻、フサフサの白い胸毛、しゅるりと長いシッポ。
あんなに美しいお顔の猫ちゃんを、私は他に知りません。

ミーは最後に2回痙攣し、高く大きな声を1度発して、静かになったそうです。
ベッドに横たえ、出かけた私に電話したり家人がバタバタと2分ほど目を離した隙に逝ってしまいました。

猫は死ぬ姿を見せたくないと聞きますので、ちびちゃんもミーも、内緒でそっと逝ってしまったのかな……
それでも、抱っこしてたかったですよね
撫でてて上げたかったですよね
大好きだよってずっと言いながら撫でててあげたかった……

急いで泣きながら帰ってきて抱きしめたミーはまだ温かく、柔らかでした。

miruraさんも私もまだまだ時間は必要かもしれませんが、愛した記憶はなくならないなぁと思います。
きっと幸せでいてくれたと思います。

長々と失礼しました。本当に取り留めもない……

miruraさんの猫達とのやりとりが本当に好きです。

どうかどうか、お身体ご自愛くださいね。

2021-07-02 00:15 │ from 純吉

🐈

心よりお悔やみ申し上げます


そうでしたか・・・・
本当に悲しくて悲しくて、悲し過ぎて苦しいですよね。泣。。。

ちびも長い闘病の果てでしたので、覚悟し、色々と想像しては
いたんですが、現実の感情の前に全て吹っ飛んでしまいました。
どうせポンコツな心臓なんだから、ちびと一緒に自分の心臓も
止まってしまえばよかったのに…とさえ思いました。

私はちびの死に目に会っていたのに会っていない。
あまりに静かに息を引き取ったので、それがいつだったのか
気づかなかった・・・・そのことが悔やまれます。
なぜタイミングが合わないんでしょうね。。。

ちびが亡くなった時、皆さんに言われたように、
今、私たちに出来ることは悲しむことだけかもしれません。
でも、それが出来るのは私たちだけです。

最近では、悲しみを思い出に変えて立ち直り、次に進むもよし。
悲しみを抱いたまま、転ばぬよう気を付けて歩いていくも良し。
…そんな風に考えています。

純吉さんのところの猫さん、ちびや梅と会って、初めまして~
と皆元気な身体で跳ね回っているはず。。。

どうか、どうか純吉さんもご自愛下さいね。

2021-06-27 18:46 │ from mirura→純吉さんへ Edit

🐈

No title

6月22日にコメントした者です。
24日の朝、我が家の猫23歳2ヶ月で亡くなりました。
死に目に間に合わず、後悔ばかりです。
死ぬ日の朝、何故かすごく悲しくて、抱きしめて泣きました。
その数十分後、私が家を出てから家人に看取られました。
こんなに苦しいなんて……
悲しくて悲しくて、何もする気になりません。
覚悟してたつもりでも、全然出来てなかったんだなぁ……

ちびちゃん、梅ちゃん、うちの子とも良かったら遊んでやってくださいね。

miruraさん、お身体ご自愛ください…

2021-06-27 11:00 │ from 純吉

🐈

No title

ブログ当初からミルラさん・旦那さん・猫さん達の様子を見守らせていただいていました。
私も子供の頃から一緒に過ごした猫が五年前に先に旅立ってしまいました。
ミルラさんの喪失感や哀しみがどれ程か、私も同じ猫飼いとして分かります。
寝返りを気にしたり、鳴き声で起こされていた日常がなくなり、『あの子のいない日常』が当たり前になってしまうことがとても辛かったです。
今でもまだ哀しみは消えませんが、一緒に過ごせた日々が幸せであったと、あの子にとってもそうであったならいいと思い、なんとか生きています。
ミルラさんは今はまだいなくなってしまった日々の変化に哀しみを抱えていらっしゃるかと思います。
悲しくて苦しいのは、大好きだったからだと思います。
どうかその気持ちを大切になさって、今はゆっくり過ごされてください。

2021-06-23 20:12 │ from KOH

🐈

内面的な気品ということ

梅ちゃんもびっくりするほどの美猫さんになったのをあっぱれと目を細めていました。

美猫美猫と書くけれど、それは何か生き様や感性とか感覚を反映している猫さんという意味でもあるのです。
凛としてみたいな、そしてどこか怜悧な、「気高い」というか、飼い主さんの在り方の反映を思う、そんな彼女たち。
梅ちゃんのミケ猫ぶりもほんわかという感じではなく、どこか気品を感じた。
持ち上げる訳ではないのですが、すべては最初からmiruraさんの心の伝心だったと思う。
それが実に「猫」に似合う、猫らしいアトモスフェアーを醸し出していて、
あぁよかった、大人になれたね~と喜んでいたのに。。。

夭折は美と才覚の証拠でもありますね。天使という言い方もできる。
miruraさんの文章、どこにもない猫生の物語を読んでいるようで、ちび譚の生き切ったのだという分析はまさにジェリ譚をして正鵠かつ、瞠目でした。
そう、きっと精一杯尽くしたのだったのですね!

今日もポチっとして聴くけれど、もともと少し元気が無いような声でもあるのは、もうその時から闘病中だったのだと知った。どこか寂しく哀しい声。
でも、生き切るために進んでいたジェリ譚だったという話から、すべてその声のことも完全に納得できる思いです。
勝手な推察かもしれません。でも、悲しくも美しいという声音です。

儚くも稀有な美を届け尽くした二猫に改めて哀悼を捧げます。
健気に生き切った猫をmiruraさんが育て、話して、にゃぱさんがいつも無二の包容力で温めた。彼らは本当に幸せでしたね。

メッセージに頷くばかり、ありがとうございました。
世に、死者の夢は語り掛けている証拠らしいです。mirura-mama大好きだよと!

2021-06-23 01:41 │ from tomotomo

🐈

ご冥福をお祈りいたします

Mirulaさん 
お元気になられますよう願っています。
お母さま、ジェリーさん、梅ちゃんと
悲しいことの連続ですね。
何とお声をかけたらよいかわかりません。
梅ちゃん、1年で虹の橋をわたっていってしまうなんて・・・。

2021-06-22 19:43 │ from あーちゃん Edit

🐈

いつまでも一緒

ミルラさま、まだまだつらいお時間の中で、ちびちゃんと梅ちゃんのことを書いてくださり、ありがとうございました。

強い絆で結ばれていたミルラさんとちびちゃんは、これから先もずっと、肉体はなくとも心は一緒に暮らしてゆくのだと思います。

ちびちゃんのことがあって、私もしばらく放心状態でした。そのため、しばらくミルラさんとご主人のSNSからあえて離れた時間がありました。しばらくぶりに拝見し、梅ちゃんのことを知り、また悲しみの波が押し寄せてきました。他人の私でさえこんなに辛く苦しいのに、お二人にとってどれ程深い悲しみの日々なのか、想像を超えます。

ミルラさんちの猫であったことは、彼女たちの何よりの幸運でした。忘れることは永遠になく、これからもずっと一緒に生き続けていくのだと思います。どうぞ無理をなさらないで……。

2021-06-22 17:53 │ from リセ Edit

🐈

ご報告ありがとうございました

度重なるご家族の旅立ちに
気の利いた言葉も見つからないのですが…

梅ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます

長年共にしたお母様、ジェリーさんとはまた違うお気持ちだと思いますが、
立派な体格に成長した梅さんの姿に確かな生命力を感じていただけに
早すぎるお別れが残念でなりません。
救出からずっと手を尽くされてきたニャパさんのご心痛も
如何許りかとお察し申し上げます。

未だ深い悲しみの中にあるmiruraさん。
思う存分、泣きたいだけ、泣けるだけ、泣いて下さいね。
ただおそらく本調子でないであろうお身体は
どうかどうかご自愛下さいませ。

ニャパさん、アイさんもどうぞお大事に。

2021-06-22 16:56 │ from renkon

🐈

No title

ダメだ……miruraさんのコメントにまた涙が……

ちびちゃんに続いて梅ちゃんも……
本当にmiruraさんの涙が乾く間がないのではと泣けてきます

うちの老猫も今年23歳。いつまでも元気に、猫又のように生きるのかと思っていたら、
1年ほど前、そして半年ほど前から劇的に衰え、
目もほぼ見えず、排泄もいたるとこでするようになりました

ここ1ヶ月ほどはより悪くなり……
ここまでよく生きたのだからとは思いつつも消えそうになっていく生命を見るのが毎日辛いです

ですがmiruraさんがいうように、うちの猫も全てを使い果たしてこの世にお別れするのかなと思いました。

見送るのは死ぬほど辛いけど……

とりとめのない文章になってしまいました

miruraさん、どうかお身体ご自愛くださいませね

にゃぱさまも、アイちゃんも

2021-06-22 16:34 │ from 純吉

🐈

miruraさん
つらいのにコメントありがとうございます。

ちびちゃんは画面上ではわからなかったけど
いろいろあったんですね
でもその表情はいつも落ち着いた良いお顔だった
ご夫婦の愛情からの良い猫生を精一杯生き抜けたんですね

梅ちゃんも1歳の猫生短かったけど
手厚く看病してもらい愛情をそそいでもらい
豪雨の中で泡ときえていたら感じられなかった幸せを
もらえたんですね

我が家も老犬老猫ではあったけれど一ヶ月あまりで
それぞれ召されたときは半年は何をしても涙がなくなることは
なかった・・・お気持ち察します

本当に慣れていくしかないのですよね
アイちゃんと穏やかに静かにゆっくり凄いしてください
何も言えなくて・・でもチビちゃん、梅ちゃんは幸せだった
きっとそばで見守ってくれてますよね

アイちゃんが元気でうれしいです。

お大事にしてください

2021-06-22 12:31 │ from シエルまま

🐈

ありがとうございました

まだまだお辛い中、近況をお知らせくださりありがとうございました。

若いから骨が少ない…衝撃でした(涙)
これから沢山の時間を過ごして成長していくはずだったのに…

でもニャパさまの手厚い介護、miruraさん、ジッジさま、バッバさまの優しさ溢れる愛に包まれて梅ちゃんは幸せな時を過ごせたのでは、と思います。
ニャパさまのWレインボー🌈に天使のちびちゃん、天使の梅ちゃんの写真はとても素敵でした。
きっとあの通りに虹の橋に向かったのだと思います。
いつの日か…虹の橋の先の広場でみんなで逢いましょう✨

アイ姐さんも人間の皆さまもくれぐれもお身体お大事にお過ごし下さい。

2021-06-22 01:02 │ from pepe

🐈

MIRURA さま

近況のコメント、ありがとうございます。
少し元気になられたようで、嬉しいです。

梅ちゃんが旅立った日、車の中でジャパさまがつぶやかれた言葉「梅雨の雫が、涙のように流れ落ちます」が、今も忘れられません。
車窓に雨が撃ちつけ、雫がツー、ツーと涙のように流れ落ちていました。

あれから一週間、まだまだお二人とも悲しみの中ですが、ご自愛くださいませ。

2021-06-21 23:44 │ from ユメ

🐈

梅ちゃん。有難う

梅ちゃん。もうちびちゃんに会えたかな。
また、そっちでも沢山食べて沢山遊んでね。
ちびちゃんと一緒に。
またね。

2021-06-21 21:54 │ from こうちゃん達の保護者

🐈

メイルリ

ちびちゃんのこと、梅ちゃんのこと
miruraさんのお気持ちを綴っていただいてありがとうございます。

ちびちゃんは確かに生き切ったのですね。
ずっと治療を続けて頑張って。
それでも悲しいものは悲しいですよね。

ちびちゃんの今年の写真が見れない。
わかる感じです。
私も突然愛猫を亡くしもう3年経ちますが、愛猫の写真を未だにじっくり見れません。
写真を見て懐かしく思い返したいのですが、ツライ気持ちとその時の後悔やらたくさんの感情が襲ってきて。


梅ちゃんは早すぎました。。。
急すぎて言葉が出ませんでした。
梅ちゃんにはもっと長生きしてたくさん幸せを感じてほしかったです。

でもこの1年、とっても濃く幸せな時間を過ごしたんでしょうね。

miruraさんが綴ってくれる梅ちゃんの様子を読むと、梅ちゃんがどれだけ大切にされていたのか、そして幸せだったのかがわかります。
その後もノビノビと過ごす梅ちゃんの様子をツイッターで拝見して。

miruraさんとにゃぱさんの元に導かれた梅ちゃんは、幸せだったんだと思います。

ちびちゃんも梅ちゃんも、また生まれ変わって病気なんかない強い身体でmiruraさんご夫婦の元にやってこれますように。

2021-06-21 20:55 │ from (^_^)/ Edit

🐈

No title

梅ちゃん、若いがゆえに本当に残念です!!
虹の橋でジェリーちゃんとゆっくり過ごしてくれると思います。
最後の投稿という事ですが、まだアイちゃんが生きてくれてます。
なので、miruraさんのお気持ちが動く事があるかもしれませんから、これで最後と言わないで下さ
い。
またいつかを期待しながら、待ってます。
お体を大切になさって下さい。
梅ちゃんのご冥福をお祈り致します。

2021-06-21 19:01 │ from fuchamin

🐈

ちびのこと、梅のこと。

二日続けて、ちびが夢に出て来た。
昨日はちびの器にパウチを開けて盛り付け、ちびの前に置いたところで
目が覚めた。目覚めた直後、本気で「ちびにご飯あげなきゃ」と思い、
数秒間、夢と現実の区別がつかなかった。

今朝は引っ越しの準備をしている夢で、段ボールにちびのベッドを詰めよう
としたが見当たらない…その瞬間、そうだ、ちびは死んだんだと思い出す。
でも目の前にちびはいる。まあ、いいや(何がいいや、なのかわからないが)
と思い、ベッドを探し続けた・・・・

一ヶ月前なら、こんな夢の後はしばらく布団から出られなかっただろう。
一ヶ月前なら、特にちびのことを考えてたわけじゃないのに、信号待ちで
何も考えてないような時、ぶわっと涙が浮かんできてしょうがなかった。
皮肉にも、そんな涙を一時停止したのが梅の体調の急変だった。

実を言えば、母やちびがこうなることは去年からもうわかっていた。
それに合わせて私の入院も伸ばしてもらっていた。
だから母やちびのことには悲しみこそすれ、驚きはしなかった。
でも梅のことは――
まさかこんなに早く逝ってしまうとは!

ちびの夏ベッド、ちびの予備の毛布を梅にあげようと洗っておいたのに。
梅の庭の散歩にいいだろうとアイのハーネスを出しておいたのに。
一度も使うことがなかった。泣。。。
・・・・・・・

一日に目薬6回、飲み薬3回、塗り薬4回。
これが豪雨の排水口なんてとんでもない所から、どろっどろの状態で
保護されたがゆえの、梅の最初のハードスケジュールだった。

が、薬の効き目は大したもので、塞がりかけていた目はぱっちり開き、
傷跡はふさふさと真っ白な毛で覆われてキレイに消えた。
ゆるゆるだったお腹も治って、お腹がぽんぽこりんになるまで何でも
食べられるようになった。しわがれた鳴き声も子猫らしい声に変わった。
その様子に、もう大丈夫、と思った。
この子の体力なら天寿をまっとう出来る、と。
・・・・・・・

何年も薬を飲み続けた果てのちびと違い、梅のふっくらと毛も滑らかな
姿が余計に悲しかった。まだ一歳なのに、まだこんなに若いのに・・・・
こんなはずじゃなかったのに…泣。。。

梅にはおっとの実家の庭に咲いていた花を持たせ、荼毘に付した。
そしてそのお骨の量をを見た時「えっ?」となった。
梅はちびの4倍も体重があったのに、ちびよりずっと少なかったから。
その理由は「若いから」
まだ骨が成長しきっておらず、小さくてやわらかかったのだ。泣。。。

その時、ちびは生き切ったのだな、と思った。
ちびは決して短命ではなかったが、2歳上のアイがまだ元気なこと。
最近じゃ二十歳を超えた猫も珍しくなくなったことを考えると、
ちびにももっと生きてて欲しかった…と願わずにはいられなかった。
でも梅を見た後、ちびの最期の姿を思うと、ちびはその身をギリギリまで
使い切ってから逝ったのだ…と何か腑に落ちるものがあった
(だからと言って悲しいのは変わらないが)

梅がうちへ来た晩、夜中過ぎにこっそり梅の様子を見てみると、
トイレの中ですやすやと寝ていたので、そっちじゃないよ、とそっと
持ち上げ、タオルの上に置いたことが妙に記憶に残っている。
それまではトイレも寝床も区別していられる生活じゃなかったのだろう。
2日ぐらいすると、梅はもうトイレで寝なくなった。
梅は飼い猫になったのだ。

梅がよもやおっとの実家に引き取られるとは想像もしていなかったが、
今となってはこれでよかったのだろうと言う気がする。
短くも快適に伸び伸びと過ごし、様子を常に知ることが出来た。
そして、ここにたくさんのお悔やみのコメントをもらうことが出来た。

いまだ、今年のちびの写真を見られない自分ですが。泣。。。

ちびに続き梅へも・・・・本当にありがとうございました。

2021-06-21 17:57 │ from mirura Edit

🐈

ジェリー梅街道走れ!&美猫の姐(ねぇ)さん

アイぷ~もつくづく美猫なのは言葉を俟ちません。

極めつけは、若かりし時代の、あのeosカメラCMイミテーション画像ですっ。
あんなに美しい猫フォトもありませんでした。もちろん保存して有りますよ!

ところで、アイぷ~はきっとジェリ譚も梅ちゃんも居なくなったことをどこかで解っている筈なのです。

猫は察知する。
一年も無沙汰して、それ以上、どんなに無沙汰していても、去れば姿を見せなかったその猫が、私の許に絶対に夜警と暁巡回に来てくれて、涙の再会を果たす訳なのですが、自慢とかではなしに、猫という生き物は本当に敏感で、近所のオヤッさんなどは匂いで解かるんだと言うけれど、そんな匂いのする自分じゃないつもり。こそっと帰って物音も立てるで無し汗。
縄張り巡回の律義さって訳でもないんですよね。
戻って来たことをどれだけ月日が流れても解っている憶えているということをしみじみ思う毎回なのです。
猫の嗅覚も聴覚も、そして記憶力も、世間の皆が思う以上の、犬様以上の凄さを思い知らされてきました。だから、どうか残されたアイぷ~に今迄以上の愛情を向けてあげてくださいませ。
食い意地にゃんであろうが、素知らぬ顔であろうが、絶対解っていると思うのです。猫は寂しさとは無縁というけれど、解っている。。。

二匹が、そしてこれまで関わられたすべての家系図系譜の猫さんがご夫妻を華やかに包んでいます。
献身はそうそうできるものではありません。梅ちゃんを助けて下さって、成猫にさせてくださって、ほんとうにありがとうございました。

居てくれた猫の居なくなった寂しさを思う時、笑顔も大事だけれど、やっぱり涙が出てしまう。

文京谷根千辺りですが、残した来た(関わって給餌してくれる人も居ることが判っているのですが)待っている猫の許に早く急ごうと今思っています。。。
<ジェリー・梅街道>に大賛成!!!守護神の走路ですね!
togetter.com/li/1150152

2021-06-20 07:10 │ from tomotomo Edit

🐈

No title

皆さんのコメントに共感します。救われない命もたくさんある中、少しでも安全な環境に身を置けて、太陽の光や風の匂いを感じて、栄養のあるご飯をもらえてお腹が満たされて、安心して眠れる時間を経験できるねこちゃんは幸せだと思います。猫ちゃん自身は平均寿命がどれくらいかを知る由もなく、毎日懸命に生きているから悔いが無いのではと考えます。悔いを残さないよう懸命に生きること、猫ちゃん達を見習いたいです。

2021-06-18 09:44 │ from るっち

🐈

梅ちゃんのご冥福をお祈りいたします

いつかは・・生きる者の宿命とはいえ

梅ちゃんが・・1歳とは

でもにゃぱネットさんに出会えてよかった

miruraさんに育ててもらえてよかった

とても濃いニャン生を生き抜いたのですね

ちびちゃんが虹の橋のたもとで待っているね

二人でみんなを見守ってね

にゃぱねっとさんmiruraさんアイちゃん
しばらくゆっくりしてください。

2021-06-17 12:45 │ from シエルまま

🐈

ばいのばいのばい

再三で恐縮ですが、あまりにも悲しかったので、一言だけ。
梅ちゃんのことです。
言葉がもう無いです。切なくてどうしてとしか繋げられない。
粛々と向かわれていたにゃぱβさんのご健康だけを願っていました。今もそうです。
人の誠の心と愛を知って逝けた猫生に安堵して、心からお悔やみを申し上げて感謝を伝えたいです。本当にありがとうございました。
救った命への勇気、暖めてくださったジッジバッバさまの心にも感謝です。
自然を浴びさせてあげたにゃぱさんの心も震える思い。
悲しいけれど、あのまま仔猫で息絶えていたのでなく、本当に良かったなぁ。
ありがとう、ありがとう。ありがとう。
にゃぱさま、あなたの心に倍の倍の倍返しの愛が降りますように。
接種、お気をつけて。。。miruraさまもどうか回復に向かわれますように。

2021-06-17 06:56 │ from tomotomo Edit

🐈

梅ちゃんありがとう

mirura様

ツイッターができないのでこちらでコメントさせていただきます。

mirura様 にゃぱねっと様 ご両親様、梅ちゃんを育てて下さりありがとう
ございます。

せっかく生まれて来たのに地獄だけ見て消えていくのは不憫でした。
(にゃぱねっと様ツイッターより)
重い言葉です。

玄関でお母様が梅ちゃん 梅ちゃんと優しく言葉をかけられる動画を
拝見して、にゃぱねっと様の原点なのだと思い馳せました。


梅ちゃんへ

長崎の空と海は美しかったですか。
おばあちゃまが育てられた庭のお花は、心に刻みましたか。
梅ちゃんの動画でお気に入りは、メダカ瓶の前で考える梅ちゃんと
掃除のお手伝いですよ。
賢そうに考える梅ちゃん、ちょっとおてんばな梅ちゃん何度も
見せていただきました。
車に乗せてもらっても一言も鳴かないなんてお利口だったね。
アイラインで整えられたパッチリお目目は、チャーミングでしたよ。
ありがとう。

2021-06-16 14:31 │ from ふう

🐈

梅ちゃん やすらかに


桃子さんのコメントを読んで、「え~…」
もしか…と動機がとまりませんでした。

梅ちゃん、ゆっくり休んでね。

2021-06-16 00:10 │ from (^_^)/

🐈

梅ちゃん また遊びに来てね

梅ちゃん。よく遊んだね。よく食べたね。

梅ちゃん。

やすらかに。

2021-06-15 21:09 │ from 桃子

🐈

MIRURA 様

ブログの記事を読み返すと、チビちゃんがますます愛らしく、あどけなく天心爛漫さが伝わってきます。時間が経つほど、若葉風のように吹き抜けていきます。
過ぎた日々は戻らないけど、キラキラ輝く宝物を残してくれてますね。
ツイートの欄が消えて、ミルラさんのつぶやきが聞こえてきませんが、お元気で!
ジャパさま、アイちゃん、梅ちゃん、ご家族様のご多幸をお祈りしてます!


2021-06-14 22:35 │ from ユメ

🐈

No title

長生きしてね❤️😼😼

2021-06-11 20:42 │ from LALA Edit

🐈

No title

今Twitterでちびちゃんが亡くなったことを知りました。
1ヶ月たちましたがお健やかにお過ごしでしょうか。
旦那さんやアイちゃんが心を慰めてくださってると思いますが、何かをしたり見たりすると、そっかあの子居ないんだっけ…って思ってしまいますよね。
私も去年のGWに最愛の猫を亡くしたので、そういう気持ちは判るつもりです。
綺麗な緑の目をしたちびちゃんが好きでした。ご冥福をお祈りします。

2021-06-10 13:05 │ from jey

🐈

MIRURAさま

その後、少しお元気になられましたでしょうか。
焦られることはありませんが、気持ちの切り替えが少しでもできれば、良いなと応援してます。
ジャパさまのことも応援してます。
お身体に気を付けて!
明日を信じて!

2021-06-07 14:38 │ from ユメ

🐈

No title

チビちゃん、幸せだったと思います。充実した猫生だったと思います。これ以上は無かったと思います。
白いふわふわの美人な天使。ブログを通して出会えたこと、私の人生にも色をつけてくれました。ありがとうございます。

2021-06-05 10:24 │ from るっち

🐈

miruraさま

近況をコメントくださり、ちょっと安心しました。
切なさや悲しさや寂しさや…思いは、まだまだ心に深く…。

前にもかきましたが、チビちゃんは、15年間余の愛情をしっかり受け止めて、天国に旅立ったと思います。
家族、アイちゃんや他の猫ちゃんも含めて、感謝して旅立ったと思います。
チビちゃんが、天国から、幸せを祈ってると思います。

2021-06-01 22:12 │ from ユメ

🐈

miruraさん

チビちゃんの可愛さに惹かれて時々拝見させていただいていました。
たくさんの可愛い写真が残っていて、懐かしい写真を見て涙が出てきました。

私も最初は死にかけていた野良猫を連れて帰り、親に怒られても絶対に手放さないところから猫との暮らしは始まりました。貰った子や拾った子、そした我が家で生まれた子など一時期は6匹の猫と暮らしており、気が付けば20年が経ちました。
最後の子は初めてペットショップで購入した子で、スコティッシュですが耳が折れておらず、オスで噛み癖があり値引きされていた子でしたがひとめでこの子に決めた子でした。ケガをしたり病気になったりと病院通いが多かったですが、腎不全で亡くなりました。6年という短い生涯でした。
今までの子は殆どが老衰で看取ってきましたが、この子は若くで亡くなったため母の落ち込み方が半端なかったです。もう見送りたくないという母の言葉で今は猫のいない生活です。
本当に家族でした。
miruraさん、素敵なページをありがとうございました。
もう亡くなって8年が経ちましたが一番良い写真を飾っています!

2021-05-31 22:06 │ from 柊みゆき

🐈

miruraさんへ

どうしたらいいかわからない→たくさん泣いていいんですよ。私も上の猫を亡くして4年経ちますが、今だに思い出しては泣き、ちゅーるが欲しくてドアの前で待っている姿を思い出しては泣き、良く似た猫をみると生まれ変わりじゃないかと目で追い泣く。簡単に思い出に出来ない、一緒に暮らしてきた歴史があります。我慢するより、お空にいることを受け入れられるまで、たくさん泣いて泣いて過ごせばいいと私は思ってます。

2021-05-31 19:06 │ from 猫だ。 Edit

🐈

こんな可愛い猫猫しい子がいるんだ、と思ってからこちらにはずっとお邪魔していました。
お空に行ってしまう歳になっていた事も当たり前なんでしょうけどビックリです。
大好きなちびちゃん、どうぞ安らかに。
ちびちゃんのご冥福をお祈りいたします。

2021-05-31 13:52 │ from まるち Edit

🐈

あの野菜そして天衣無縫に見えても解っていた猫

miruraさま
あるがまま涙枯れるまで進んでください。

涙が供養であり、感謝と孝行であり、抗わないで、しかし、ご自分を褒めて大切になされてください。みんなみんな笑顔で喜んでいると思います。

悲しみが薄み癒える日が来ますように。
わたしも母の介護ですべてをすててもどったのに父を先になくし、二年を経ても涙する恥ずかしいありさまです。居てくれただけでよかったと気付くのにどうしてこんなに遅過ぎたのかと思います。帰ればもう姿がなく不意に微かな匂いだけが漂うことがあります。今は母をやっと施設に平穏に入れたところです。
長崎戻りはお寂しさも多いと思いますが、ジェリたんと出遭えた運命への心返しの道としてまたβさんを支えてあげてください。何もしなくてもいいのです。笑顔だけでいいそういう時が今ですよ。
(私は全部頭に有ったので、最後の怒涛のお写真をただスクロールして逐一確認もしていませんでした。ですので、写真に全部載っていたのだと今お恥ずかしくまた無礼をお詫びします。全部胸に頭に有るチビジェリ像だった。それと、あの瑞瑞しく麗しい野菜の宝石箱も忘れることができません。御母上様のご出自への追憶も浮かんでいました。心から哀悼を捧げます。泣いてもまた笑ってくださいね。)

youtu.be/0N2E3cOwtgQ(野菜の郷に)
youtu.be/llvXqyEY0jM(ありがとうママ from Gerry)

2021-05-31 09:44 │ from また元気を出して

🐈

チビちゃん!

ジャパさまのページみました。
ピンクの薔薇供えていただいてましたね。
猫ブログ、一の美女にふさわしい、甘さと薔薇の香りが、こちらまで届いて来ましたよ!
チビちゃんの無垢な姿が、ピンクの薔薇にぴったり!
安らかに!

2021-05-30 20:54 │ from ユメ

🐈

mirura様

アイちゃんも、寂しいと思ってます。
ジャパさまも、耐えてると思います。
miruraさんが、元気にならないとチビちゃんも、心配してます。
元気になることが、今はチビちゃんへの供養だと思います。
いままで、頑張ってと言えませんでしたが、今は頑張って!頑張ってくださいませ!
元気になることを、ちびちゃんも一番望んでますよ。

ほんとうにお大事に。

2021-05-29 22:53 │ from ユメ

🐈

mirura様

2001年。まだブログをされてない頃でしょうか。

心配です。
くれぐれも、ご自身を大切になさってくださいね。
お願いしますね。

ふう

2021-05-29 20:44 │ from ふう

🐈

2001年ってまだ横浜のマンションに引っ越しする前だと思うけど・・・
ねこの魅力を知らなかった頃ですね
どこかでお仕事(会社員)していた時ですか?
あの素晴らしいウエディングドレス姿でしょうか?
悲しさのあまり、戻りたいと思われるのでしょうね
辛すぎて、にゃぱさんと二人で支えあう事も上手くいかない日があるのでは?
頭を使わず、身体に負担をかけずにできる作業はありますか?
私もチビちゃんがいないと涙してます。
一方で、miruraさんが心配です。
miruraさんのコメントが大好きです。
チビちゃんの分も食事をとって下さい。
ご自愛ください













2021-05-29 15:20 │ from (^_^)/

🐈

想って下さい💝

きっと何を見ても思い出す…そんな時なのかと。
忘れる事などあり得ないし…想って涙する日々なのかと。
食事だけは忘れずに…ご自愛下さいね。
Twitterは読むだけなのでこちらに失礼させて頂きます。

2021-05-28 17:58 │ from pepe

🐈

チビちゃんの命はすごい

私も母が亡くなった時よりウチのコが逝った時の方がこたえました。

私は私、猫は猫なんだけど、私=猫の混沌とした部分も出来てたみたいです。
だから、一部をもぎ取られてしまって「私のカタチ」が変わっちゃって、
心だか精神だかのバランスが悪いんです。
この「新しい私のカタチ」でバランス取り直すには
時間と涙がたくさん必要みたいです。

チビちゃん、天晴れ! チビちゃんの命はすごい。
チビちゃんの命は、mirura さんのタマシイをこんなに揺さぶってる。

mirura さん、にゃぱさん、ご自愛くださいね。
アイちゃんにもヨロシク。

2021-05-26 17:02 │ from バイオリン

🐈

ジェリちゃん また遊びに来てね

15年間ずっと見てました。

チビちゃん。

安らかに。

2021-05-25 19:28 │ from 桃子

🐈

チビちゃん

チビちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

実は我が家の猫も4月の上旬に亡くなりました。
私の誕生日でした。

厄介な肺炎にかかり半年の闘病生活の末に
家族が留守のうちに亡くなってしまいました。

マンション暮らしで保護してからは一度も外に出る事が無かったので
毎年二人で行く公演へ亡骸を抱いて行きました。

関東では今年の桜はあっという間に咲き一瞬で散ってしまいました。

僅かに残った桜の花びらが我が愛猫の上にひとひら落ちました。

目を開いたままで毛並みも美しく死んでいるようには見えない
眠っている様にも見えない身体を荼毘に付すのは余りにも辛い事でしたが
仕方が有りません。

死に行くときに一緒に居てやれなかった事は激しく哀しいですが、
いつも愛猫、愛犬との別れはそうでしたのでわりきれました。

しかしその後にTwitterでアイちゃん、チビちゃんのご様子を拝見していて
我が愛猫よりも年長で元気で羨ましいなぁと思っておりました。

そんな中、チビちゃんの訃報に驚き、泣きました。

虹の橋を信じていない私ですが、
私達が生きている間、我が愛猫ハルを知っている人々がご存命の間は
その人の中にハルも生きているのだと思っております。

触れる事も聴く事も出来ませんが生きているのだと思えませんか?

そしてやがて私達も「無」になるのです。

十年ほど前に撮った私達と我が愛猫のビデオを見た時
「ハルも若かったけど、私達も若かったね」なんて呟いていました。

2021-05-23 16:49 │ from フッフール Edit

🐈

miruraさま

コメントを読んで…泣けます。胸が締め付けられます。
ほんとうに切ない。私も6年前に見送りました。サバ寅で、チビちゃんと同じ衣装でした。手足が長くて、歩くのもモデルさんのように歩くと思ってました。
長生きはしましたが、食が細くて、キャットフードを選ぶのに苦労しました。
今だから、寿命だったんだと割り切れるのですが、それでもとっても会いたいと今も思います。
miruraさん、コメント書いてください。気持ちのままを。ちびちゃんの事は、みんなも、寂しいんです。このブログを見ている人は、みんな寂しいんです。
miruraさん、泣きたいときは、泣きましょう。miruraさんにはかなわないけど、私も泣きます。
お身体お大事に。くれぐれもお大事にね。

2021-05-22 23:51 │ from ユメ

🐈

お辛い日々 胸がしめつけられます。
どうぞ今は ちびちゃんを求めて、探して、思って、下さい。
現実をつきつけられたら、ありたけの涙を流してください。
miruraさんの現状を思うと、ブログでちびちゃんを見てきた私も涙が出ます。


2021-05-22 22:47 │ from 藤本

🐈

水平まぶた

そうそう、肝心な絵を忘れておりました。
まっすぐなまぶたの御目目です。
えぇ、もちろん、クリクリの御目目だと知っている。
でも、あの目が心を擽った。
小さなお顔。
薄白紅の鼻。
まっすぐ瞼は愛らしさのおかしみ。
握手、したかったなぁ。。。
のび~~のポートレートも大好きです。

2021-05-22 05:49 │ from tomotomo Edit

🐈

白亜の美魔女 ms. gerry

ずっと聴きたかったジェリ譚の啼き声をポチっとしていつも聴いています。
何度でも何回でも。
白さの眩しかった純白部分を撫でたかった猫さん。
耳の大きさをこしょこしょつつきたかった猫さん。
しなる長いしっぽをふわすっと掴み滑らせたかった猫さん。
じっと見るあの吸い込まれそうな碧の眼に微笑みかけたかった猫さん。
一緒に窓の露をものともせずガラス掻きしたかった猫さん。
鈴カステラのアンモナイトにぷすっ指を柔らかく挿し込みたかった猫さん。
キティちゃんより丸いお顔を覗き込みたかった猫さん。
マカロンの蛤触角脚をちょんちょん触りたかった猫さん。
直角椅子垂れ猫を笑いたかった猫さん。
仔猫時代のお手手顔隠しを何故にもすぐに思い出す猫さん。
はしゃいでアイ姐に挑んでいた活発な娘猫さん時代もあったっけ。。。。。
miruraさんのファインダー越しにはいつも二匹が必ず映る構図だったなぁ。
純白のキッチンにシンクロしていたハマ時代の窓見座り。白亜台座り。

なぜこれだけも諳んじて即座に云える自分なのかぜんぜんわかりません。
それほど脳裏に焼き付いている天使だった。
よくがんばって15歳までももちました。
似非美女は大食漢。ほんまもんの美女は少食家(笑)。。。

まだまだ貴重な鳴声をポチっとする日々が続きます。
そしてなぜだか安心してホッとするけどしんみりするのです。
もう居ないなんて許せないよ。。。
別格猫という称号が相応しい、そんな永遠の仔猫風ジェリ譚でした。
いろいろ物語になる姿態ばかり、だから自分の中ではジェリ「譚」なのです。
お寂しさを想像して余りあるところです。離れた夢見猫だったのにこれほど
悲しい人間もいるのだから。。。

2021-05-22 05:40 │ from tomotomo Edit

🐈

mirura様

まだまだお辛い日が続きますね。

私は一緒に暮らしたふうを亡くして10年になります。
こんなことを書くと不謹慎と思われるかもしれませんが
私は自分の両親を亡くした時より辛かったです。
悲しみが違いました。
誰にも言えず、なぜなのかと何度も自分に問いました。
最後まで私を信じて暮らしてくれたであろう、あのまなざしが
存在がちがうのだと・・・・。

最後のときどう体がしんどいのか言葉で伝えてくれることもできず
言えないのなら、本気で頼むから紙に書いてと願いました。
叶わないのですが。

毎日miruraさんのツイッターを拝見しています。
お食事は取っておられますか。
どうかお体を大切になさってくださいね。

2021-05-21 23:26 │ from ふう

🐈

No title

CREAを見てこちらのブログを訪問し、
初めて読んだのが、ちびちゃんをお迎えされた時の記事でした。

当時、一人暮らしだった私は、
miruraさんの記事を読みながら、
猫と暮らすってこんな感じなんだな、
楽しそう、大変そう、
素敵だな、愛しいだろうな‥と、
想像を巡らせていました。
それが生活の一部でした。

今、2匹の猫と暮らしています。
miruraさんのブログがなかったら、
アイちゃんとちびちゃんがいなかったら、
絶対にこの大切な家族と出会えませんでした。

美しい言葉で、猫との生活を綴り、
ブログという形で共有して下さり、
本当にありがとうございました。

ちびちゃん、ありがとう。
いつか会いたいな。

アイちゃん、これからも穏やかに
長生きしてくださいね。

2021-05-21 16:56 │ from みけこ

🐈

ちびジェリ嬢ありがとう

ちびジェリ嬢、頑張って生きてくれたんですね。
いつも、アイシス嬢と一緒にブログを楽しませてくれて本当にありがとう。

ブログを終了された時、何となくどちらか調子が良くないのかな?と思い気にしておりました。

私も愛猫をおくった時はとても辛い気持ちでした。
猫って小さな生き物だけど、長く一緒に暮らすとかけがえのない大切な大きな存在になりますよね。

ちびジェリ嬢
今度、生まれ変わって来る時もmiruraさんのところに現れてあげてくださいね。
本当に本当にありがとう

アイシス嬢
これからも身体に気を付けて、ずっと元気でいてくださいね。

miruraさんも、にゃぱさんも、どうかお身体ご自愛ください。
これからもmiruraファミリー、応援しております。

2021-05-20 00:24 │ from なか

🐈

No title

ご無沙汰してます。
いまTwitterで偶然見つけて知りました。
とても胸が痛い、苦しいです。
ちびちゃんと同い年の我が家の猫娘も
この四月初めに見送ったところでした。
自由気ままにに暮らしてるようでいて、ちゃんと同居人(飼い主)に義理堅いのですよね。どんなによろよろ歩きでも来ようとするの。うちは動物病院で酸素吸引させながら抱っこしたまま逝きました。
ちびちゃんもmiruraさんの顔を見て安心したのかな。。。
退院されてまだ日も浅いかと思います。どうかご自愛下さい。
アイちゃん、ニャパ様の健康もお祈りしています。

2021-05-16 22:43 │ from かえる

🐈

No title

昨日、ジェラルド・バトラーの映画をテレビで観ました。
確か、ちびちゃんの名前は、この方からとったんではなかったかと…

miruraさまのコメントに涙しました。

ちびちゃんは、癒しと楽しさとかわいさと…
たくさん貰いました。
本当にありがとうございました。

2021-05-16 11:46 │ from エンドラ

🐈

No title

Twitterで知ってからショックでショックで…

こちらを覗いてmiruraさんのコメントが書かれてるのを読んで……でも涙でとても読めなくて、
結局3回目くらいでやっと読むことが出来ました

初期の頃からずっと拝見しておりました

未だにショックで……私なんかが泣いてもどうしようもないのに涙が出ます

うちの猫も23歳で、最近目も見えなくなり、この世にサヨナラする日が近いのかもと、日々を大切にと思ってそばにいます

miruraさんが退院されるのを待ってちびちゃんはいってしまったのかなと、その健気さにまた涙が出ます

取り留めもないコメントになってしまいましたが、どうかお身体ご自愛くださいね

2021-05-13 23:12 │ from 純 Edit

🐈

チビちゃんは永遠に

チビちゃん...チビちゃん...
早過ぎるよ...
認めたくなかったけど、ツイートで今のチビちゃんを見て...やっぱり現実なんだなと...
白いもこもこで、可愛くして貰ったのね。

真夏の炎天下で懸命に鳴いて見つけて貰い、ご縁でmiruraさん家の子になって、だからもっともっとゆっくり好きなように楽しく過ごしてくれて良かったのに...
アナタの大好きなmiruraさんが悲しみに暮れているじゃない...

こんなに美しい瞳の色の子を見たことがありませんでした。
アナタにすっかり魅せられ、本当に毎日ブログが楽しみで、それはこれから先もずっと変わりません。
毎日アナタに会いに来ます。
チビちゃん、アナタは本当にmiruraさんのことが好きなんだなあって、もう可愛くて可愛くてね。
私の心の中でもチビちゃんは永遠に☆

2021-05-11 09:17 │ from 撫子

🐈

また会えますように

こちらのブログからから、ツイへと移られましたが、そっとどちらも拝見させていただいておりました。
チビちゃんの投薬がたまに書いてありましたが、それほど大変と思っていなかったので、いきなりという印象でしたが、大変だったんですね。
自分もそうですが、何年たっても悲しさは無くなりませんし、思い出すと涙が出てきます。今はまだ心の整理もつかないでしょうし、お辛いと思います。チビちゃんを思いゆっくりとお過ごしください。
また天国で会えるのを楽しみにできるまで。

アイちゃんのお世話もあると思いますし、ミルラさんの体調もありますし、無理はせずお体をご自愛ください。

チビちゃん。あなたを見て本当の美人(美猫)というのを知りました。奔放というイメージでしたが、現世は楽しかったですか?またミルラさんと会って奔放に生きてくださいね。


2021-05-11 06:46 │ from だいふく

🐈

ありがとうちびちゃん

実は、ちょうどチビちゃんをお迎えした頃から、当時のブログからの読者です。
当時利用されていたブログの関係の仕事をしていたため、それで
アイちゃんのブログを知りました。
小さなちびちゃんをお迎えして、2匹になったんだーって思っていたのがつい最近のことのようです。

よそさまのお宅のコでも、こんなに悲しいんですね。
15年という月日、お写真や動画を眺めさせていただいただけなのに、
こんなにもつらいので、きっとお二人とアイちゃんはさらに…と思います。

うちも数年前1匹看取りました。
しばらく立ち直れなかったのですが、いつまでも悲しんでいると
自分が死んだせいだといつまでも虹の橋に行けないと聞き、
とにかくありがとうという気持ちに切り替えて、今は他の猫たちと暮らしています。このブログも終わりなのですね…おつかれさまでした。

そして、ありがとうございました。
アイちゃんも、お二人もどうかお体ご自愛ください。

この世には遊びにきたと思ってる、このお言葉を胸に
私も猫たちも元気にこれからも生きていきたいと思います。

ちびちゃん、ありがとう。本当にかわいくて癒しでした。

2021-05-10 23:13 │ from R Edit

🐈

ただただ感謝!!

ちびちゃんが亡くなったと知って、しばらく呆然とし、呆けたように数日が過ぎました。アイちゃんだけのときからずっとブログを拝見していたので、勝手ながらほぼ身内の気分でしたので、本当にショックでした。

ミルラさんのコメントを読ませていただき、そんなに長い間、病と戦っていたのか、驚きと共に、それを微塵も感じさせないミルラさんご夫妻との暮らしに感動しました。夫様の溺愛ぶりとミルラさんの大人対応のバランスの中で、本当に幸せに生き切ったちびちゃん。いつもクールな距離感のミルラさんが、これほどまでに《The Cat》に寄せる熱い感情にも感動しました。

ミルラファミリーは、私たちSNS読者に、数えきれないほどの幸せのお裾分けをくださいました。ただただ感謝しかありません。本当にありがとうございました。

最後になりましたが、ちびちゃんのご冥福をお祈りいたします。

2021-05-10 17:03 │ from リセ Edit

🐈

ごめんなさい。

MIRURAさん、お名前を間違えておりました。 頭の中ではMIRURAさんと打っているつもりでしたのに、大変失礼いたしました。
お怒りになりませぬよう、お願いいたします。

ジェリーちゃんのご冥福を祈りつつ、、。

2021-05-10 14:32 │ from 洋子

🐈

あんなちっちゃい子が・・・

虹の橋でも黄泉の国でもどこでもいい。会えるならどこでもいい。
そこに居て私を待つように!絶対そこで待ち合わせ!必ず会いに
行くから!  泣。。。

ミルラさんの言葉は余すところなく訴えてくる、心に直撃された。

よその子なのに、ただただ悲しい。もうすぐ15歳のうちの子を見て
ひたすら、悲しい。

2021-05-10 13:22 │ from kyouko

🐈

美しかったちびちゃん、、、

毎朝 ちびちゃんの鳴き声を聞いてからブログ巡りをしておりました。
”おはよう、ちびちゃん。元気だった?”と。
ところが この四、五日 何か違う、、という想いになっておりました。
まさか ちびちゃんが亡くなっていたとは、、、、、、、、。

MIMURAさん、ご主人様 お辛いですね。 悲しみに沈んでおられる時にコメントをお入れくださって、ありがとうございます!
読ませていただきながら涙が溢れ、止まることがありません。
我が子のように思い、ずっとフォローさせて頂いておりました。

ちびちゃんこと、ジェリーちゃんのご冥福を心よりお祈りいたしております。

どうか MIMURAさん、ご主人様、お身体をご自愛くださいますように、、。 アイちゃんがずっと元気でいてくれますよう祈りつつ、、。

2021-05-10 10:17 │ from 洋子

🐈

神戸から

チビちゃん、今までありがとう
このブログが大好きでした ミルラさんの文章と写真が小気味良く長年かかさず
観ていました 当時ジュルのしっぽとアイとチビが私の癒しでウチの子も拾った子だから親近感もあり写真集も本棚にあります。311の時の後日談を読んで
私も神戸で震災経験してますから鍵かけてた窓が開いてる‼恐さはわかります
ミルラさんの愛情に感動したのを思い出しました
チビちゃんはいつまでも心にいる子ですね 忘れません
いたいけな少女の頃 首を長くしてるところ 父ちゃんいってらっしゃいしてるところ いっぱい大好きな写真ばかりです
ミルラさんの分身?のように思ってました アイちゃん元気でいて下さいね
ミルラさんも入院されてたと書かれてましたから お身体の方大切になさって下さいませ

2021-05-09 16:58 │ from アン

🐈

mirura様

何度かご冥福を…とメールしかけて、挫折しておりました。

こちらへ伺うたびに涙があふれて言葉になりません。

でも、今日は心を決めて…

ちびちゃんの訃報を知ったときは信じられなくて本当に悲しかったです。

傍観者の私でさえ、つらいのにmirura様のご心境はいかばかりでしょう。

体調もすぐれないようなので心配しております。

どうぞ、お身体、ご自愛くださいませ 


ちびちゃん!

楽しい猫生でしたね。

ブログでは楽しませてくれてありがとう!

お空の上で元気に飛び跳ねているのかな。

ずっと、ママとパパ、そしてアイさんを見守って下さいね。




2021-05-09 11:28 │ from セコ Edit

🐈

ありがとうございました

チビちゃんの訃報、驚きました。ご冥福をお祈りいたします。
見るたびに涙してしまい、言葉にするのに数日かかってしまいました。

アイさんだけの頃からずっと読ませていただき、天真爛漫なジェリーさんの登場でこちらに来るのが毎日の楽しみになりました。派生するブログも大好きでした。いつもmiruraさんのそばにいたチビちゃん、最期にmiruraさんに会えてよかった。安心したんでしょうね。miruraさん、にゃぱさん、アイさんの家族で間違いなく幸せだったと思います。

深く美しい瞳をもったチビちゃんのこと、忘れません。
miruraさん、にゃぱさん、どうぞご自愛ください。
本当にありがとうございました。


2021-05-09 06:17 │ from peelk

🐈

!!

嘘ですよね。
久しぶりに美猫さんを拝見しようと思っただけなのに
ジェリさんが旅立たれたなんて…。
あの宝石のような美しい瞳。忘れられません。

いつもmiruraさんのそばに居たジェリさん。
最期もお帰りを待っていたんですね。
お顔見て安心しちゃったのかな?
綺麗にしてもらって、美猫さんのまま送り出してもらって…
きっと何処に居ても輝いているだろうから
すぐに巡り会えるよね。
その時までゆっくり休んで待っていてね。

私もここ数年で愛犬、愛猫を見送りました。
すぐそこに当たり前のようにあった温かい身体が
二度と手の届かない所へ旅立ってしまった…
miruraさんのお気持ちお察し申し上げます。
今はどんな言葉も慰めにはならないと思いますが、
どうかどうかご自愛下さい。
にゃぱさん、アイちゃんもどうぞお身体ご留意下さいませ。

ジェリーさんのご冥福をお祈り申し上げます。

2021-05-08 21:06 │ from renkon

🐈

No title

久しぶりにアイちゃんちびちゃんを見たくて覗いたら…。まさか、ちびちゃんが?ショックで放心状態です。
アイちゃんだけの時から大好きな家族でした。
ちびちゃんは間違いなくmiruraさんを待ってたんですね。猫ってたまにそういうことするそうです。大好きだったんですね。会って安心したんですかね。

ちびちゃんは本当の天使になったんですね。永遠の天使。
ご家族の皆さま、悲しみは大きいことと思いますが、どうかご自愛ください。本当にありがとうございました。

2021-05-08 13:20 │ from ぴろこ

🐈

幸せな猫

可愛がられて幸せな猫でした。
寂しいですが飼い猫として立派な猫生でした。
ふわふわの綺麗なお写真ばかりの記憶が残りました。

2021-05-08 08:44 │ from 一ファン

🐈

ちびちゃんありがとう。

ちびちゃんの訃報驚きました。以前から面白くもかわいい姿を楽しく拝見しておりました。悲しいかぎりです。ご冥福をお祈りします。
mirura様 まだお辛いのにコメントありがとうございます。長く愛情深い家族に大事に育てられて、楽しくこの世を遊びつくされたと思います。
今は虹の橋を探検中して跳びはねてるかな〜
ちびちゃん永遠のアイドルだよ。
 心身お疲れでしょうから、オット様mirura様&アイちゃんお身体ご自愛くださいませ。

2021-05-08 00:27 │ from tenneko

🐈

初期の頃からアイちゃんのファンになりずっと読ませていただいていました。初めてハマった猫ブログでした。
いつもカメラ目線の可愛いアイちゃん、ちっちゃいお転婆ちびちゃんが登場して、たくさんの保護猫さん達も。
アイちゃんを見て(こんなに綺麗な猫さんが・・・)
ちびちゃんを見て(こんなに可愛い猫さんが・・・そして面白い猫さんが・・・)
と感心しながら見ていました。

いつも綺麗に片付いているオシャレなお部屋を見て急に片づけを始めたり、大好きなオペラ座の怪人の話にわくわくしたり、楽しませていただいてありがとうございました。

ちびちゃんが亡くなって1週間。
たくさんの写真を見ているとそんなこと忘れてしまいそうになります。
アイちゃんもちびちゃんもこんなに愛されて幸せですね。
そして、晩年本当に2匹の距離が縮まっていて悲しいのにちょっと笑顔になりました。


以前、元気なうちにブログを辞めると書かれていたことがありましたが、最後のブログのタイミングだったんですね。

もし気が変わって、いつかさりげな~くUPされるかな~と期待したり。

でも今は本当にありがとうございました。
ブログ残してもらえて嬉しいです。
今までもやっていましたが、また遡って見返します。

ツイッターでアイちゃんの姿を見られたら嬉しいです。

miruraさん、にゃぱさん、アイちゃん、見えないけどきっと傍にいるちびちゃん
ブログお疲れさまでした。

2021-05-08 00:15 │ from メイルリ Edit

🐈

No title

チビちゃんの訃報を知った時、信じられず携帯を持ってる手がブルブル震えました。
ようやく喪失感から少しだけ抜け出せてコメントさせていただきます。
ミルラさんのチビちゃんを想うストレートなコメントを今日拝見させていただきました。。また泣きそうになったけれど、ジェリーちゃんはこんなにも深い愛情の中、ミルラ家で過ごすことができた事、心から喜んでいると思います。
本当に本当に美しくて、可愛くて大好きでした。
沢山ありがとう。これからもTwitterでアイぷーを応援させていただきます。ミルラさん、くれぐれもお身体大事になさってください。
ミルラさん、にゃぱさん、アイぷーのコト天国から、見守っていてね、ジェリーちゃん。。
本当にありがとう!

2021-05-07 23:03 │ from りん

🐈

ずっと前からブログを拝見していました。
我が家でmirura家のことが話題に上ることも多く、
ちびちゃんのかわいらしさには本当に癒やされていました。
実はうちの飼い猫も4月25日に18歳と9ヶ月で虹の橋を渡りました。
1年ほど闘病しており、それでも毎日本当にかわいくて。
miruraさんのお気持ちに本当に共感いたします。
きっとちびちゃんはうちの猫とも天国で遊んでくれているのでは
ないかと思い、少し寂しい気持ちが癒えました。

miruraさんもお体にお気をつけて。
今後も無理ない範囲でアイちゃんの様子などツイッターで
お教えいただけると嬉しく思います。

2021-05-07 21:24 │ from maomama Edit

🐈

No title

mirura様のコメントを読んで、またまた大泣きしそうです。ちびちゃん。楽しい時間をありがとう。ブログの中でしたが本当に本当に癒されて、笑わせてもらい、幸せな時間を過ごさせてもらってました。またmirura様のところに遊びに来てね。本当に本当日ありがとう。

2021-05-07 20:37 │ from taka

🐈

ありがとうございました

ミルラさんのコメントを読んで、
また声を上げて泣きました。

大切にしていた家族ですもの。
子どもの頃から何度も愛犬や愛猫を見送ってきましたが、慣れることはありません。

ちびちゃんやアイちゃんを
Twitterやブログでいつも拝見していました。

会ったことのない猫ちゃんですが、
こんなに私達の心に残るちびちゃん。
今までありがとうございましたと伝えたくて、
コメントを初めて残します。

夫さま、アイちゃんもどうかお力落としのないよう、
ご自愛下さいね。

ちびちゃん、また会いましょう。

2021-05-07 19:16 │ from みぃちゃん

🐈

今日ちびちゃんが亡くなったことを知りました。
驚きと悲しみで言葉がありません。
miruraさん、ニャパさんのTwitterを遡り、miruraさんのコメントを拝見し、涙が止まりませんでした。
このコメントを書きながらも涙があふれてきます。

ちびちゃん、あなたに出会えて本当によかった。
ありがとうね。
大好きだったよ。

miruraさん、どうかお体大切になさってください。
ありがとうございました。

2021-05-07 14:31 │ from Ciel

🐈

ありがとうございました

mirura様、

突然の訃報に本当にびっくりしました。
正当派の猫っぽいアイちゃんに対して、ちびちゃんは本当に愛嬌のある猫でしたね。真っ白な毛皮に、丸くなるとアンモナイトのようになる模様、長い手足。特に目の色が本当に奇麗で、ずっと忘れないと思います。
目には見えなくとも、これからもずっとちびちゃんはmiruraさんのそばにいることでしょう。
ちびちゃん、今までありがとう。
miruraさんもどうぞご自愛ください。

2021-05-07 13:31 │ from Luke

🐈

Twitterしていないから
こちらから時々拝見してました
チビちゃんが虹の橋を渡ったと知り
ブログを通してだけだったのに
なぜか涙がこぼれました
miruraさんの体調も大丈夫ですか?
待っていてくれたのですね
我が家の子たちも本当に家族全員をまって
お空に昇りました
ちびちゃん、アイ姐様や父ちゃん、母ちゃんを
ずーっと見守ってね。
アイちゃんもさびしいね
皆様ご自愛ください。
楽しませてくれた思い出を大切にします。

2021-05-07 13:02 │ from シエルまま

🐈

ありがとうございました

miruraさま、コメントありがとうございました。
ブログが終わってしまって寂しかったです。それでも諦めきれずに毎日、ランキングをポチッとしておりました。
ツイッターの方でちびちゃんの訃報を知り、愕然としました。ツイッターは読むだけでアカウントは持っていないので、ツイートはできず、残されていたブログの方にコメントしようかなと思い、コメント欄を見てみたら日々コメントの数が増していました。皆さん、同じ気持ちでいたのですね。そしてmiruraさまからのコメントを発見。嬉しかったです。読んで胸が痛みましたけれど。
私からもちびちゃんのご冥福を心よりお祈りします。
The Cat Who...には多々影響を受けました。横浜のオクトーバーフェストを体験したり、縦長の電気ストーブを購入したり。
長い間、楽しませていただきました。ありがとうございました。
ツイッターはこれからも追いかけさせていただきますね。

2021-05-07 11:00 │ from 雨の日ネコ

🐈

No title

チビちゃんのご冥福を心よりお祈りしています。
一週間経ってしまいましたね。
ミルラさんの入退院にも驚きましたが、その数時間後の訃報にさらに驚き悲しみでいっぱいでした。闘病中だったなんて全く気づきませんでした。お薬の猫生、チビちゃんも投薬する方も(しかも割って…は気を遣いますよね)大変でしたね。
私も虹の橋の話、同じ様な事を思っています。逝ってしまった愛猫に「私が逝ったら必ず見つけてね、って。」と。
チビちゃん 本当にありがとうね。虹の世界でいっぱい遊んでね。夫様 ミルラさん アイちゃんを見守って下さいね。
ミルラさん どうかお身体ご自愛なさって下さいね。



2021-05-07 10:25 │ from ぱせり

🐈

miruraさま、ちびちゃんのご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。

ブログが終わってしまって、とても淋しく思っていました。
ちびちゃんの訃報を知り、とてもびっくりしています。
あいぷーが、2~3歳の頃から毎日ブログを見させていただきました。
走馬灯のように写真・コメント等いろいろな事がグルグルと回っています。
袋の中のジェリちゃん、一番好きな写真です。コメントに「天使が下りて来た」とありましたが最高の写真です。ジェリちゃん、虹の橋を渡って天使になってしまったんですね。miruraさまが、一番お辛い事と思いますが、お身体ご自愛下さいませ。長い間、ありがとうございました。


2021-05-07 06:16 │ from 三匹の犬 Edit

🐈

βのお膝^^;

もちろん、にゃぱβパパさんの肩にも膝にも。
にゃぱ猫愛がどれほど深く畏怖のレヴェルかはもう書かなくてもみんな知っている!
そんな訳で、今の日本は世界はどこに居ても不自由もなく皆が一瞬で繋がれる訳で、長崎編身近猫絵巻をまだまだ期待しています。長く場をいただき大変失礼いたしました。

2021-05-07 02:07 │ from tomotomo2

🐈

ずっと待っているよ

〆の御言葉の後を濁してはと悼み思うのですが、おゆるしください。

miruraさんとジェリ譚がどれほど密に物語を紡いでいたのか、心ある者には誰でも解ったと思います。
突き放すように書いてみても、その胸に宿っていた慈愛。
それがmiruraさんの強さであり、哀しみも超えるご自身への言い聞かせのようなことにも映った自分でした。

「愛が深いほど愛を語らない」
その人生訓のようなものも心に感じさせられたりしたものです。
あの小ささで、あの食事の量で、よくもあそこまで生きたと思うしかありません。そして、お亡くなりになる前のカボチャベッドの毛布のジェリたんは、15歳だと仰られているのに赤ん坊のような寝顔をしているのが不思議過ぎた。
本当に永遠の子ども(赤ちゃん)とは実在するのだと思うほどで、決してオーヴァーな事ではないと思うのです。

猫さんは成猫になればみんな感じも顔立ちも変わる。しかし、ジェリ譚は二年目ぐらいから全く変わらない猫さんだった。。。
永遠というものを思わされる天使。それを改めて思う次第です。

自分も虹物語の人為性には距離が有ったうちの一人なのですが、一つどうしても忘れられないことがあり、母方の祖父母の墓を参った数年前、小山のてっぺんにある小さな墓地で、それまで曇り空で今にも雨が降りそうな鉛色の空だったのに、急に十戒のように空が割れて陽光が差し込んで来たことがありました。
その帰路、車で走っていると、また驚いたことに墓地側の空に二重虹が薄く架かっていたのです。
まさかのような出来事だった。
ただ単に、天候が急変しただけなのかもしれないと解っても、何か空が伝えて来たのかと思ったものでした。
虹というのは、古来、おそらく人間にとってそういう主観的な心情に添って出現することも多かったのかもしれません。

チビはきっとmiruraさんの護符として肩に乗り続けてくれています。
「作家が愛した猫」ではありませんが、<miruraさんが愛した猫>に違いない彼女でした。

みんなみんなmiruraさんのこともジェリ譚のことも忘れない。
どうか自らのご健康回復を努力なさってくださいね。
エジプト幻想の似合うアイシスもきっと彼女の死を理解していると思います。食欲が有っても笑ってジェリ譚のぶんまで愛してあげてくださいませ。

大きな耳、長過ぎたしっぽ、あんなに小さな猫さんなのに、存在が自己主張の愛の塊だった。ご冥福をいつも祈っております。

2021-05-07 01:42 │ from tomotomo

🐈

No title

初期の頃から読んでました。ちびちゃんの不思議な座り姿(座っているのにガニ股?のような姿)が好きでした、小トトロのような寝姿も好きでした。miruraさんとの距離感がまるで女友達のようなそんな雰囲気が好きでした。
アイちゃんとの距離感がなんとももどかしいような、あるよね〜と思いながら見てました。毎回ブログの更新が楽しみでした。
ハラハラドキドキしながら初めてネット注文した本がthe cat who…でした。辛い事があった時ブログを拝見するのが私の密かな癒しでした。
本当にありがとうございました。

2021-05-07 01:39 │ from sabu

🐈

No title

初期の頃から読んでました。ちびちゃんの不思議な座り姿(座っているのにガニ股?のような姿)が好きでした、小トトロのような寝姿も好きでした。miruraさんとの距離感がまるで女友達のようなそんな雰囲気が好きでした。
アイちゃんとの距離感がなんとももどかしいような、あるよね〜と思いながら見てました。毎回ブログの更新が楽しみでした。
ハラハラドキドキしながら初めてネット注文した本がthe cat who…でした。辛い事があった時ブログを拝見するのが私の密かな癒しでした。
本当にありがとうございました。

2021-05-07 01:38 │ from sabu

🐈

ありがとう

miruraさま

大変なときにコメントしてくださってありがとうございます。
どうぞご自愛ください。

ちびちゃんの一報をTwitterで知ったときは、いち読者の自分でさえショックで悲しくて。。
miruraさん、にゃぱねっとさん、アイちゃんが居るお家に来られて、ちびちゃんは
本当に幸せだったろうなと思っています。

虹の橋の部分のお話、分かりすぎます。絶対待ち合わせですよね!
その時がくるまで一時のお別れだと思って…
ちびちゃん ありがとう またね。

2021-05-07 01:14 │ from とん

🐈

ちびちゃん、ありがとう。

ミルラさん コメント欄でちびちゃんのこと書いて下さりありがとうございます。

blogでちびちゃんエピソードで、一番笑ったのは夫様がアイちゃんと上手くいくように猫用ゲージを買ったのに、ちびちゃんが小さすぎて柵の間から「シュルリン」と出てきてしまった動画が一番楽しく衝撃でした。本当に猫は液体というのを実証したちびちゃんでしたね。
我が家の6男坊猫も、ちびちゃんと同じ液体猫でちびちゃんの「シュルリン」と同じことをして「デジャブ!!」と言ってしまった思い出あります。6男坊はちびちゃんと同じ15歳。この先何があるかわかりませんが、ミルラさんがこのブログを残してくれてうちの猫たちの思い出と重なりありがたいです。
ちびちゃん、楽しい思い出をありがとう。ちびちゃんのことは忘れないよ!!
ミルラ様、夫様、アイちゃん、お力落としの無いように。

2021-05-07 00:17 │ from necomata

🐈

初期の頃から読ませていただいてました。…ただただ寂しいです。

2021-05-06 23:59 │ from non

🐈

ちびちゃん ありがとう!

MIRURAさま

コメントを書こうと思っても、書けませんでした。
miruraさんのコメントを、読ませて頂き…泣けました。
100%、ちびちゃんは幸せで、満足して天国に向かったと思います。成仏できたと思います。
miruraさん、お身体ご自愛くださいね。
ジャパさまも、アイちゃんも、早く元気になってください。

心よりお悔み申し上げます。

2021-05-06 23:44 │ from ユメ

🐈

ちびちゃん、本当にありがとう

驚きと悲しみのあまりうまく言葉にできませんが、きれいな横顔、ねじれん坊なポーズ、鈴カステラな寝姿。どこをとってもちびちゃんは気持ちをくすぐられるねこさんでした。

すごいショットの数々をmiruraさんがキャッチできたのはそれだけ近くで日々過ごしていたからですよね。

本当に淋しいことです。心からお悔やみ申し上げます。

2021-05-06 23:09 │ from あやめ

🐈

◆本当にありがとうございました 泣

泣きました、ツイートの数だけ。
泣きました、ブログのコメントの数だけ。
泣きました、アイと呼ぶつもりがうっかり「ちび」と言ってしまった瞬間…

沢山のお悔やみの言葉、本当にありがとうございました。
こんなにもちびは愛されていたのかと。。。
大勢の人からいっぱいいっぱい。。。 泣

この年になって初めての体験でした、飼い猫との別れ。
こんなにも悲しいものなのですね  泣。。。

この15年間、ちびは誰よりも私のそばに居た存在でした。
実際大げさでなく、もしちびがいなかったらとても耐えられ
なかった、どうやって乗り越えたか分からないという時が
何度かありました。それほどに小さなちびの存在が自分には
大きな支えだった。

ちびが本当に健康体だったのは2009年頃まで。それ以降、
どこかしらに不調があり、薬を飲みっぱなしの生涯でした。
普通なら一日一回一錠の投薬で済むところ、体重が軽いので、
一錠の薬を四つに割って四回薬を飲まなければならないことも
多く、それをいかにおやつや食事に上手いこと混ぜて完全に
飲ませるか?食の細いちびゆえ毎回悩まされました。

そんなでしたが、ちびは生涯やんちゃでぴょんぴょん飛び跳ねて
生き切りました。4月半ばには後ろ足がほとんど動かなくなった
のですが、前足だけの力であちこちに飛び乗り、キャットタワーを
登り、生前最後のツイート…ちびがテーブルでPCを見ているような
写真は、亡くなる10日前の撮影です。

亡くなった後、まず私がしたことはちびのシャンプーでした。
鼻先からシッポの先まで洗って歯や口元もすすぎ、ドライヤーを
かけると、さらフワな白い毛に戻り、目をきゅっと閉じてやると、
きれいな顔で静かに眠っているような様子になりました  泣。。。

以前の自分は、「虹の橋」の話がメルヘン過ぎと言うか、おとぎ話
過ぎてあまり好きではありませんでしたが、今となっては虹の橋
でも黄泉の国でもどこでもいい。会えるならどこでもいい。
そこに居て私を待つように!絶対そこで待ち合わせ!必ず会いに
行くから!  泣。。。

すみません、なんとかまとめてみようと思ったんですが、
ちっとも文章がまとまりません。締まりのない終わり方ですが
今は以上で。。。

2021-05-06 22:25 │ from mirura Edit

🐈

No title

ちびちゃん ありがとう。
たくさんありがとう。

びっくりしてショック過ぎて
それしか書けない。

2021-05-04 21:20 │ from 猫田。 Edit

🐈

ありがとうございました

ツイートを拝見して数日、ちびちゃんのとびっきり美しい写真の数々が次から次へと思い浮かんできます。
また、miruraさんのお母様と同居なさっていたとき、ちびちゃんがお玄関までそばに付き添って歩いてあげていたのを見て、驚くほど思慮深いいきものなのだ、と改めて感銘を受けたことも思い出されます。

自分語りで恐縮ですが、私の愛猫も、私の大好きな祖父が亡くなって数日後、旅立ってしまいました。頻繁には会わずとも彼らは仲が良かったので、天国に向かう祖父の足元をトコトコ歩いていく猫の姿を想像して悲しみを紛らしていたものです。ちびちゃんも、今はまたお母様のおそばに付き添っているかもしれませんね。

miruraさん、ご主人様、こんなにも美しいジェリーちゃんの一生を見せてくださり、本当にありがとうございました。アイちゃん、どうぞ末永くお元気でね。

2021-05-04 10:06 │ from MmeM

🐈

ブログの猫ちゃん達に魅了され、ずっと前から拝見しておりました
会ったこともない猫ちゃんなのに
ちびちゃんの訃報に 大きなショックを受けました

ちびちゃんに会いたくてまた ここに来ました。
せつないですけど、思うことで 生き続けるんだと思いました。

miruraさん、じゃぱねっとさん、アイちゃん
どうぞ ご自愛ください。

2021-05-02 21:24 │ from (^_^)/

🐈

もしできるなら…

うちの子とチビちゃんが極似で、勝手に親近感を持って拝見させていただいていました。年も同じ2005年生まれ。多分、うちの子も生まれたのは8月か9月。

だから、切なくて…。
昨日から力が抜けっぱなしでした。

で、朝からチビちゃんが来た頃からのブログを見返してしました。
やんちゃで天真爛漫だったチビちゃん。
たくさん、たくさん見ていたら、少し元気が出てきました。

チビちゃんはここにいる!
いつも元気でここにいる!!

もしできるなら、ブログはずっとこのままに…。
心からそう思いました。

2021-05-02 16:21 │ from コジくー

🐈

本当に楽しかったよ

ジェリーちゃん。

やっぱりまだ信じられません。
だから、ついついこちらにもお邪魔して、
昔の記事を見ています。


いつも、お昼休みにお邪魔するのが本当に楽しみでした。
お洒落なブログで本当に大好きです。

miruraさん。ニャパさん。アイさん。
どうかお身体ご自愛ください。

ジェリーちゃん。またね。

2021-05-02 15:07 │ from こうちゃん達の保護者

🐈

またね。

ブログのコメント欄をお借りします。

ちびちゃん…

魅惑のチューブトップにも、
可憐な白タイツにも、
闇夜を照らすペンライト・テールにも、
もう誰も触れることは出来ないんだね…

ちびちゃんの新しい写真が増えることも、
もう無いんだね…

悲しいし、
さびしいです。

アイちゃん、
猫の1年は人間の4年…と計算すると
60年余り、ちびちゃんと一緒に暮らした訳で…
家のなかから、だんだんと、
ちびちゃんの匂いが薄れていくのは
アイちゃんにとっても
きっと、さびしいんじゃないかなぁ…

miruraさま、
去年から今年にかけて
心も身体もお辛いことが続き…
お察し申し上げます。
どうか、ご自愛ください。

おっとさま、
おっとさまが猫好きで無ければ
ちびちゃんもアイちゃんも
その姿をネットで見ることは出来なかったのだと
思っています。
有り難う御座います。

それでは…
ちびちゃん、
可愛い姿、有り難うね。
またね。

2021-05-02 15:07 │ from めじろ Edit

🐈

ちびちゃん・・・

「しろいねこ」さんでちびちゃんのこと知りました。

The Cat who 私が初めて知った猫ブログでした。
こういう方多いと思います。

十数年読ませていただいてると自分と一緒に年齢を重ねている
ような気がします。

ずっとちびちゃんを見てたから例え本当に会ったことがなくても
自分のうちの子が逝ってしまったように淋しいです・・・

miruraさん、闘病記は書かないとおっしゃってましたね。
そのせいか、ちびちゃんは私の中で永遠に子猫のようです。
童顔できれいなお顔のちびちゃん。

この別れの辛さは何度経験しても慣れることはないですね。
むしろ年齢を重ねるほど悲しくなるような気がします。
miruraさんにゃぱねっとさんアイちゃん、どうかご自愛下さい。

ちびちゃん、本当に楽しい猫生だったね。

ありがとうね。またね。



2021-05-02 14:09 │ from 馬子

🐈

想いは皆様同じなんですね

スマホが無かった頃から素敵な暮らし素敵な文章・写真に魅了され静かに変遷を追いかけていていました。私も横浜、札幌、岐阜と住まいは変わりましたが常に側にありました。心不全で突然愛猫が亡くなった経験があり自問自答した時期もありました。お気持ち察します。皆様はこのブログが好きだったのだろうと思います。SNSも良いですが・・・

2021-05-02 06:12 │ from ちゃま Edit

🐈

心よりお悔やみ申し上げます。

ちびちゃんのご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。

こちらのブログが終わってしまって、寂しいなと思っていたら、まさかのちびちゃんの訃報、びっくりしました。

miruraさんが、退院帰宅した30分後の出来事とのこと…最期の瞬間を、大好きなみなさんに囲まれて旅立たれたことは、ちびちゃんにとって、幸せなことだったと思います。

miruraさん、ご主人、そしてアイちゃんの、ご健康を心よりお祈りしています。

またできたら、ブログ再開していただけたらなあ…

ちびちゃんのご冥福をお祈りいたします。

2021-05-02 01:56 │ from 美和子0913 Edit

🐈

Gerry, the 美少女! Viva The Cat Who!

4/30日のチビちゃんの記事で、この「最後」の投稿の意味が少し分かりました。このブログが始まったかなり初めのころから見させていただいてきました。チビちゃんが虹の橋を渡ったとは今でも信じられないです。でも、最後に一目miruraさんの顔を見るまでと、生きていてくれたんですね。
 長い間、猫2人、人2人の共同生活をシェアしていただき感謝しています。今後もTwitterなどでアイちゃんの応援させていただきます。
 ご自身やニャパさんのご両親の健康に気をつけられて、どうそお健やかな日々をお過ごしください。

2021-05-01 22:43 │ from mayagua

🐈

美少女ちびちゃん

13時に手を合わせ…その後ずっと想い続けていました。
本当に長い間いろいろな出来事で楽ませて頂いたり心配したり…素敵なブログでした。

人間もにゃんずも歳を取ります。
仕方のない事とはいえお別れは辛いです。
いつの日か🌈虹の橋の広場で待っていてくれる沢山の子達と逢える日を楽しみに穏やかな日々を過ごしたいと願います。

ニャパさま、ミルラさん、アイ姐…ご自愛下さいませね。

2021-05-01 22:08 │ from pepe

🐈

ちびちゃんありがとう

 miruraさん にゃぱねっとさんお悔み申しあげます。
 
 長く大切に使われたかぼちゃのベッド。
 ていねいな暮らしぶりが想像できます。
 ちびちゃんはいつも安心して暮らしてきたのでしょうね。

miruraさん お母様とのお別れ、ご自身の入院、 ちびちゃんとのお別れ
 厳しい日々が続きますね。
 どうかお二人とも、ご自身のお体優先でお過ごしください。
 
 私はちびちゃんの写真のなかで、夜、電燈のそばで撮られた写真が
 大好きでした。
 ちびちゃんありがとうね。
 

2021-05-01 21:20 │ from ふう

🐈

ちびちゃんのこと、余りの急なことでおどろきました。
たかがペットされど家族。

2021-05-01 20:10 │ from Hiroshi

🐈

ご冥福をお祈りいたします

miruraさん、にゃぱねっとさん
心よりお悔やみ申し上げます。そして、ありがとうございます。

miruraさんTwitterの写真(ポスター)を秋葉原の有隣堂で初めて見て、「猫ブログ」の存在を知り、ずっとmiruraさんのブログ追っかけでした。
ウチの子2匹(兄妹・姉弟?)も2003年6月生まれ、アイさんと同い年、参考にさせていただくことも共感することも多く、本当にアイさん、ちびちゃんをウチの子と重ねて、見守らせていただいておりました。
2017年2月にショック性急性腎不全で妹?姉?(三毛猫の器量の良い子でした)を見送り、兄?弟?の1匹と夫婦で、4年目を迎えましたが、やはりずっと病院通いの日々であり・・・Twitterを拝見するたび、「アイさんとちびちゃんは元気でいいなぁ♬」と思っておりました。

ちびちゃん、年末から腎不全闘病中だったのですね。全然、気が付きませんでした。そのくらい、相変わらずの美猫・美しく力強い瞳でした。
miruraさん帰宅後、まもなくにご逝去とのこと。待っていたんですね。
ウチの子もそうでした。ホームドクターに「あと1日か2日」と言われて、どうしても夫婦で出かけねばならず、急いで帰宅した後、待ち構えていたように30分後に息を引き取りました。

ちびちゃん、幸せな猫生でしたね。
miruraさんの「猫ブログ界一の美女」とにゃぱさんの「約束は 守れたと思います」からお二人の思いが強く、深く伝わりました。
覚悟をしていても、その時がやがて訪れた時のことは、その時にならないとわかりません。
その時を迎えた時「ウチの子で幸せだった?」と言えるよう・・・お二人のように真摯に猫生に向き合っていきたいと改めて思いました。
どうぞ、お力落としのないよう、ご自愛くださいませ。
アイさん、これからもマイペースでせっかちなちびちゃんの分も長生きしてくださいね!

2021-05-01 13:41 │ from りずぶるママ

🐈

ちびちゃんありがとう

ミルラさんの帰宅を確認してから…
ちびちゃん、とてもよく頑張りましたね…
せっかちに逝ってしまったけども、
せっかちにまたこの世に遊びに戻って欲しい。

おっとりアイちゃん。
あなたはもう少しこの世で遊んでね。

ご冥福をお祈り申し上げます…
ご家族みなさま、体調など崩されませんように…

2021-05-01 12:46 │ from あんこ Edit

🐈

清らの女神よとわに

自分もそう思います。
miruraさんの帰りを絶対に待っていたジェリ譚だったと思う。

横浜で、東京の木々の地で、そして流転の長崎で、miruraさんとずっと一緒だった。miruraさんが育て、miruraさんにずっと添って、もちろんβパパこそは目に入れても痛くない可愛がりようで、夢と孤独(勇気)と愛に、全部添って暮らしたジェリ譚だった。

これほどまでに猫らしく可愛く、存在が愛の猫さんは居ません。
自分の心にどれほどの潤いと変革と生きる縁(よすが)をもたらしてくれた彼女だったかと思います。猫がこんなにも神秘で可愛いものかと知ったことは、ご夫妻の暮らしを覗かせて頂いたことが原点でした。

ジェリ譚ありがとう。本当にありがとう。
どうかパパさんとママさんの人生を見守って、またアイぷ~姉さんの平穏長寿に力を貸してください。

「猫ブログ界一の美女」これは絶対に本当のことです。
自分がそう叫び続けた確信を皆が許してくださると思いたい。美の天使にちがいありませんでした。

今はただただ、安らかにお眠りください。
ご夫妻の悲しみは気丈のゆえに却って深い。それを解ります。
絶句と涙の後にこの旋律が浮かんできたので、烏滸がましく不適切かもしれませんが、その憧れと祈りの心を捧げます。
ジェリたん、どうか安らかに虹の橋を渡ってください。
西の最果ての空に向かって合掌をきっとします。

清らの女神 Gerryたん
s://youtu.be/ppN3QxC4Wag(風になってご夫妻を守ってほしい)
s://youtu.be/SrZPHee7vJM(横浜と長崎の空に響け)
s://youtu.be/_Rqehj4pC1g(魂よ永遠に)

2021-05-01 03:15 │ from tomotomo Edit

🐈

美しいちびちゃん

美しい翠の、九寨溝の瞳のジェリーさん
本当にありがとう

ミルラさん、にゃぱさんどうかご自愛ください。

2021-05-01 03:04 │ from kz

🐈

ありがとう

ちびちゃん、ジェリーちゃんありがとうありがとう
ありがとね

2021-05-01 01:50 │ from (^_^)/

🐈

ジェリーちゃん、ずっと忘れないよ

ただただ驚いております。
miruraさんの帰りを待ってたんですね。
悲しくて悲しくてたまらない。

今日13時、西の空に向かって合掌します。
ジェリーちゃん、ゆっくりおやすみしてね。

miruraさん、にゃぱさん、どうかお身体ご自愛ください。
アイちゃんを宜しくお願いします。

2021-05-01 01:32 │ from リシュー

🐈

涙で前が見えない

  妹よりGerryたんの訃報を聞きショックです(現在も
  ああ でもmiruraさまのお帰りを待っていたんだなとか
  愛らしい容姿のまま旅立ったのねとぐるぐる気持ちが・・・(´-ω-`)

  ただのファンでこの調子では おっと様はもちろん
  愛しんで育てて一緒に暮らしてきたmiruraさまが心配な限り

  どうぞお身体もお心も ただただ大切になさってください
  Gerryたんはmiruraさまが大好きなので
  miruraさまがお元気であること 願ってると思います

  Gerryたんには ありがとうです
  神様に「こんなにたくさんの人間 幸せにしてきた」と功績を誇ってね

2021-05-01 00:29 │ from mamesibori Edit

🐈

ジェリーありがとう!

Twitterでは別の名前ですでにお悔やみを言いましたが、長年見てきたこちらにも一言お礼を言いたくて。
miruraさん、にゃぱねっとさん、長い間ジェリーちゃんを愛し育ててくださり本当に有難うございました。
筆しっぽが可愛いジェリー、年をとっても仔猫の愛らしさが残っていましたね。いつも私を癒やしてくれてありがとう。ゆっくり休んでね。みんなを見守ってね。

2021-04-30 23:48 │ from hana

🐈

いつまでも忘れない

twitterのアカウントを持っていないのでこちらへ参りました。
ジェリちゃんの旅立ち、心よりお悔やみ申し上げます。
初めてこちらのブログを知ったのが16年ほど前でした。まだ若いアイちゃんが可愛らしくて毎日楽しみでした。そして妹分のジェリちゃんも加わり真夜中の運動会、保護された子猫ちゃん、東京、長崎へのお引越したくさんの出来事を自分のことのように感じておりました。
miruraさんとにゃぱさん、アイちゃんの愛情に包まれて幸せな猫生でしたよね。
願わくば、もっともっとながーいしっぽやバドガールのような姿を見せてほしかったけれど、これからは虹の橋支部で活躍するのですね。遊びにきていたこの世からお空の上へ瞳をキラキラさせて羽ばたいていくのだと思います。
miruraさんもにゃぱさんも、どうかご自愛くださいませ。
ジェリちゃん、よく頑張りましたね。お空からみんなを見守ってくださいね。
ありがとう、合掌

2021-04-30 23:46 │ from にゃんこまま

🐈

ありがとうジェリ譚

今知って、絶句。泣いています。
それしか言えない。

2021-04-30 23:39 │ from tomotomo Edit

🐈

お空に行ったんですね

ジェリーさん、またねと言ってたのに…。
何だか涙が止まらないよ。

虹の橋を渡ったら、うちの銀ちゃんとみゅうとふーちゃんと一緒に遊んでくださいね。
本当に本当に安らかにね…。

miruraさん、ありがとうございました。
お体、大事にしてくださいね。

2021-04-30 22:52 │ from にゃんず7

🐈

Twitterを拝見しました。

miruraさんがこんなにストレートにちびちゃんを讃美されるのを初めて拝見しました。
愛情を露呈することをセーブすることでアイちゃんチビちゃんの魅力が際立っていたように、
見送りの言葉が「随一の美女」と力強く誇らかなことが、
miruraさんのお心のうちの哀切さを表しているかのように感じます。

猫界にあまたの美猫あれど、ちびちゃんは間違いなく別格の麗しさ。
ご夫妻に大切にされ、miruraさんとちゃんとお別れもできて、
本当に幸せな一生であったことは間違いなし。

お寂しい中わざわざのご報告、本当にありがたく思います。
マグカップと湯呑み、毎日使っています。
これからも大切に使い続けます。

どうぞご夫妻もアイちゃんもご自愛の上お過ごしください。

2021-04-30 22:33 │ from mayu

🐈

No title

ちびちゃん、miruraさんを待っていたのですね。
どうぞ安らかに。ちびちゃんのことだから、虹の橋を軽やかに渡っているでしょうか。miruraさん、お体をお大切になさってください。おっとさん、アイちゃんとともにどうかお元気で。

2021-04-30 22:23 │ from くわい

🐈

ちび死んだのか。なんか悲しくて寂しい。

2021-04-30 21:25 │ from 通りすがり

🐈

No title

ちびちゃん、幼顔のまま、旅立ったんですね。また戻ってきてね!

2021-04-30 20:52 │ from ななな

🐈

驚いております。

Twitterをしておりませんので、こちらで失礼いたします。

たくさんたくさん愛されて、たくさんたくさん遊んで。
永遠の美女で美少女なジェリーちゃん。
いつも幸せな気持ちをもらっていました。
本当にありがとう。

ミルラ様、おっと様
猫たちとの別れを私も経験してきましたが、こういうときには本当におかけする言葉が見つかりません。

どうぞ、くれぐれもご自愛ください。

2021-04-30 20:29 │ from 南国猫 Edit

🐈

twitterをしていないので、こちらにコメントさせていただきます。

miruraさんがご入院されていたことをおっと様のtwitterで知り
本当に心配していました。
今日ご退院だという事で安心していたのに、ジェリーちゃんが
この世を去ってしまっただなんて・・・。本当にショックです。

ジェリーちゃんの事、ブログを通して色々とお伝えくださって、
本当にありがとうございました。
おっと様とmirura様のところにやってきたジェリーちゃん、
幸せな猫生だったと思います。

miruraさんご自身もお体がお辛いでしょうから、
どうかご無理をなさいませんように。

2021-04-30 19:30 │ from ねこ好き

🐈

ありがとうございました。

お二人の胸中を想うと、なんと言っていいのかわかりませんが……。
ありがとうございました。
そして、ちびちゃんのご冥福をお祈りします。
miruraさんを待ってたんですね。

うちの子はちびちゃんの2歳下で、猫のことをもっと知りたいと検索していてブログに出会いました。
以来、楽しみに拝見していました。
うちの子は4年前に虹の橋を渡り、ずいぶん早く逝ってしまいましたが、ちびちゃんやアイちゃんの姿にずいぶん慰められました。

ありがとうございました。


2021-04-30 19:01 │ from 花

🐈

なぜ…😭

ミルラさんの入院にビックリしていたら…ちびちゃん🌈
美魔女ネコさんでしたね💝
動揺が押さえられません…
心よりお悔やみ申し上げます…しかし早いよ😭

2021-04-30 18:56 │ from pepe

🐈

(twitterをしていないのでこちらに)
ジェリーちゃんの訃報にびっくりしました。ジェリーちゃんの「申し訳ありませんの?」のセリフが大好きでした。お力落としのことと存じますが くれぐれもご自愛ください。

うちも昨年妹猫の方が13歳になったばかりでなくなりました。今アイちゃんと誕生日が1日違いの兄猫が18歳で頑張っています。

2021-04-30 18:16 │ from (^_^)/ Edit

🐈

ちびちゃん

え…
ちびちゃん…
ショックで、何と言ったらいいのか。
miruraさまが、帰ってくるのを待っていたの?
ちびちゃん…逝ってしまうのが、早すぎます…

2021-04-30 18:13 │ from エンドラ Edit

🐈

大好きなブログでした。
本も時々眺めてます。
ジェリーちゃんが可愛くて、うちの子を迎える時に似てる柄で嬉しくなったり。
アイちゃんが子供の頃に飼っていた子にそっくりで。
ここでずっと元気をもらってました。
 
miruraさんもご家族様もお元気で。
長い間ありがとうございました。

2021-04-30 11:07 │ from うり Edit

🐈

今までありがとうございました。

1番好きな猫blogでした。
カレンダーや本も買って、今でも私の宝物です。
可愛いアイちゃんにちびちゃん。
ずっと元気でね。miruraさんもずっとお元気で。
今までありがとうございました。

2021-04-19 21:02 │ from menmen

🐈

今こそ 永遠

「猫は最後の挨拶をする」、寂しくて、コメントを書けないでおりました。
毎日、とにかくぼちぼち押して、30番以内にいるようにと思ってます。
直ぐに、アイちゃん、チビちゃんにあえるように!

お疲れさまでした!
17年間ということは、私が60歳の時からですね。
友達から猫好きなら「はっちゃん」を観てと言われて、猫ブログを観はじめ、夫さまのブログも、今でも覗いています。あいちゃん、チビちゃん、二代目梅ちゃんにも会えるので。

お元気で!
私も喜寿ですが、まだまだ元気で楽しんでいきたいと思います。人生100年の先輩方が、周りに大勢いらっしゃいますので。
「いまこそ 永遠」

2021-04-19 10:27 │ from 愛

🐈

◆mamesiboriさんへ

ありがとうございます♪
(微量ながら年々体重が増えている…)

2021-04-14 11:07 │ from mirura Edit

🐈

こっそり

  アイちゃんの誕生日 おめでとうございます!
  (* ̄∇ ̄)ノ 元気でいてくれて嬉しい♪

2021-04-13 21:36 │ from mamesibori Edit

🐈

心からの感謝を込めて

最後の記事のコメント欄を見た時、本当に涙ぐみました。
更新することも稀になったいたこのブログを、今でも
こんなに大勢の方が見ていて下さったのかと…(泣)

過去に何度か書いてきたように、ここで猫らの
闘病記や訃報を書くつもりはありません。
このブログでは未来永劫ふたりは元気な姿のみです。

「猫は最後の挨拶をする」
最後をこのタイトルで締めようと決めたのは、まだ
ブログを初めてまだ間もない頃のこと。尤も当時は
四季一巡したらネタも尽き、一年位で飽きて止める
だろうと思っていたんですが(苦笑)

最後の記事に貼る写真は今年の写真だけにする予定
だったのに、写真を選んでいるうちに17年という
“時間”を並べてみたくなり、結果、こういう形を
取りました(目が疲れる貼り方をしてしまった💦)

やはりこうやって並べると、最初の数年の写真は
前世の記憶か、昔見た夢のようにおぼろげで遠い。
その事象に感情が伴わず、ただデータとしてのみ
記憶されているようでもある・・・・

猫と己の身体の変化(両肩五十肩になるとは…)
生活環境の変化(猫連れで九州に引っ越すとは)
撮影機材の変化(or進化)
ブログを見るツールの変化(17年前はPCメイン)

そして、17年前は想像もしなかった昨今の世界。

改めて、17年という時間の長さを思い知った次第…

もはや来年の今頃、自分がどこでどうしているのか
よくわかりませんが、まあ、そんなもんだろうと
あまり驚かなくなりました。トシのせいかしら😅


長年、このブログを見て下さった方には
心からの感謝の言葉しかありせん。
🐾アイ🐾ちびを可愛がって下さり、
本当ありがとうございました。

2021-04-11 18:11 │ from mirura Edit

🐈

残念です、でも心からお礼を。

今頃気づいてコメントしています。
こちらのブログであいちゃんを見て、当時はうちのな~ちゃんとそっくりな子見つけた!(今思えば、色具合も違うから似てないけど、初めて猫を飼ったもので似てると思っていましたね^^;)と楽しみにしていて、miruraさんのブログがきっかけで自分もブログをはじめました。
そのな~ちゃんも年末に17歳でお空にいってしまいました。
保護猫ばかり計5匹で長年くらしていましたが、4匹に。
いろんなこと恐れ多くも参考にさせていただいたり、あいちゃんとチビちゃんがとってもとっても可愛くて大ファンでした。
お疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。
私のブログがあるのも、こちらのブログのおかげです。
また、気が向いたら是非^^

2021-03-27 04:15 │ from な~こ Edit

🐈

感謝です

いつかは迎える最後のとき
miruraさまは本来なら10年前 未曾有の震災がなければ終わられるつもりを癒しの燈火として続けて下さったのですね。

たくさんの感謝と尊敬を miruraさま おっと様 アイちゃん&Gerryたん そしてお二人に救われた猫ちゃんたちのお幸せをもお祈りします。

miruraさまの才能とセンスあふれる文章がきらめいて大好きです。
悲しいそして残念ですが・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

2021-03-11 21:45 │ from mamesibori Edit

🐈

原点に位置するほどの偉業でした

このブログが自分の中の猫愛の原点でした。
今の自分の猫愛が在るのはmiruraさんとにゃぱ「おっと」さんの家系図が拡がり行く「あの時代」あってのことと懐かしんでいます。
何事も始まりが有れば終わりがあるものです。でも永遠と思っていた故郷が廃村になるような悲しみと惜別の思いで、今は最高の賛辞を書けないです。
ただただありがとう。ただただ愛おしかった。ただただ愉快だった。
そしてただただ洒落ていた。お料理も猫生活の彩りであっぱれの技量!
猫ブログ界の原点に刻印されるご夫妻の猫綴り偉業に思いを馳せながら、西の最果ての地に思いを馳せております。
蝶々夫人はピンカートンと悲恋哀切を歌いましたが、永遠に日本で語り継がれる情緒歴史絵巻に違いありません。ザキャフーも猫ブログ界のそんな永遠性がどこかに漂う感じ。
どうかお元気で、訥々の上にも楽しんでどこに居られても命を謳歌して欲しいです。本当に本当にありがとうございました!
コプトの地のⲠⲟⲩⲃⲁⲥϯプバスティの猫女神バステトがきっとmiruraさんの育まれた二猫を日本猫愛史に刻んでくださることでしょう!

2021-03-03 03:38 │ from tomotomo Edit

🐈

ブログ終了に泣きましたが、Twitterでmiruraさんとご主人のにゃぱねっとさんをフォローしているので、そちらで楽しませて頂いています。このブログを残してくださって有難うございます。いつかきっとまたこちらで会えることを願っています。お体、ご自愛ください。

2021-03-01 21:20 │ from hana

🐈

No title

久々にブログを訪れてタイトルにドキッとしました。アイちゃんとチビちゃんは元気なようでホッ。
猫の写真はもちろん、料理の写真やお引越しの様子、介護の大変さなど沢山の興味ある記事で毎回読むのが楽しみでした。1番好きな記事は毎年のオクトーバーフェス!読みながら「いつか必ず行くぞー!」と思ったものです。気持ちがモヤモヤした時は読むと元気になるんですよ(^^)
長い間、素敵なブログをありがとうございます。

2021-02-27 07:44 │ from はるもか

🐈

たぶん2005年頃からずっとお邪魔しています。
ここでmiruraさんのセンスで光り輝くアイシスさんとジェリーさんをみるのが楽しみでした。
写真集も持ってます。
時はうつりゆくものですね。
「一応」とのことなので、またブログでもいつかお目にかかれることを!

2021-02-24 22:03 │ from 一ファンとして Edit

🐈

お体、大丈夫ですか。
どうか無理をなさらないでくださいね。
穏やかな日常を願っております。

2021-02-23 16:36 │ from ふう

🐈

ありがとうございました!

時の流れを感じてしまいとても寂しいです。
初期の頃から拝見していました。ここを残してくださり感謝です。


Twitterでお写真拝見できるのを楽しみにしてます。


2021-02-23 16:28 │ from miyu

🐈

お礼申し上げます。

アラ還女子です。
2週間ほど前に、
このコメント欄で
「いつかtwitterで、
オーロラちゃんのお顔を…」と、
おねだり(?)した者です。

私はtwitterをやっていないので、
こちらのコメント欄に書かせて下さい。

miruraさんのtwitterを拝見しました。
オーロラちゃんの写真を載せて下さって、
有り難う御座います。
跳びあがって喜ぶ、と言いますが、
本当に、思わず椅子から立ち上がって
「あ~‼(嬉)」と声が出ました。

そして、
いまmiruraさんが
同じ関東の空の下にいらっしゃることが、
何とも子ども染みているのですが、
嬉しくてなりません。

「訳あって上京」とのこと。
その「訳」が、
miruraさんにとって
嬉しく楽しいもので有りますよう、
念じております。

2021-02-21 21:07 │ from めじろ@エボシライン

🐈

コメントご無沙汰しておりました。
久方ぶりにブログを訪問してみましたら。。。
思い起こせば、17前、【生・ナマ】な生き物が苦手になった私が、人間関係疲弊から猫を向かい入れたのを機に、今では猫のいない生活など考えられないくらいに(苦笑)
The cat who アイとちび マンションのふたり猫の本は今も本棚にあります。
miruraさんの綴る写真、ワードセンスに長けた文章、お料理、室内の設え等々、ずっとずっと魅力され続けておりましたよ、わたくし。
本当にありがとうございました。

2021-02-21 12:01 │ from かえる

🐈

コメントご無沙汰しておりました。
久方ぶりにブログを訪問してみましたら。。。
思い起こせば、17前、【生・ナマ】な生き物が苦手になった私が、人間関係疲弊から猫を向かい入れたのを機に、今では猫のいない生活など考えられないくらいに(苦笑)
The cat who アイとちび マンションのふたり猫の本は今も本棚にあります。
miruraさんの綴る写真、ワードセンスに長けた文章、お料理、室内の設え等々、ずっとずっと魅力され続けておりましたよ、わたくし。
本当にありがとうございました。

2021-02-21 10:59 │ from かえる

🐈

ありがとうございました

毎回「さすが!」と思う、写真、文章、構成…。品があり、センス、ユーモアがあり、miruraさんの感受性の豊かさ、繊細さ、教養の高さが映し出されていたと思います。(表現が生意気ですが)完成度が高いと言いましょうか、別世界へいざなってくれる魔力のようなものさえ感じ、楽しませて頂きました。支えて頂きました、が正しいのかも、私にとっては。

2021-02-20 09:45 │ from るっち

🐈

ありがとうございました

猫ブログの中でいちばん好きなブログです。
miruraさんとアイさん、ジェリーさんの距離感、楽しい文章、片付いた美しいキッチン、
外国や料理のお話。。。とても刺激と影響を受けました。
そして我が家にもシニアの女子猫が二匹いるので、艶々で美しい大先輩に勇気をもらっていました。
長い間楽しませていただき本当にありがとうございました。
またどこかでお目にかかれることを願って。

2021-02-17 16:57 │ from mogyamo

🐈

ありがとうございました

コメントは何年もご無沙汰しておりましたが、横浜にいらっしゃる頃から変わらず記事は毎回大変楽しみにさせていただいておりました。
素敵なお部屋に憧れていました。

私自身も親の介護で大変な時期もありましたが今は両親も夫の父も亡くなり環境が変わりさみしくなり、当時をとても懐かしく思い出しています。

ショックで涙が止まりません。本当に本当にありがとうございました。
出版された本は大事に大事にさせていただいております。

たくさんの猫さんを保護され卒業させてあげて幸せにされましたね。
ご夫婦共に本当に素敵で優しい方だと思います。

身勝手ですが私も少し期待をしてしまっています。

ブログを残していただけてとてもうれしいです。

どうかご自愛くださりお元気でお過ごしくださいね。
アイちゃんちびちゃんありがとう。

2021-02-17 15:49 │ from 赤いふうせん

🐈

ありがとうございました

思い出がいっぱいです。

2021-02-15 18:31 │ from ぽんすけ

🐈

感謝です

いつかお礼を申し上げたいと思いつつ、ブログが(とりあえず)最後と知り、遅ればせながら初めてのコメントとなりました。当家の初代の猫が亡くなり、miruraさんのコメントやアイシスさんに癒されながらも、仕事から家に帰ると涙涙の日々を過ごしていた時、こちらのブログがランキング第一位となり、雑誌「クレア」で取り上げられるご案内がありました。miruraさんが猫とのエピソードならまだ応募間に合いますよ~とブログの中でおしゃった一言に背中を押され、先代猫との出会いを書きまとめ送ったところ、最優秀賞で載せていただきました。そのエピソードを書いたことで、先代猫との別れを乗り越えることができました。その後3匹の猫たちを迎い入れることもできました。私たちの年齢を考えるともう子猫から育てることは難しいと思いつつ、16歳になった寝てばかりいる最後の一匹のお世話をしています。本当にmiruraさんご夫妻、アイシスさん、ジェリーちゃんそして保護された猫さんたちには元気をいただいてきました。本当に本当にありがとうございました。

2021-02-13 20:57 │ from sumoankina Edit

🐈

本当に、振り返っていただくと長い間アイちゃん・ジュリちゃんの可愛いかったり、面白かったり、くつろいでたりと、たくさん・た~くさん見せて頂いておりました。寂しいけれど、ありがとうございました。私もとりあえずに期待してます。

2021-02-12 16:53 │ from みけねこみーたん

🐈

ありがとうを伝えたくて、、

言葉にならず。号泣デス。。

2021-02-12 13:17 │ from nobi Edit

🐈

ついに。。

ジェリーちゃんが家族になった頃からになります。途中、新たな猫ブログを見つけては見なくなったりして、唯一こちらにはお邪魔しておりました。
猫ちゃんとの掛け合いにすごく癒やされ、でも一番に惹きつけられたのは文章です。
寂しくはなりますが、そんなときは何度も読み返したい珠玉のブログだと思ってます。
長期に渡って楽しませてくださり、本当にありがとう御座いました!

2021-02-11 00:44 │ from ケイ

🐈

ありがとうございました。

ブログを見始めたのはこちらのブログからでした。
きれいな猫達、整頓された部屋、美味しそうなお料理、どれも楽しませてもらいました。
タイトル見て半泣き。 内容読んで、あぁ・・・。
いつか来るであろうブログ終了の日が来てしまった。
寂しいですけど miruraさん達のご事情、お考えがありますから。
いつも素敵な写真を見せてくれてありがとうございました!
ブログ残しておいてもらえるて嬉しいです。
皆さんお元気で。

2021-02-09 23:17 │ from ねことら

🐈

え・・そうだったんですね。最後の記事が・・妙なタイトルだと思いながら読みました。
ほとんどコメントはせずに陰ながら、おしゃれで楽しいイラストやコメント、猫さん達との
自然な生活感を拝見させていただきました。思えばとても長い間・・・
パソコンを買ったのは2006年。それ以降、他所様のお宅の猫さんを、あちこちのブログで
見る事が唯一の楽しみになり・・ 色んなネコさんとのお別れもあり・・
でも、こちらのアイさんとチビちゃんはいつまでもきれいで若い美猫さん・・と思いながら、
この記事のタイトルで一瞬不安になりました!・・ 違って良かったです!!
・・でも、なんだか寂しいです。シクシク・・(;_:)

miruraさんご一家と猫さん達がずっと幸せでありますよう願っております。
長い間ありがとうございました。お元気で・・

2021-02-09 19:41 │ from 名無しです

🐈

遠くない将来こんな日が来ることは覚悟していたつもりでしたが、実際訪れるとやっぱり寂しいものですね。

雑誌の猫特集に載っていたアイちゃんに一目惚れしてからどっぷり猫好きになり、紹介されていたこちらのブログを拝見するのが日課になっていました。
アイちゃんちびちゃんの愛らしさ、miruraさんの写真の美しさ、クスっと笑える写真のチョイス、言葉、そしてそれらをまとめる文章の秀逸さ。とっても大好きでした。

miruraさんご夫婦、アイちゃんちびちゃんの幸せを心から願っています。

いつかまた会える日が来ることを夢見つつ。
長い間、本当にありがとうございました。







2021-02-09 16:44 │ from Ciel

🐈

ありがとうございました

とうとうこの日がやってきましたか・・・。寂しいです。
ブログ開設当初から拝見しております。
素敵な写真はもちろん,何よりmiruraさんの知的でユーモアに満ちた文章の大ファンです。
表情豊かなアイちゃん,チビちゃんの美しさ,可愛さに癒やされ,miruraさんの秀逸なアテレコに何度笑ったことか。
ご家族のお話などは,共感を覚えるところもあり,励みにもなりました。
終わってしまいますが,これからも一番好きな猫ブログ。残して頂けるとのこと,嬉しいです。ちょいちょい,遊びに来たいと思います。
長い間,本当に有り難うございました。

2021-02-09 13:46 │ from mimi

🐈

最初に見た猫ブログ

寂しいです。わたしの猫ブログのスタートはアイシスちゃんからです。
大好きな少女漫画「王家の紋章」の誇り高い女王アイシスの名前を持ったうつくしい猫さん。しかも我が家の女王猫と同じキジトラで雰囲気も似てました。
ミルラさんの文章のセンスに感心しながらステキな猫たち写真を楽しませてもらってました。子猫だった子達がみんなシニアになり、お星様になったり月日の過ぎ行くのは本当に早いけど、その時間は一生の宝物です。長い間ありがとうございました。

2021-02-08 16:08 │ from アンジェラ Edit

🐈

さみしいです

はじめまして。雑誌に掲載されていたジェリーちゃんに一目惚れをして、ブログを拝見するようになりました。いつかコメントを書こうと思いながら月日が流れました。今、タイトルを見ただけで涙しています。長い間ありがとうございました。miruraさんご一家の幸せをずっとこれからも祈っています。
そして、またお会い出来ますように…

2021-02-08 10:34 │ from リベラ

🐈

mirura様のイラストが大好きです。
横浜の風景、素敵なお部屋や美味しそうなお料理 憧れました。
初めて、なが~~く愛読させていただいたブログです。

ありがとうございました。
また、初めから楽しませていただきます。
いつか終わりの来ることはわかっていても、いざ終わりが来ると
ビックリしてドキドキして、んんんって感じです。

mirura様 ニャパ様、あい姐様、ジェリ姫様、梅ちゃん、りん君
み~んな大好きです。
アリガトーーーー💛

2021-02-08 10:19 │ from catboy-d

🐈

ありがとうございました。

ブログを見始めたのはこちらのブログからでした。
きれいな猫達、整頓された部屋、美味しそうなお料理、どれも楽しませてもらいました。
タイトル見て半泣き。 内容読んで、あぁ・・・。
いつか来るであろうブログ終了の日が来てしまった。
寂しいですけど miruraさん達のご事情、お考えがありますから。
いつも素敵な写真を見せてくれてありがとうございました!
ブログ残しておいてもらえるて嬉しいです。
皆さんお元気で。

2021-02-07 22:30 │ from ねことら

🐈

楽しませてもらいました

ずっとブログ楽しみにしていました。ありがとうございました。続きを待ちたいですが、色々考えられての終了なのでしょう。お疲れさまでした。もう一度、ありがとうございました。

2021-02-07 16:14 │ from 人魚姫

🐈

miruraさんにゃぱさん、長い間ありがとうございました。
娘夫婦のように思い、毎日見せていただいていました。おふたりのおしゃれな横浜ライフ、東京の郊外、そして思いもかけない長崎移住!miruraさん大丈夫かと毎日心配していました^^西のはて?の海のすてきな景色にもにゃぱさん
ありがとう!梅ちゃんをmiruraさんのカメラで沢山見たかったのが残念!
これからはTwitterでね^^
ありがとう!

2021-02-07 14:17 │ from モグババ

🐈

コメントを入力ください

2021-02-07 14:04 │ from mogibaba

🐈

これからもお元気で!

横浜在住で、みなとみらいには良く行くので生活圏が近いなーと親近感を
持っていました。
Twitterの方ではこれからもお会いできますよね?

2021-02-07 00:31 │ from 新月

🐈

お疲れさまでした

桃ちゃんの頃から拝見させて頂きました。
ミルラさんの文章、2ニャンの仕草、夫さんを猫への愛情どれも癒やされました。
時々出てくる横浜赤レンガ倉庫やビール、朝ドラの話も好きでした。
私は2016年に東京から福岡ヘ移住したのですが、ミルラさん一家も九州に移られたので勝手に親近感を持たせていただきました。
最後まで2ニャンの元気な姿を見れて良かった。
本当にありがとうございました!

2021-02-07 00:25 │ from そら

🐈

thanks

コメントを入力ください猫かわいい
写真キレイ
ありがと

2021-02-06 21:43 │ from boko

🐈

心からの感謝を。

2005年か2006年からお邪魔しています。ウィットに富んだ内容と素敵な写真に魅了され、初めてフォローしたブログです。
15年間で我が家のCatsも顔ぶれが変わりました。
4歳の末娘は、ジェリーちゃんを少し大きくしてちょっとファニーフェイスにしたキジ白。瞳の色がジェリーちゃんと同じです。先住猫がいたので、やはり本名より「ちび」「ちいぼう」と呼ばれるほうが多いのも同じ。
長いこと楽しませていただき、本当にありがとうございました。
miruraさん、にゃぱねっとさん、アイちゃん、ジェリーちゃん、末永くお元気で!!

2021-02-06 21:17 │ from ゆずこしょう

🐈

ありがとうございました

ああそうなんだなぁ…
ここ数年、長年読ませていただいたブログの猫さまが旅立たれることご多く、寂しく感じていました。
そして今度は素敵なブログが終わります。
でも、リアルでは猫さま達の物語は続きますね。
ジェリーさんの、先の白いシッポが好きでした。
とても可愛らしく、何か特別な理由があるような神秘さがあって。
どうかいつまでも幸せで居てください。
ありがとうございました。

2021-02-06 21:10 │ from はなっち Edit

🐈

初コメントです

正直寂しいです。
楽しく拝見していました。ありがとうございました。

2021-02-06 20:13 │ from ととろ

🐈

ありがとうございました

ちびちゃんがミルラさんのところ来た時からずっとブログを楽しみに読ませていただいてました。
猫が大好きな私は、父親が動物嫌いで飼えず、結婚してからも転勤族て飼えませんでした。
やっと転勤もなくなり飼えるマンションに引越をして保護猫を引き取りました。
なんの因果か、にゃぱさんが通っていた動物病院の保護猫を引き取ったと気付いたのは少し経ってからでしたが、ミルラさんのブログが母娘大好きだったので、とても嬉しく思いました。
ブログが終わるのは前に予告があったので覚悟はしてましたが、仕事に行く前に事実を知ってしまったのでかなりショックを受けました。
今まで私の生活の一部にまでなっていたミルラさんのブログです。今は感謝しかありません。
本当にありがとうございました。

2021-02-06 19:46 │ from りんママ

🐈

では、また。

アラ還女子(え?)です。

miruraさん、
まずは3つ、お礼を言わせてください。
ひとつめは、アイちゃんちびちゃんとの日常を、
miruraさんのサラリとしたユーモアで編んで、
見せてくださったこと。
ふたつめは、ブログを閉じる(とりあえず)挨拶を
してくださったこと。
何か急なことでも起きたのか…と
気を揉みっぱなしにならずに済みます。
みっつめは、ブログを残してくださること。
miruraさん御夫妻と猫嬢たちの、
横浜時代からの16年が、
もし削除されてしまうなら…
何よりも、「勿体ない」!

そして、
コロナが落ち着いて
またオーロラちゃんに会う(?)日が来たら、
Twitterでオーロラちゃんのお顔を見せてください。
ひとりで御留守番をしているオーロラちゃんが
気掛かりなのです。

つい長文になってしまいました。
ごめんなさい。
miruraさんの、(とりあえず)に
一縷の望みを託して…
では、また。

2021-02-06 19:40 │ from めじろ

🐈

淋しいです

初めてコメントします。
でもずっとずっと前からブログは見てました。
初めて猫ブログをみたのがこちらのブログでした。
あれから何年経ったのか…?
miruraさん家も色々環境が変わり、私を含め人間も猫も年齢を重ねて行きましたね😊
更新は減ってたけど毎回必ず更新されてるか楽しみにしてました。
いや~、淋しいですよ…
アイちゃん、ちびちゃん、miruraさん旦那さん、どうかお元気で!
そしてたま~にでいいのでまたアイちゃん、ちびちゃんに会いたいです。
今まで楽しい時間をありがとうございました💞

2021-02-06 19:10 │ from 馬子

🐈

大好きなブログでした。
投稿回数も徐々に減ってきていたので近いうちにやめられるのかなぁ
と、なんとなく思っていました。
楽しい時間をありがとうございました😊

2021-02-06 16:36 │ from どら猫 Edit

🐈

ありがとうございました

横浜線沿いにひっそり生息している者です。
横浜のことや興味ある対象が重なることが多く
ブログを長い間拝見させて頂いておりました。
美しい写真や夫様の行動力を支えられて来た
様子が、私の変わり映えしない日常にアクセントを
つけて頂いていた様な気がします。
ありがとうございました。
これからも素敵な毎日が続きますように!

2021-02-06 15:28 │ from くまお Edit

🐈

No title

2004年当時、私はまだ携帯電話を持っておらず、こちらのブログを出先でも読ませて頂きたくて、携帯電話を契約しに行ったのを今でもよく覚えています。
2004年からの闘病生活が今現在も続いていますが、アイちゃんチビちゃん達にクスッと笑わせて気持ちを和ませて頂けるのが、有難いなぁ〜といつも思っています。
こちらのブログを残して頂けるとのこと、ホッとしました。有難うございます。
TWITTERで引き続き応援させて頂きますね(^^)
mirura様御一家の皆様が、皆様それぞれの良いペースで毎日お過ごしになれますように(^人^)

2021-02-06 14:22 │ from のんちゃん

🐈

ありがとうございました

こんにちは、かれこれ2004年頃?からお世話になりました。コメントは殆どしたことなかったかも。。。
時が経つのは早いですね。あっという間でした。
びっくり寂しいですが、しばらくゆっくりのんびり、過ごしてくださいね。

2021-02-06 10:56 │ from miho♪ Edit

🐈

ありがとうございました!

ああ、寂しいです。
 
横浜、東京、長崎からの 楽しい猫ちゃん達、アイちゃんとちびちゃんの 
ブログをいつも楽しみにしておりました。
”アイとちび”と言う写真集も持っていますし、美しい2にゃんたちの写真も
毎回 我が子のように愛しんでおりました。

Twitterをなさるとか、、、。心よりお待ちしております。
猫ちゃんたちにも これからも会えますね?




2021-02-06 10:18 │ from 洋子

🐈

感謝

そうですか...何にでも終わりは来るけれど、あまりにもショックでなかなかコメントできませんでした。
長い間、いつの日もアイちゃんチビちゃんに癒され、多いに楽しませて貰ってきました。
miruraさんの知的でセンスある美しい文章、そして素敵な写真、美味しそうなお料理、猫にベタベタでないけれど深い愛情に溢れているところ、本当に全てが大好きでした。
夢(妄想)はハマのお宅でチビちゃんの熱烈不歓迎を受けることでした!
ミニブックは大切な宝物☆
miruraさんの「とりあえず」に期待しつつ、今まで本当に、本当に有難うございました。
これからもご家族皆さんが健やかで穏やかな日々をお過ごしになられますように祈っております。
またね!

2021-02-06 09:52 │ from 撫子

🐈

有難うございました

長い間、楽しみに拝見いたしておりました。チビの大ファンでした。
残念ですが、お元気で!!

2021-02-06 08:37 │ from カツオ

🐈

素敵な時間をありがとうございました

始まりの写真を見て、ああ、長いこと見せてもらってたんだな、と。
さらりとした2人の日常が素敵でした。
猫は、、、
最後の(とりあえずの)挨拶もかっこいい。
また、逢う日まで。お元気で。

2021-02-06 02:13 │ from ぷりん

🐈

感謝

切なく胸がいっぱいです
またお会いできますように
そう願っています
いったんたくさんたくさんありがとうございました

2021-02-06 01:28 │ from (^_^)/

🐈

感謝

長い間,ありがとうございました。
美しい画面と素敵な言葉たちに魅せられ,もうずいぶん経ちました。
コメントは初めてです。
横浜から東京,九州へと,いろいろな変化もあり,これからもまたいろいろな変化があることでしょう。
でも,どうかくれぐれもお身体を大切に,ご自身の日常と猫さんを大切に,
お元気でお過ごしください。
ありがとうございました。

2021-02-05 22:59 │ from pixydust

🐈

ありがとうございました

長い間訪問させていただいてました。嬉しい時も悲しい時もこのブログと一緒に私も過ごしてきたので、涙が出そうですがmiruraさんの決めた道。支持します。

長い間楽しませていただきありがとうございました

いつでもカムバックしてください。
時々のぞかせていただきます

2021-02-05 16:05 │ from みー

🐈

残念、寂しい、そういう気持ちはもちろんありますが
miruraさんのブログである以上もっとも優先されるべきはmiruraさんの事情。
Twitterは続けてくださるということも含め、
これほど長い間コンスタントに更新し続けてくださったことに
とにかくただただ「感謝」です。

ブログを閉じられる理由はmiruraさんの胸の内に納められることでしょうが、
一旦停止、の決断の潔さはさすが。
最後の記事を流れるように美しいメモリアルページにしてくださるのも心憎いばかり。

また時が巡り来て再開の運びとなればそれはもう望外の喜びというもの。
今は、これまでコロンのひと吹きのように生活に彩りや潤いをくださったことへ
お礼を申し上げるのみです。

miruraさん、本当にありがとうござました。

2021-02-05 14:09 │ from mayu

🐈

沢山の素敵をありがとう

『この世には遊びに来ているんだと思ってる。』
この言葉に心を奪われてから、ファンです。

アイちゃんとちびちゃんの瞳とダイニングチェアのグリーンが綺麗で綺麗で、
猫だけでなく、インテリアや写真の美しさも大好きでした。

猫ってこんなに美しいんだって気が付いたのもこのブログから。

沢山の素敵なものを分けてくださってありがとうございました。
これからもお体に気を付けて。

ここのブログは、大切な本のように、好きな時にまた読みに来ますね。

2021-02-05 10:16 │ from ケイエス

🐈

寂しいですが…

初めてblogを拝見したのはいつだったか…
コメントは初めてかもしれませんが、いつもクスッと笑っては癒されていました。
Twitterも時々拝見していましたが、blogは最後と言うことで寂しくなります。
これからはTwitterで楽しませて頂きますね。

2021-02-05 01:56 │ from rie

🐈

胸がいっぱいです

いろんなこと。
ブログの見方はおろか、
ブログという言葉も知らなかった
ど素人の私に、
とれだけ沢山の素敵な
世界を教えて下さったか。
「猫の文化祭」
泣きそうです。

とにかく

ありがとうございました太字の文

みんなみんなお幸せに

またね!!

2021-02-05 01:47 │ from ゴーヤ Edit

🐈

胸がいっぱいです。

コメントを入力ください

2021-02-05 01:27 │ from ゴーヤ

🐈

さよならじゃないもんね

3日前にタイトルを見た時は、ドキドキが止まりませんでした。
やっとコメント書けるようになったけど、まだショックさめやらず。ちょっと失恋した気分、かな…。
気をとりなおして、と。
2にゃんと、ダンナさまと、ゆったりとお過ごしくださいね。お身体を大切にしてね。
でも、お別れじゃないから、これからはツイッターを見させていただきますね。
miruraさんの気まぐれで、戻ってきてくれたら、それはそれですんごいハッピーなんだけどね。
ひそかに楽しみにしているね。じゃあね👋

2021-02-04 21:26 │ from にゃんず7

🐈

ありがとうございました

長らく楽しませていただきました。miruraさんとアイシス嬢ちびジェリ嬢のサラリとした関係が好きでした。身体に気を付けて長生きしてほしいです。時々はなんらかの形で近況を教えてくだされば幸いです。

2021-02-04 19:49 │ from なか

🐈

ありがとうございました

長く拝見させていただいていました。
素敵なお写真に詩的な言葉。癒しでした。
丁寧な暮らしを、と思いながらも実現には程遠く…。笑
お母様の事は、自分と重なる事もあり、涙が出ましたが、陰ながらいつも励ましを送っていました。
これからも穏やかな日常をお過ごしできますこと、願っております。
本当にありがとうございました。

2021-02-04 19:35 │ from いぬつかい

🐈

ありがとうございました

唯一見続けていた猫ブログでした。
ちょっと一歩引いて猫たちを見ているのと、
美しい写真が大好きでした。
これからも皆様が元気でお過ごしになられますように。

本当にありがとうございました。

2021-02-04 19:13 │ from Jam

🐈

ありがとうございました。

とても、とても大好きな blog でした。
いつでしたか、ジェリーちゃんの写真をどこかで見かけ、
その頃から miruraさんのblogを訪れるようになりました。
アイちゃん、ジェリーちゃんの様子も楽しみでしたが、
miruraさんのお話が楽しく、
共感したりすることも多々あり (^^)

これからの楽しみ、希望は、ツイッターです。
どうか 続けて下さいますように。

今まで、ありがとうございました。

2021-02-04 14:17 │ from りん

🐈

時々見に来ます♪

綺麗な写真と、魅力的で読みやすい文章が大好きで、覗きに来るのが楽しみでした(o^^o)
慣れるまでしばらくブログロスです。
気が向いたら、Twitterでぜひ長文呟いてください。笑
リプできるように、アカウント作ろうかな(^○^)

2021-02-04 14:13 │ from 桃

🐈

ありがとうございました。

コメントを入力ください

2021-02-04 14:05 │ from りん

🐈

コメントを入力ください寂しいです。いつもこっそりと見てました。
2匹ともいつも綺麗で優雅だなあと。
猫だるまも綺麗。
どうか気が変わって欲しいです笑

可愛い2匹に癒される毎日をありがとうございました。

2021-02-04 08:06 │ from はつ。

🐈

ありがとうございました。

長い間楽しませて頂き、ありがとうございました。

我が家の猫は岐阜の高山生まれですが、青森に暮らし18年今年20歳になります。
車の長距離移動はもちろん、新幹線、高速バス、船と飼い主の都合でいつも行動を共にしてくれました。(飛行機だけは一緒に座れないので諦めました)
いつか(近い将来)現われるだろう虹の橋を、感謝の想いを乗せ全身全霊をかけて無事に渡してあげたいと思っています。

miruraさんご家族、そしてアイ&ちびちゃん、いつまでも元気でいてください。
とりあえずの最後が撤回される日を心待ちにしています。

2021-02-04 02:13 │ from ふぅにゃん

🐈

コメントを入力ください

2021-02-03 18:50 │ from (^_^)/

🐈

ありがとうございました😊

長い事楽しませて頂きました。
ブログが終わるなんて思っても無かったのでちょっと寂しいですが😢

タブレットのストレージが足りないせいでTwitterを中々開けずにいますが
時々は覗かせて貰いますね。

2021-02-03 12:41 │ from べーちゃん♪

🐈

段々とその時が来るのかなとは
思っておりました

とてもきれいな猫嬢たちが大好きでした
文章も素敵で生活の様まで憧れてたりして

楽しかったです。
ブログがのこっているのなら
たまに訪れます

アイちゃんチビちゃん
mirura様、夫様
健やかにお過ごしください

本当にありがとうございました。

2021-02-03 12:19 │ from シエルまま

🐈

ありがとうございました。

まるで、大好きなテレビドラマが突然最終回を迎えたような幕切れで言葉もありません。
気配を察しきれませんでした。

でも、気を取り直して、冷静になって、「本当に長い間ありがとうございました」と申し上げます。発コメです。たぶん。

2007年に野良ちゃんをひょんなことから飼い猫にしたことから猫とともに歩み始めました。

miruraさんは文学少女だったのですね。時折若い日に口ずさんだであろう短歌や詩の一節がポンと出てきたり、あんなにエジプトが大好きで、またイタリア料理もたくさん出てきたのに、津軽への郷愁があったりとそのバランスが好きでした。

今でも忘れられないのは3.11の時のアイちゃんの救出です。
こちらも泣けました。

種々申し上げると長ーくなりますので、ここいらで止めます。

mirura様、おっと様、アイちゃん、ジェリーちゃん、梅ちゃん、それからご両親様、皆々様、これからも末永くお元気で。



2021-02-03 11:58 │ from MariYuriママ Edit

🐈

ありがとうございました お元気で

とてもとても寂しいです。

アイシスちゃんだけの頃から拝見しておりました。
一番好きな猫ブログでした。
これまでずうっと癒しをいただいておりました。
「親戚の猫ちゃんたち」とお別れするようで、本当に寂しいです。

私事ながら我が家の三毛猫も今年23歳。
少しでも元気で長く一緒に過ごせますようにと願いつつ
これからも時々こちらのブログをのぞかせていただきます。

どうぞ皆様お元気でお過ごしくださいますように。
ありがとうございました。

2021-02-03 09:57 │ from のの Edit

🐈

驚きました

こちらのブログに訪れるのが日課でした。
アイちゃんだけだった頃からずっと、毎日記事を楽しみにしていました。
miruraさんのブログに助けられたこと、一度や二度ではありません。
本当にありがとうございました。
とても寂しいですが、この先もmiruraさんのこのブログは時々のぞかせていただきます。

miruraさまとおっと様、アイちゃんちびちゃん、どうかお元気でお過ごしくださいね。

2021-02-03 08:57 │ from ねこ好き

🐈

初コメントになりますが…

いつも拝見させていただきました!

当時はにゃんこが居なかったものの、いつか一緒に暮らしたいとブログで癒されていました♪

今は、生後半年頃から暮らし今年7歳になる子を溺愛し親バカ炸裂です(笑)

とても寂しいですが、ゆっくりした時間は大事ですもんね!

ありがとうございました。

2021-02-03 08:12 │ from ミニまる

🐈

寂しい限りです

本当に長い間有り難うございました。
毎日アップされるのを楽しみに(大げさではなく)生きて居りました。
これからどうしようと思います。
でも皆様がお元気でいてくださる事を、心から願っております。
本当にショックでこれ以上言葉がありません。
どうぞ末永くお元気でお幸せに。

2021-02-03 01:41 │ from monkeycat

🐈

コメントを入力ください

2021-02-03 01:35 │ from monkeycat

🐈

長い間 ありがとうございました。
横浜の猫の文化祭でお会いしています。
まだあの時のうちわなどグッツは残っています。
ブログでのつながりは本当に素晴らしいと思いました。
皆さんお元気でお過ごしください。

2021-02-02 23:50 │ from ヤムヤムママ

🐈

ありがとうございました。またね。

コメントを入力ください

初めてのコメントです。
涙が出るほどさみしいです。
あいちゃんちびちゃんと同じ、雉とらとしろ雉を飼っていてミルラさんの本を見つけてそれでブログを拝見するようになって何年???イヤー、年を取りました!

ミルラさんもご主人様も猫に対しての気持ちが優しくて、毎回更新されるたびにほっこりしていました。エジプトなどのお話もたまにあり自分の中にない引き出しを持っているミルラさんの話が好きでした。

残念ですが、これも一つの節目ですね。
本の出会いのように、また、何かの機会に偶然出会えるような気がしています。
ありがとうございました。そしてお疲れさまでした。  6ニャン母

2021-02-02 23:25 │ from necomata

🐈

No title

猫さまの可愛さ・瞳の美しさにひかれ、7~8年前より楽しませていただいておりました。また、主さまのセンスのよい生活の一片を垣間見させていただくことで元気をいただいていました。本当にありがとうございました。感謝いたします。

2021-02-02 23:14 │ from たかのん Edit

🐈

ありがとうございました

寂しいなぁ…
本当にミルラさんの文章や写真が大好きでした。
ご夫婦、にゃんずが大好きでした。
猫の文化祭が2008年とニャパ様とのショップでのやり取りでお話しして…その前からお邪魔していたなぁ、と。

『この世には遊びに来ている』のフレーズが大好きでした。
あの浜の青空のにゃんず、最高でした。
絶対に真似の出来ないキッチン、リビング、書棚…等々憧れの人…ミルラさん
猫の事、ご家族の事を真摯に考えられて行動されているニャパさま

本当に長い間ありがとうございました。
皆様と穏やかで楽しくお過ごし下さい(こんなご時世ですが頑張りましょう)
赤レンガ倉庫のフェスティバルに参加出来る世の中に早くなりますように!
(箸が転んでもフェスティバルを急に思い出しました(笑))

2021-02-02 23:08 │ from pepe

🐈

No title

お疲れ様でした。2005年頃からいつも楽しみに拝見しておりました。アイさん、チビちゃん、保護された猫ちゃんたち、どの子も可愛くて、またmiruraさんの写真や文章が大好きで長年楽しませていただきました。ブログを残して下さるとのこと、Twitterも続けて下さるとのこと、これからも楽しみにしています。どうぞお身体大切に。ありがとうございました!

2021-02-02 21:41 │ from yoko

🐈

No title

とてもビックリしましたが、いつかこんな日が…とも思っていました。
08年の2月にミルラさんのご本を読ませて頂いて以来の大々ファンで、あの頃40代だった私は今やアラ還となり、最愛の猫を一昨年晩秋、神様にお返しすることになってしまったり、見送った身内や友人も出始め… でも、いつもミルラさんのお写真と文章が心のビタミン剤でした。本当に本当にありがとうございました。ブログは何度も読み返させて頂いてますが、また最初から読ませて頂きますね。ツィッター、引き続き楽しみにしてます。
ミルラさんご夫妻、アイちゃんにチビちゃん、どうかお幸せにお健やかにお過ごし下さいね。肩 お大切に。

2021-02-02 21:27 │ from ぱせり

🐈

ありがとうございました

横浜生まれ、横浜育ちの私にとって
川沿いのマンションからのブログはとても楽しみでした。

横浜→東京→長崎のお暮らしに影ながら応援させて頂いておりました。

長崎は父の故郷で度々訪ねている地。
昨年の春にも一人旅で行きました。

我が家の猫も保護した仔。

親の介護や様々な事に共感させて頂きました。

とても寂しいですが、丁寧に書かれて来られたブログを
一旦終了とはお気持ち察し致します。

その時々の写真を拝見して自分がその時に置かれていた場所や空気を思い出しました。

本当にありがとうございました。

どうか皆様、ニャンズもお健やかにお過ごしくださいませ。

2021-02-02 21:20 │ from フッフール

🐈

ありがとうございました

本音を言えば寂しいです。
また会えることを願って。ありがとうございました。
アイ姐さん、ちびちゃん、皆様お元気で。

2021-02-02 20:45 │ from taka

🐈

本当ですか?

ビックリしてます。
寂しくなります。
ツイッターは継続されるとのことなので
miruraさんの写真やコメントを見ることが出来る‼️良かった🤗
このブログと出会えたことに感謝❣️
ありがとうございました🐱

2021-02-02 20:21 │ from butamayo

🐈

ありがとうございました

うちの子を保護した2009年からずっと見てました。
寂しくなりますが、twitterを楽しみにしています。
気が変わったらお待ちしてますよ❗

皆様どうかお元気で。

どうもありがとうございました。

2021-02-02 20:02 │ from リシュー

🐈

ありがとうございました

ずっとみてました.
いつもいつも心癒されていました.

(;;)ノ

気が変わることをお待ちしております.

2021-02-02 19:24 │ from pirocchino

🐈

ありがとうございました。

ミルラさんのブログを拝見するようになったのは、旧ブログに移られた少し後くらいからだと思います。
毎回楽しく拝見しておりました。

ほかの方もおっしゃっていますけれども、写真や絵も素敵ですが、文章がとても好きです。

長い間本当にありがとうございました。

これからは、Twitterの方を時々のぞかせていただきます。

肩、どうぞお大事に。(私も10年程前に難儀しました。)

2021-02-02 19:19 │ from 南国猫 Edit

🐈

ありがとうございました

袋に入って伏せているチビちゃんが可愛くてblogを読み始めました。
いつでもちびちゃんはかわいい。
見守っている(?)アイちゃんもかわいい。

みなさん、お元気で。

2021-02-02 19:16 │ from ま Edit

🐈

No title

うちで猫を飼い始めた13年くらい前からいつも拝見していました。
長い間、楽しませていただきましたありがとうございました。
Twitterと、もう一つのブログの更新も楽しみに待ってます。

2021-02-02 17:31 │ from (^_^)/

🐈

No title

うちで猫を飼い始めた13年くらい前からいつも拝見していました。
長い間、楽しませていただきましたありがとうございました。
Twitterと、もう一つのブログの更新も楽しみに待ってます。

2021-02-02 17:30 │ from (^_^)/

🐈

ありがとうございました。

チビちゃん登場の頃から楽しく見させてもらってました。
ミルラさんの文章とお写真が大好きでした。
正直・・寂しいですが長い間ありがとうございました!

Twitterの更新を楽しみにしてますね。

2021-02-02 16:10 │ from ハコ Edit

🐈

ありがとうですにゃ

こちらのblogを知ったのは、確か私はまだ30代そこそこで
その年齢辺りの女子が読む雑誌で紹介されていたのを見て、
だった気がします。その頃からの長いお付き合い。
アイさん、ちびちゃんも今や九州の女となられて、ずっと見ていた私も
この10数年でなんとライフスタイルの変わったことか。
いろいろ感慨深いです。miruraさんの文章と写真が大好きなので
またたぶん、毎日見に来ます。みんな元気でねーーー!

2021-02-02 14:51 │ from たかこ

🐈

ありがとうございました

ずっと拝見していました。ただただ、ただただ、お礼をお伝えしたく初コメさせていただきました。miruraさんのセンスの良い表現・お写真大好きでした。可愛い2ニャンも大好き♡本当に長い間ありがとうございました。皆様どうぞお元気で。

2021-02-02 14:39 │ from もとにゃ

🐈

ありがとうございました。

ちびちゃん ・・・

2021-02-02 12:58 │ from nn

🐈

心からの感謝

長い間、本当にありがとうございました。

ミルラさんのセンス、ものを置かない美しい暮らし
とっても美味しそうなお雑煮
全て私のお手本です。

これが最後になるのは本当に寂しいですが、
どうぞミルラさんたちも
アイちゃんもちびちゃんもお元気で!

2021-02-02 12:29 │ from yklucia

🐈

No title

アイちゃん、チビちゃん、そしてmiruraさんの簡潔だけどユーモアと猫ちゃんたちへの愛情あふれる文章が大好きでした。
今までありがとうございました。どうぞmiruraさん達も猫さん達もお元気で。

2021-02-02 12:00 │ from まみ

🐈

No title

16年間ありがとうございました。
ミルラさんのお雑煮を拝見するのが新年の恒例でした。そしてパスタが、マジうまそうで食べたいなーと毎回思ったものです。
ミルラさんの影響でキッチンに物を置かないように真似っこしました。
優雅なアイちゃん、おちゃめなチビちゃん大好きでした~かわいいお姿をありがとう!

2021-02-02 11:22 │ from らっきょ

🐈

このブログ開始以来、アイシス女王様とジェリー姫に癒されてきました。
これが最後となるのは残念ですが、いままでありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。

2021-02-02 10:37 │ from yuki

🐈

寂しいな・・・

毎日楽しみにお邪魔していました。
ミルラさんのキャプションと写真のセンスが大好きです!!!
きっと、またいつか・・ねっ!!!!!

2021-02-02 10:29 │ from みーにゃママン

🐈

再见,また会う日まで!

2021-02-02 09:42 │ from Hiroshi

🐈

ありがとうございました

miruraさんのブログに来るようになったのは、15年前くらいのまだ学生の頃でした。横浜在住、キジトラ猫同居という共通項もあり、毎日チェックしては更新があると嬉しく読ませていただいてました。
猫ブログでありつつも、四季折々の生活の様子、映画、旅行、お酒と内容は多岐に渡り、おそらく少し歳上であろうmiruraさんの生活が憧れでした。
私も結婚して横浜を離れ、たまに出てくるポンパドウルや赤レンガのオクトーバーフェスタの記事を羨ましく思ったり、一方でご家族やご自身の体調のことなど正直に気持ちを吐露されるmiruraさんの文章にはぐっと胸を掴まれたりしておりました。

いつかのブログで、「…もし猫たちに何かあったとしても私はそれを書かないと思う」というようなことを書かれていた記憶があります(記憶違いならすみません)。
そのことをなぜかずっと覚えていたので、こういう「とりあえず」の形を選ばれたことがすごく腑に落ちた気がしました。

Twitterもフォローしておりますが、ずっとこのブログの、miruraさんのファンです。
最終回後の二時間スペシャルドラマみたいに、たま〜のブログアップを期待しつつ。。
ありがとうございました!

2021-02-02 09:31 │ from もい

🐈

さびし〜〜い

チビちゃんを迎えるあたりから拝見しておりました。今うちにいるじーさま猫の誕生日がアイちゃんと1日違いなので(生まれた年も一緒)勝手に親近感を抱いていました。長い間ありがとうございました。

2021-02-02 09:10 │ from えびちゃん

🐈

miruraさん、アイちゃん、チビちゃん
みんな大好きでした
寂しくなります

我が家の2ニャンの内ひとりは一昨年20歳で亡くなり
残された子は今年5月で23歳になります
アイちゃんもチビちゃんもこれからも元気でね(^^)v
miruraさん本当にありがとうございました

2021-02-02 08:46 │ from nyamia Edit

🐈

ありがとうございました

ブログ 本当に 長い間楽しませていただき
ありがとうございました。

ご本も 年数経っても 文章の瑞々しさ 写真の愛おしさ変わらず 何度も読み返してます。

これからも Twitterを楽しみにしています。

2021-02-02 07:37 │ from retyu3

🐈

はじめてかも?ですが

我が家の箱いり息子が発泡スチロール4兄妹として家へやってきた2005年。
乳飲み子を育てるためにあまたある猫ブログを徘徊しておりました。

miruraさんの写真、文章に、そして整理されたお部屋、キッチンに憧れていました。

長い間楽しませていただきました。ありがとうございます。
今は長崎のお天気も気になります。

アイさん、ちびちゃんはじめご夫妻、にゃぱねっとさんのご両親、リン君、梅ちゃん共々お健やかにお過ごしください。

2021-02-02 05:58 │ from さらさ Edit

🐈

ありがとうございました

はじめてコメントします。でもジェリーちゃんが来る前から見ていたので、かなり初期から楽しませていただいていました。
miruraさんのハイソな感覚と、にゃんにどはまりしていない目線が、とてもおもしろかったです。

麒麟も終わってしまうし、きのう何食べたの映画の話もまだ聞こえて来ないのに、このブログまで最後なんて、ショックです。
でもお体のこともあるかもしれないし、にゃんもシニアになるとネタもなかなかないですもんね。

気が変わるの大歓迎ですので、その気になったらいつでも更新してくださいね。
ひとまずは、長いことありがとうございました。

2021-02-02 03:03 │ from りんご

🐈

お疲れ様でした

お疲れ様でした。長い間見てきて、アイシスもジェリーも顔見知りの猫のように感じているだけに寂しくなります。でもインスタで引き続き会えますね(^^)。澪つくしやオペラ座の怪人などミルラさんのお気に入りにとっても共感があって親近感を覚えていました。長い間ありがとうございます。

2021-02-02 01:22 │ from azaqoo Edit

🐈

またね(^^)/

miruraさん、にゃぱさんご夫妻のスタンスが素敵。

何度も保護猫をお世話され、里親さまへお届けするご様子…ドキドキのブログを楽しませていただきました。
この間、私も4匹を保護し、猫の愛らしさに癒されております。

アイちゃん、ちびちゃんの末長い健康を祈っています。
再会できる日を待っていますから…。

2021-02-02 00:13 │ from わっちゃん

🐈

ありがとうございました!

初めてこちらにお邪魔したのは、ちびことジェリーがmirura家にくる少し前だったと思います。
miruraさんとアイシス&ちびとの絶妙な距離感や、miruraさんの文章が大好きでした。
もちろんTwitterは続けていかれるとのことで、全く辞めてしまう訳ではなくホッとしました。
本当に長い間、おつかれさまでした。

2021-02-01 23:43 │ from えちゅ

🐈

お疲れさまでした

いつもいつも素敵な文章とかわゆい画像で楽しませて頂きました。
終わってしまうのは寂しいですが、ブログはこのまま残して頂けるとのこと、時々見に来ますね。
本当にありがとうございました。

でもツイッターもフォローさせて頂いていますし、引き続きアイちゃんちびちゃんのお姿は楽しませていただきます!

miruraさんもお体お気をつけくださいませ。

2021-02-01 23:34 │ from なお Edit

🐈

長い間楽しませていただき
ありがとうございました。
Twitterを楽しみにしています

我が家にも同じ年頃のニャンがおりました

2021-02-01 23:32 │ from mame Edit

🐈

No title

ついに、この時が来てしまいましたか…
永遠に続く事はないとわかっていても、やはり寂しいものです。
miruraさまの言葉、文章が好きで、本当に長い間楽しませて頂きました。
本当に長い間、ありがとうございました。
(姐さんとちびちゃんの若かりし頃を見ると、あっという間だったな~)

気が変わってくれる事ににちょっぴり期待しつつ…
お疲れ様でした。

2021-02-01 23:14 │ from エンドラ

🐈

ありがとうございました

長年の間、ブログを続けてきて下さり、本当にありがとうございました。2007年頃にこちらのブログの読者になり、過去記事やご主人様のブログも含めて拝見させていただき、ずっと大ファンです。可愛いらしいアイちゃんとチビちゃんと保護された猫ちゃん達の様子を独特の世界観で淡々と、でも愛情をしっかりと感じられるmirura様のブログは本当に素敵で、憧れでもあります。
これからもご家族の皆様お元気でありますように。
ありがとうございました。

2021-02-01 23:07 │ from 虎模様の犬

🐈

No title

miruraさん突然のお知らせにビックリしています
アイシス…もしや王家?から始まり、イラスト(出版されたら即買します)お料理、潔いお部屋、スニャイパー姿、全てが大好きです 少し前にうちのにゃん達が21才と18才で旅立ちました そうですね もうそんなに時間が流れたのですね 
miruraさんもにゃぱさんもお母様もじぃじさまもばぁばぁさまもどうぞお元気でいらしてください もちろんアイちゃん、ちびちゃん、うめちゃんも❤️
とってもさみしいけどTwitterを楽しみにしています
たくさん、たくさん楽しませてくださって本当にありがとうございます😊👏👏👏

2021-02-01 23:06 │ from びび Edit

🐈

No title

突き抜けるような青空を覗く2ひきの猫がかわいくて
ずっとブログを拝見させて頂いていました。
いつも美しく整えられたお部屋も憧れでした。
毎年お雑煮のお写真が美味しそうで、我が家もいつしかお雑煮には結びかまぼこを飾るようになりました。
長い人生、人も猫も色々ありますね。
どうか人も猫もが健やかでいられますように、陰ながら応援しております。

2021-02-01 23:00 │ from (^_^)/

🐈

長い間楽しく拝見させていただいておりました。
皆様が幸せな日々をお過ごしになられることを祈念しております。
ありがとうございました。

2021-02-01 22:52 │ from むぎの兄ちゃん

🐈

No title

初めてコメントします。
長い間更新していただき嬉しかったです。ミルラさんが横浜在住でたくさんの保護猫と暮らしてた頃に、このブログを知りまして…
ジェリーちゃんの瞳とアイシスちゃんの落ち着きっぷりを見るのが大好きです。そして季節の風景や食べ物の写真、添えられた文章も心地のいい雰囲気で楽しみでした。

ブログを残してもらえるとのことで幸いです。ツイッターは続けられるそうですが無理なさらずに、また日常を覗かせてもらえたらと思っています。
本当にお疲れさまでした。

2021-02-01 22:52 │ from 薄氷

🐈

ありがとうございました

チビちゃんが来るちょっと前くらいからでしょうか、長い間楽しませていただきました。
アイちゃんとチビちゃんの美しさ、愛らしさはもちろん、miruraさんのセンスも好きでした。

皆さま、末永くお元気で。

2021-02-01 22:48 │ from Luke Edit

🐈

とりあえず、に期待を寄せて
長い間、本当にお疲れさまでした(とりあえず)

とある猫ブログから飛んできて、布でできた繭?みたいな壺型の袋に入ったちびちゃんの投稿を見たのをきっかけに、ちびちゃんと、miruraさんのステキな言い回しの虜になってしまいました。

いつも楽しいブログをありがとうございました。
The cat who... はこれまでも、そしてこれからも一番好きな猫ブログです!
miruraさん、アイちびちゃん、にゃぱさん、これからもお元気でお過ごしください。

2021-02-01 22:39 │ from crownya

🐈

たくさん楽しませていたました

こうして写真を見るとずいぶん長いことフォローさせていただいていたのだな〜と気付きました。(どおりで自分も老け…以下自粛)

ミルラさんとアイちゃん、ジェリーちゃんとの掛け合い(?)にたくさん笑わせてもらった気がします。これからも楽しく過ごしてくださいね。

2021-02-01 22:37 │ from mak

🐈

ありがとうございました。

今まで本当にありがとうございました。
ブログオンリーの頃から麗しきアイシス様のお姿と、フォトジェニックなジェリーちゃんの愛らしさに癒されておりました。
ムーミンのミイが猫になったらジェリーちゃんみたいな猫になる気がしてます。
保護されたにゃん達も皆幸せな道を歩まれて嬉しかったです。
mirura様の紡ぐ言葉やライフスタイルも素敵で、特にお食事の写真には目と胃袋を奪われました。
このような時節柄ですが、アイちゃん、チビちゃん、mirura様、旦那様、皆様お元気でお過ごしくださいませ。
いつか気が向かれた折に書いて頂けると嬉しいです。

ちなみに、うちは某お菓子工場からバスでちょっとの所に住んでいます。

2021-02-01 22:25 │ from 羊飼い

🐈

No title

いつも楽しみにしておりました。
アイちゃんもチビちゃんも可愛くて!
miruraさんのスタンスも大好きでした。
でも続けることって大変ですよね。
またいつか…
心変わりをお待ちしております!
長い間楽しませてくださってありがとうございます。
miruraさん、アイちゃん、チビちゃん、ご主人様、どうかみな様お元気で!

2021-02-01 22:09 │ from ひなネネ

🐈

また合う日まで

確か、Creaか何かの猫特集でアイちゃんが掃除中にテーブルに上げた椅子に顎載せしている写真を見たのが、こちらへ来る切っ掛けになったと思います。
以来、ウチの長女猫がアイシス嬢に似ていることから、勝手に親近感を覚えて…。

これが最後とは、残念至極ですが、またいつかお二人のご尊顔を拝せる時がくることを祈って。

お疲れ様でした。

2021-02-01 21:55 │ from 伽美

🐈

長いお別れ

長い間お疲れ様でした
楽しく拝見させて頂いていました

猫といる生活を覗き見させてもらって、
実家で猫と暮らしていたときのことを何度も思い出したものです
ありがとうございました

2021-02-01 21:55 │ from manabu Edit

🐈

さみしい~❗️

ジェリーちゃんが、椅子でふんぞり返っている姿を見て以来、“2匹とご夫婦時々新入り”の日常を拝見してきました。
本も買わせていただきました。
とても楽しかったです。
有難うございました‼️
もし気が向いたら、近況をアップして下さい。
あいぷー、ジェリーちゃん、またね‼️

2021-02-01 21:51 │ from たまどん

🐈

楽しかったです

通りすがりながら、毎日チェックしていました。

また一つ大好きなブログが無くなってしまいました。

寂しくなります。

皆様、お健やかに。

2021-02-01 21:49 │ from 通りすがり

🐈

No title

長い間楽しませてもらっていました。
寂しいですが、アイちゃんとチビちゃ
んとゆっくり大事な時間を過ごしてくださいね。
ブログを読み初めたころは猫がうちにいませんでしたが、今、1歳半の猫がいます!
miuraさんのように大切に猫と寄り添っていきたいと思います。
気が変わったらぜひまた更新してくださいね。

2021-02-01 21:37 │ from あのん

🐈

ありがとうございました

突然の最終回のお知らせに、少なからずショックを受けています。
どうぞまた近いうちに心変わりされることを望みつつ、
永年に亘り、楽しませて頂いたことにお礼を申し上げます。
(猫・ミュージカル・オクトーバーフェストと、趣味がまるかぶりでした。)
これからも皆様のご健康とお幸せをお祈りしています。
ありがとうございました(=^・^=)

2021-02-01 21:36 │ from konkon

🐈

長い間お疲れ様でした。大好きなブログでした。
ゆっくりとお過ごしください。

2021-02-01 21:31 │ from アリババ

🐈

No title

えええ?それは残念ですが、たまにはTwitterで様子は知ることはできますよね?そう思いたい(^_^;)
長い間ありがとうございました!

2021-02-01 21:23 │ from イモ・クラウス

🐈

16年間ありがとうございました。

確かちょうど先代猫を迎えた頃にこちらのブログを知り、猫ブログいうジャンルを教えてもらいました。
長い間楽しませていただき感謝です。寂しいですが。。笑
お疲れさまでした。

本当にありがとうございました!!

2021-02-01 20:58 │ from とん

🐈

とりあえず、アイちゃんやちびちゃんに何かあたわけじゃなくてよかったです。
miruraさんの体調がよくないのでしょうか。
ぜひぜひまた戻ってきてください。
twitterのフォローも外さずに待ってますので^^

2021-02-01 20:56 │ from えりた

🐈

No title

今日で最後、とても残念です
が、今まで、本当に楽しい記事をありがとうございました。ほんとにほんとに楽しく、猫を飼えない私ですが、これまでのにゃんずに本当に癒されてきました
ご家族の御時事でこの数年大変な事続きだったかと思いますが、この先、ミルラさんたちに1日でも笑顔溢れる日が続きますように!お身体ご自愛下さいね。遠くの地より、願っております!

2021-02-01 20:55 │ from ぴぃ

🐈

No title

いつも楽しく読ませていただきました。ありがとうございました!

2021-02-01 20:48 │ from (^_^)/

🐈

ええ!??

ミルラさん!最後ってどう言うことですか???
もうアップされないんですか??Twitter、インスタは??
アイぷーが一人っ子の時からずっと見てました。
終わっちゃうなんて、寂しすぎます。
続けてください!!!

2021-02-01 20:43 │ from りょん

🐈

ああああ…先代猫を2007年に迎えた時から拝見してました。
我が家は2代目も旅立ってしまいましたが、いつもこちらにお邪魔しては癒され憧れ胸躍らせて来ました。

16年間本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

残していただけるのが嬉しいです。

しかし、淋しい…泣きそうです

2021-02-01 20:37 │ from ひろぽん Edit

🐈

えっそうなんですか?!
残念ですが…
本当にお疲れ様でした
ありがとうございます
楽しく読ませて頂いてました

猫ちゃんたちも良かったし
旅行記もすごく素敵でした。
本当にありがとうございます!!!

2021-02-01 20:32 │ from hibikiyo Edit

🐈

ずっと

ずっと見てました。ずっと大好きです。

2021-02-01 20:31 │ from nb Edit

🐈

No title

どういうことですか? 寂しい😞

2021-02-01 20:29 │ from きよ

🐈

No title

最後って??

2021-02-01 20:23 │ from (^_^)/